カードリスト / 第2弾 / / 費イ


武将名ひい ぶんい
費褘 文偉「ひい〜っ、待ってー!
  お、降りられないぃぃーっ!」

蜀の文官で、諸葛亮の良き相談相手。日々の膨大な政事をこなしつつ、博打事などして遊び呆けていた。後任の董允がこれを真似すると、すぐに仕事が遅滞してしまい、費褘の人並み外れた能力の高さに驚いたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力7 征圧力3
官職文官
特技防柵
将器長槍術 復活減少 速度上昇
計略治乱の布陣両軍の内乱ゲージが減少し、計略範囲内が自軍の征圧領域になる
必要士気4
Illustration : 山本章史


フレーバーの博打好きという設定から頭にサイコロを載せた蜀の文官
ついでに台詞も自分の名前を絡めたネタになってしまっている。イラストの状況はこれを言わせるための物なのだろうか…。

伏兵堀りがしやすい知力と1コストにして征圧力3であることが特徴。
開幕の征圧ランクを簡単に底上げできること、低コストが持って輝く防柵があることからカタログスペックは低くはない。
Ver1.2.0Dでは3人居るコスト1で征圧力3の1人。更に柵も持っているとなると費褘のみである。
ただ、その反動で武力は最低値の1である為、無闇な突出は厳禁。

計略は特殊で、内乱ゲージを減少させる効果に効果範囲(自陣全体)を自軍のものにするというもの。カテゴリーは「征圧上昇」。
自陣全体とは、マップ中央ラインから手前の72マスの事を指し、これは開幕の征圧領域ラインは影響せず固定。
使えばそれまで溜まっていたゲージを0にした上、自陣エリアをこちらの征圧エリアに塗り替えてくれる。
一度蓄積された内乱ゲージを0にするのに最大25c弱掛かるのに対し、この計略を使うと士気4で即時に0にできる。
劣勢時に使えば10c毎に起こる内乱を帳消しにした上で、状況次第では逆に優勢状態まで持ち込むことも出来る。
逆に優勢時に使うと敵の内乱ゲージも0にしてしまうので内乱が取れそうな状況で使う計略ではない。

勝敗に直結する城ダメージに関わる計略なので決して弱い計略ではないのだが、
上記の劣勢時は基本的に攻め込まれてる状態なため、下手に使ってもすぐに塗り直されてしまう。
また、基本的には内乱を止めれるだけであって、相手の攻城を止める・遅らせる計略ではない点も注意。
そのため漫然と打つのではなく、試合全体の流れをよく考えて使用する必要がある。
一番わかりやすい使い方としては試合終了間際、後一発で逆転負けする程度の城ダメ状態の際に内乱を抑える使い方だろう。
残り10c未満でこの計略を使えば両軍とも内乱が起こらずに終戦するのが確定する。

ライバルは同じコスト1で似た計略を持つ穆皇后だろう。
あちらは同じ必要士気4で同じく自軍全域を自軍征圧領域にした上で、城内含む範囲内の味方の兵力を50%近く回復させるもの。カウンターを狙う際は穆皇后の方が使い勝手は良い。
費褘と違い内乱ゲージは0にはできないが、半分は一気に塗れるので内乱ゲージの増加を止める事なら出来る。
更に穆皇后が武力2騎兵と、少なくとも費褘よりは戦力になるというのも逆風。征圧力も穆皇后が征圧力増加将器を発動させれば征圧力2騎兵となる為、塗る速度は早い。征圧力3と言えども、槍兵だと塗る速度はどうしても遅くなる。

計略は普段は意識せず緊急用と割り切り、コスト1で高知力と征圧力3と防柵を持ち込めるスペック要員。として活用するのが無難かもしれない。
使い手を選ぶ一枚である。