カードリスト / 第2弾 / / 盧植


武将名ろしょく しかん漢の傑士
盧植 子幹「世に絶望するな!
    希望を取り戻せ!」

漢の将軍。古今の学問に通じた学者であり、劉備や公孫瓚の師でもある。黄巾の乱では張角ら黄巾賊本隊を圧倒したものの、宦官への賄賂を断ったため官職を剥奪された。後に皇甫嵩が盧植の無実を訴え、再び尚書に任命されることとなった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 突撃術 地の利
計略先達の号令漢の味方の武力が上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気5
Illustration : 五十嵐睦


演義では若き劉備の師として扱われ、武人としても学者としても優秀だった賢人。

その逸話もあってかスペックは軍師型の低武力高知力のスペック。
騎兵で征圧力2・漢鳴と相性の良い魅力持ちなのは嬉しいが、漢鳴デッキにおいて2コスト武力6は割と重く、そして痛い。
採用する場合は計略を意識してになる。

計略「先達の号令」は範囲内の味方の武力と漢鳴レベルを上げる号令。
武力上昇は+5、効果時間は約7c。(Ver1.1.0C)

漢鳴レベルを上げるだけなら士気4で出来るので、その点では士気対効果は悪いが
この号令は漢鳴レベルに左右されずに常に一定の効果を保ちつつ漢鳴レベルを上げられる点が強み。
漢鳴0で使う他の強化計略は武力上昇値がとても低く、前半の城の守りなどには非常に苦労するが
この計略は武力上昇、効果時間共に十分士気5の号令としての威力を満たしている。
また、計略に自身を含まないため、重ね掛けが可能。 相手が序盤に英傑号令などで攻めてきた場合の被害を最小限に抑え、後半の攻勢につなげていけるので
前半をしのぐことを重視するのであれば入れておきたい。

だが漢鳴レベルを上げる点では士気が重いので、後半にコンボで一気に攻める難易度は上がる。
例えば漢鳴の大号令と天の鼓動のコンボを狙うような運用は士気の都合上あまり適さない。
その場合は漢鳴2から先達の号令と漢鳴の大号令でコンボするなど、漢鳴レベルを上げつつ撃てる号令という強みを生かしたい。

そして何よりも先述の通り2コスト武力6である点が結構つらい。
必然的に素のデッキパワーに難を抱える羽目になる為、他のメンバーでどうフォローするかはよく考えたい。
総じてプレイヤースキルに影響される玄人好みのカード。