カードリスト / 第5弾 / / 張飛(虎髭の勇)


武将名ちょうひ よくとく虎髭の豪傑
張飛 翼徳「長兄の天下に攻め入る奴は
  蛇矛の餌食にしてやるぜ!!」

劉備三兄弟の末弟。武神と謳われた関羽をも凌ぐ猛勇の持ち主。劉備を無名の時代から支え、長坂の戦いでは単騎で曹操の大軍を撃退、その武勇は一万の兵に匹敵すると評された。部下への扱いは粗いが、後年は知略を用いて張郃を破った。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力9 知力3 征圧力0
官職武官
特技勇猛 刻印
将器攻撃力上昇 地の利 征圧力上昇
計略虎髭の勇【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
武力が上がる。
緋略>さらに戦場にいる間、武力が徐々に上がる
蒼略>さらに武力が上がる。ただし武力が徐々に下がる
必要士気5
Illustration : 春乃壱Character Voice : 武内駿輔


第1弾張飛がスペック・計略を変えて登場。

遂に来てしまったコスト2で武力9の騎兵。おまけに最低限の知力も備えている。
征圧力0かつ刻印持ちではあるものの、白兵戦の強さは全勢力のコスト2帯の中でも頭一つ抜けている。
僅かでも塗りが可能かどうかで使い勝手は大幅に変わるため、余程強い理由が無い限り、将器は征圧力上昇を優先したい。
ただし同ver.で実装された奇才将器との兼ね合いには注意。

計略「虎髭の勇」は岐略型超絶強化。基本効果は武力+2。効果時間9.6c、知力依存0.4c。
緋略はそこから0.8c毎に武力が+1されていき、最終的には21まで到達する。
蒼略は更に武力が+8される(計+10)が、1c毎に武力が-1され、最終的には武力10まで落ちる。
(Ver.3.0.0D)
大戦3の自身が持っていた号令「虎髭の覇気」の単体強化版といった性能であり、スペック要員でありながら十分に実用的と言える。

刻印持ちではあるものの、持ち前の生存力の高さでデメリットをカバーしやすい。
「張飛」であるため、義兄弟の結束のトリガーにもなる。
蜀軍の武力を底上げできる、極めて優秀な一枚。

非常に高いスペックといざという時に使える計略を兼ね備え、専用デッキを組む必要がある号令持ちの姜維を除く蜀の2コスト騎兵を、号令・単体強化持ちを問わず軒並み駆逐。
追加当初から高い使用率を叩き出し、Ver3.0.0B、Ver.3.0.0Cと2バージョン続けて使用率は圧倒的な1位(出典:三生)と安定して使われ続けている。
あまりにも暴れまわった結果、Ver.3.0.0Dのエラッタで知力が3に下げられた。
これにより一部の伏兵・ダメージ計略で即死の危険性が付き纏うようになった為、多少意識して動かす必要性が出来た。
しかしそれでもなお使用率で蜀勢力中1位の座は堅守しており(8月末時点)、蜀の屋台骨を支える大黒柱として依然存在感を示しつづけている。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

修正履歴

Ver.3.0.0D エラッタ実施「知力4→3」

Menu

最新の20件

2020-10-22 2020-10-21 2020-10-20 2020-10-19

今日の20件

  • counter: 28285
  • today: 28
  • yesterday: 36
  • online: 100