カードリスト / 第2弾 / / 王美人


武将名おうびじん
王美人「あの子が大きくなる頃、
 今より平和でありますように」

霊帝の側室。何皇后に次いで霊帝の寵愛を受け、のちの献帝・劉協を生む。しかし、何皇后から激しい嫉妬を受け、毒を盛られて殺害された。劉協は幼くして母を失ったが、その養育は霊帝の母である董太后が引き継ぎ、聡明な少年に育った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職-
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 突撃術 復活減少
計略漢鳴の雷撃【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
いずれかの敵に雷によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気5
Illustration : 夢路キリコ


献帝の母親で、即位後に存命していれば皇太后になった女性。

漢の1.5コスト騎兵では唯一征圧力2を持っているが、最も武力が低い軍師型。
女性なので魅力を持っているが、計略も含めて蜀の徐庶を意識した様なスペック。

漢鳴の雷撃は漢鳴レベルに応じて威力と落雷の本数が変化するダメージ計略
1部隊に落とした場合、威力は漢鳴レベル0で知力1確殺、レベル1で知力2確殺(3は瀕死)、レベル2で知力5確殺、レベル3で知力16以上確殺。
落雷の本数はレベルごとに1→2→3→5と変化する(Ver1.1.0C)。

漢鳴レベルを上げる意味ではやや重いのだが、レベルを上げた時の威力がすさまじい。
漢鳴レベル0でも呂布などを退けるには十分だが、漢鳴レベルを1でも上げると破格の威力を誇る。

強力な計略なのだが、問題は自身の低武力スペックと士気が5であること。
また漢鳴デッキの場合一度使うとレベルがリセットされることもあり、使う計略の順番は非常に重要。
レベル1〜2ならよくて1試合に2回、レベル3は1試合に1回が撃てる限界なので
彼女の計略をどのレベルで使っていくか、プラン立ても必要となる。
皇甫嵩や曹操など、明らかにレベル3で使うことを推奨されている計略でないことで運用が逆に難しくなる。
相手のデッキや試合展開で流れを読み、使うタイミングを間違えないことが重要な切り札的存在なので
そのカードをどこで引くかで戦局が大きく左右される、ジョーカーのような役割を担うカード。