カードリスト / 第2弾 / / 甄氏(一心同体)


武将名しんし不磨美人
甄氏「儂は今困っておる」

代々2千石を有する高官の家柄であり、三男五女の末女にあたるが、彼女の名前だけは記されていない。「玉肌花貌」の美人として知られ、曹操の袁家征伐の折に、のちの魏皇帝である曹丕の妻となった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇
計略一心同体最も武力の高い魏の味方の武力と移動速度が上がる。ただし自身は移動できなくなり、自身か対象の味方が撤退すると効果が終了する
必要士気4
Illustration : 西森博之


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
ネタはイラストレーターの西森氏の漫画「柊様は自分を探している」より、柊。

スペックはなかなかの部類なのだが、魏では1コスト弓に優先的に出番が来るデッキが少ないのが難点。
Vew1.1.0C時点で武力3だけでも3人いるため李典などとデッキの方向性で使い分けていきたい。

計略の一心同体はデメリット付きの投げ計略のようなもの。
範囲は自身と密着した前方円で、攻守自在と同等くらい。
範囲内の最高武力の武将に武力+5、1.3倍程度の速度上昇を与える。
自身は動けなくなるが、弓の斉射は可能。
効果時間は約7.5cだが、効果中に彼女か強化された武将が撤退すると、計略効果が終了する(Ver1.1.0c)。
投げ計略のように見えるが、自身にも影響のある計略であるためか2度掛けはできない。

武力上昇、速度上昇共にデメリットのある計略としては控えめで
士気3の殿、私の馬を!とほぼ効果が変わらない。
一応弓の射撃はできるので計略中も完全に戦闘不能にならないのは殿、私の馬を!よりも優れているが
範囲が自身に密着しているので後方から自身の安全を確保してから計略を使うという形は作りにくい。
彼女も戦闘している場所の近くにいることになり、彼女を落としに来る敵の警戒が必須。

ダメージ計略や後方を狙う弓、特に射程上昇弓に非常に弱いなど弱点も多く、常に使える計略ではない。
この計略のみに頼るデッキ構成にするのは危険で、自城際の守りで使うと撤退リスクが高いため注意。
基本は裏の手かコンボ要員としてデッキに挿しておく運用になる。

簡単で実用的な使い方としては号令を撃った後、マウント要員の騎兵への使用。
号令で攻城部隊を城に張り付け、彼女は弓マウント要員として少し後方に構え
計略のかかったマウント要員の騎兵が攻城サポートをしつつ彼女の前を固めるなどすれば
殿、私の馬を!のように撤退者を出さずに彼女も戦闘に参加でき無駄がない。

今後魏にも若き血の目覚めのような計略が現れるとこの計略が大いに活躍する可能性がある。