カードリスト / 第4弾 / / 張楊


武将名ちょうよう ちしゅく
張楊 稚叔「力を恃まず、友誼を貫く。
  それが真の強者ではないか?」

はじめ丁原に仕え、反董卓連合が結成された際は袁紹の軍勢に加わり、旧友の呂布と戦った。連合崩壊後は董卓から河内太守に任命され、後に呂布が董卓を誅殺して流浪の身となると、同郷の誼から迎え入れ、同盟を結んだという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技漢鳴
将器兵力上昇 地の利 速度上昇
計略漢鳴の剛騎【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と突撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 前河悠一Character Voice : 益山武明


呂布の友・張楊も復活参戦。

征圧力2だと低武力になりやすい騎兵では嬉しい武力5。
その上で知力も6と、1.5コスト騎兵としては安定したスペック。
代わりに特技は漢鳴のみと実質無しに等しいが致し方なし。
将器だが、速度上昇や地の利など遊撃に向いたものが揃う。役割で決めていいだろう。

計略「漢鳴の剛騎」は漢鳴版剛騎戦法。
武力が+1/+2/+3/+4上がる…と、武力自体は漢鳴レベルを上げてもさほど強化はされない。
問題は追加効果の突撃ダメージ。なんと+10/+20/+30/+ 2 0 0 である。
漢鳴1の時点で既に突撃ダメージ強化としては十分なのだが、漢鳴2で更に上がる。
そして漢鳴3に至っては最早突撃という概念を越えた何かと化す。
効果時間は8.3c(Ver.2.6.0E)。

突撃ダメージ上昇計略は「走るダメ計」と表現されることもあるが、高い漢鳴レベルから繰り出されるこの計略はそういった言葉すら生ぬるい。
漢鳴3の突撃ダメージは、文字通り突撃成功=相手は死ぬレベル。
武力20に対してすら約180%ダメージである為、通常対戦で目にする武力ではまず耐えられない。
生き残れるのは武力ダメージを割合で軽減できる防護計略、及び突進準備中の象兵ぐらいである。
(突撃準備中の騎兵は固定軽減なので耐えるのは難しい。)

一方で、武力上昇値は漢鳴3でも強化戦法と同程度。
他の武将のフォローがなければ槍(特に挑発持ち)には近づけないし、車輪には全くの無力。
また、速度も上がらないため連環や麻痺矢を食らえばそれまで。

漢鳴レベル1からでも十分な突撃ダメージ上昇があるため、実際は中盤に漢鳴レベルを溜める為に小出しにする事が多くなるだろう。
もちろんほかの漢鳴計略で序盤〜中盤を乗り切ったうえで張楊の漢鳴レベルが高いままなら、終盤に向けた切り札として強烈な存在感を見せる。
相手デッキの面子もよく考えながら、どのタイミングで計略を使うか試合前にビジョンを描いておきたい。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.6.0E 漢鳴3 突撃ダメージ増加 +80→+200

Menu

最新の20件

2020-08-09 2020-08-08

今日の20件

  • counter: 24041
  • today: 14
  • yesterday: 35
  • online: 93