カードリスト / 第2弾 / / 華佗


武将名かだ げんか神医
華佗 元化「神域の医術をもって
 この国を覆う病を討ち倒さん」

医術に長じ、最初に麻酔を発明したという名医。重傷の周泰を治療したり、毒矢を受けた関羽の右腕から毒を取り除くなど、多くの武将を治療して衆目を集めた。後に曹操に招かれるが、頭を切開しての治療を提案し、怒りを買って投獄された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力9 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器捕縛術 士気上昇 攻城術
計略神医の施術【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
味方の武力が上がる 漢鳴2以上:さらに味方にかかっている、敵の計略効果を消す
必要士気5
Illustration : 風間雷太Character Voice : 杉田智和


元祖ハイパーオーバースペックの神医華佗が漢軍に参戦。
超医師で無くなった為か勇猛を失ったが、コスト1.5で武力6知力9漢鳴と歩兵を加味してもぶっ飛んだスペックは健在。
一介の医師のままでもムキムキの武力6というのはどういうことなのだろうか...
将器も歩兵や漢軍には相性のいいものが揃っている。プレイングに応じて選びたいところ。

計略は神医の施術。
カード3枚分程度の狭い前方円の全体強化であり、漢鳴2以上で浄化効果が付く。
漢鳴0から順に+1/+3/+5/+7、効果時間7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

Ver.2.0.0Dの上方修正により漢鳴1の時点で士気相応、2以上だと士気5としては破格の武力上昇値を誇る。
運用にはある程度の密集陣形を取らなければならないが、妨害に耐性ができるのは心強い。

他の漢鳴計略にも言えることだが使うタイミングは重要。
漢鳴2以上でないと浄化効果が付かないのが旧作との相違点で、漢鳴の仕様上浄化は1試合に1回しか使えないと思っていいレベル。
武力上昇が主な効果で浄化効果はおまけと考えておこう。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 漢鳴0~3 効果時間延長 7.5c→8.8c
Ver.1.2.0D 漢鳴3 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.2.0.0D 漢鳴1~3 武力上昇値増加 +3/+4/+7→+4/+6/+8
Ver.2.0.1B 漢鳴0~3 効果時間短縮 8.8c→7.1c
Ver.2.1.0D 漢鳴0~3 武力上昇値減少 +2/+4/+6/+8→+1/+3/+5/+7