カードリスト / 第3弾 / / 滕芳蘭


武将名とうほうらん
滕芳蘭「ぴえぇっ!
 晧ちゃんの大声、こわいよぅ・・・・・・」

孫晧の皇后。古くから正室として孫晧に嫁ぐも、皇帝になり暴虐で好色な面を強める孫晧から次第に遠ざけられる。しかし孫晧の母・何姫の口添えにより廃されることはなかった。やがて呉が晋に降伏すると、孫晧に従って洛陽へ移った。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略輪廻の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)味方が撤退するたび、味方の兵力が回復する。この効果は撤退した味方の武将コストが高いほど大きい
必要士気5
Illustration : クロサワテツ


孫晧の嫁が大戦初登場。
Ver2.0.0Aで追加された呉の武将としては唯一の女性武将である。

スペックとしては最低武力の歩兵。戦力としては期待できない。
将器は舞い計略持ちである事、大体のダメージ計略には耐えられる事を考えると兵力上昇が無難か。

計略「輪廻の舞い」はやや特殊な回復効果を生む舞い。
味方が撤退する度に、味方のコストに合わせて残り全部隊(騰芳蘭以外)の兵力が回復する。
回復量は1コス撤退で約3割、1.5コス撤退で約5割回復といったところ。(Ver2.0.0A)

部隊全体で当たりに行く消耗戦を始めとした、ガチの殴り合いを重視したデッキとの相性がいい。
但し兵力が回復するとは言え武力の差を埋められるわけではないので、何らかのサブ計略は必須。
自爆系の計略もしっかり回復トリガーになる為、自爆による手数の減少もある程度フォローできる。
呉には漢の意地など爆発力のある自爆計略があるので城や舞姫を守りつつ、全体に回復を撒くという運用が出来る。
幸い勢力制限は無い為、他の勢力から優秀なパーツ・計略を持ってくるのもありだろう。
特に群雄は復活持ちが多く、攻城術の張梁、低士気自爆計略の袁術などが舞の特性ともマッチしているので良相性。

その一方で、相手を確実に1部隊ずつ潰していく超絶強化軸の殲滅型デッキ相手だと回復が無駄になり易く相性が悪い。
また殲滅型はワントップになりやすく、味方としてもこの計略を使う場合は低コストが捨て駒化しがちなのが悩み。
完全なワントップにするよりは、ある程度攻城要員等も確保できるデッキの方が望ましいか。

とにもかくにも、自分と相手のデッキ相性が如実に出る舞い。

ちなみにVer2.0.0Dまでは変わった使い方として、敢えて撤退寸前に使うことで擬似増援の法とな……っていたのだが
Ver2.0.1Aから滕芳蘭自身が撤退したときには効果は発動しないようになった。
これにより「滕芳蘭が撤退しても回復するから守りきらなくてもいい」という判断ができなくなった。