カードリスト / 第2弾 / / 徐晃(大斧神穿)


武将名じょこう こうめい徐かなる猛勇
徐晃 公明「長年研ぎ上げた武をもって・・・・・・
  関羽、貴公を超えてみせよう」

魏の五将軍。曹操軍の戦いのほとんどに参加した歴戦の勇将。樊城の戦いでは、于禁・龐徳が敗れるなど戦況は不利だったが、知略をもって偃城を奪うと、樊城を包囲していた関羽軍も撃破。魏の窮地を救い、武神・関羽に引導を渡した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 地の利 城門特攻
計略大斧神穿武力と移動速度が上がる。この効果は兵力が少ないほど大きい
必要士気5
Illustration : ジョージ


遂にSRとしてVer1.2.0Aから追加された徐晃。

2.5コストとしては十分な武力9だが、反面知力は4と不安を抱える数値。
代わりに勇猛・攻城と言う攻めに向いた特技と征圧2を併せ持つ。
また、武力9騎馬としては初となる将器・攻撃力上昇持ちなのもセールスポイントの一つ。

計略は兵力が減れば減る程武力と移動速度が上がるもの、効果時間は6.7c。
兵力満タンで撃った場合は+3だが、半減程度でも+6〜+7、1割まで減れば+10の大台に乗る。
速度上昇も兵力に比例するため、殲滅力は騎馬の超絶強化随一。
兵力が少ない状態では攻城までは厳しいが、突撃・迎撃を貰わなければ相手を一方的に殲滅できるだけの破壊力がある。
最前線での戦闘を一手に引き受けてラインを上げ、消耗後に計略を使って味方の攻城・征圧をサポートするという図式がわかりやすく強い。

「兵力が減る程効果大」と言うのは、一見生存性が高い騎馬と相性が悪いように見える。
しかし、逆に言えば限界まで使い潰しが効き、迎撃ですら計略チャンスになると言う騎馬の常識を覆すと言う事でもある。
徐晃は攻城持ちで、城壁ですら2コスト槍の壁攻城並みに減らすので野放しも出来ない。
かと言って迎撃すれば前述の通り計略効果を引き上げる結果になる。
更に低めの知力4も、大半の伏兵・ダメージ計略を耐える絶妙な数値であり、これも計略トリガーになりうる。
つまり、スペックと兵種が持つ欠点を、特技と計略でカバーしてしまっているという'強力な存在である。

どのようなデッキに入れてもまず活躍できる超性能故か、追加後即大流行。
Ver.1.2.0A〜Bでは使用率ランキングで全体3位、魏では龐徳に次ぐ2位まで大躍進した。
しかしそれで放っておかれるわけがなく、Ver1.2.0Cで武力上昇値と効果時間を削られてしまった。
それでもなお速度強化は健在であり、まだまだ数を減らす事は無いだろう。

修正履歴

Ver1.2.0C 武力上昇値減少
      効果時間短縮(知力依存度減少) 7.5c→6.7c