カードリスト / 第3弾 / / 孫晧


武将名そんこう げんそう狂気の皇帝
孫晧 元宗「余は狂っているか?
   貴様、答えてみよ・・・・・・!」

孫和の子で、呉の四代皇帝。孫策の如く知勇兼備であると称えられ、皇帝になった当初は慈悲深い政治を行ったが、徐々に凶暴な性格になった。暴政の果てに晋の侵攻を招き、呉は滅亡。滅亡後は人が変わったように理知的になったと言われる。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技-
将器兵力上昇 遠弓術 守城術
計略暴君の狂気味方の武力が上がり、敵と味方の兵力を徐々に減らす
必要士気5
Illustration : RARE ENGINE


呉最後の皇帝にして、三国志に名を残す暴君。

スペックはバランス型。ただ、暴君として名を馳せた為なのか魅力どころか特技を一切持っていない。
穴が無く使いやすいと言えなくも無いが、号令持ちとは言え些か寂しいスペックだろう。
将器はどれも中々だが、計略の使い方を考えると守城術が一番ベターか。勿論、遠弓術でも良い。
ちなみにスペックと将器が朱然と丸被り。一体どういうことか。

計略「暴君の狂気」は毒妨害付きの号令。
範囲は半径カード3枚分程度の自身中心円で武力+5が7.5c、範囲内の敵味方全てに毒ダメージがつく。
毒ダメージは効果時間内約25%程度で、城に入っても毒は消えない。
兵力減少速度は、城内の回復速度を半分以下にする程度にはある。
ちなみにこの毒の効果、武力+5の強化と連動している為相手の知力に全く依存しない。
簡単に言えば、味方には武力+5の諸刃号令、敵には武力+0の諸刃号令をかけている状態と言える。

士気5で武力+5はそれだけ見れば破格だが、兵力減少があるので、
この号令の費用対効果を上げるには、いかに敵部隊を多く巻き込むかに尽きる。

相手にも毒効果を与える事を考えると、攻めよりも守りの際に最大限効果を発揮する。
こちらの城内回復速度が半減してしまうのは痛いものの、相手からすれば回復手段がない為、
こちらの武力+5と合わさって追い返すには十分な被害を与えることができる。
なお、こちらの城内回復速度の減衰は法具【装】の城内治癒である程度フォローできる。
ただ効果範囲が狭めである為、味方はともかく敵全員を範囲に入れるのは相手が号令デッキでもない限り難しい。
号令である為守城ローテを狙うよりは、適度にダメージを分散させつつ追い払う立ち回りが良いだろう。

攻めで使う場合はこちらの毒効果が痛い為、これだけで攻めるのではなく裏の手も準備したいところ。
ただ味方を固めておけば敵も守城のために固まって出てきやすいので、攻め時の方が相手を毒に巻き込みやすい。
当たり前だが城際なので、回復速度は半減しているとはいえ相手は守城ローテができるので過信は禁物。

総括的に見れば、これをメイン号令として置くよりも、守城時やあと一押しのサブ号令としての採用が無難。
この計略を当てにする場合、範囲が狭く部隊が固まりやすいので相手の妨害、ダメ計には注意。

ちなみに旧作プレイヤー程勘違いしやすいが、皇帝の癖に武官なので一騎討ちを起こす事に注意。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 6.5c→7.5c