カードリスト / 第1弾 / / 曹操


武将名そうそう もうとく乱世の奸雄
曹操 孟徳「我が大志で天下を覆い、
      乱世に覇を唱えん!」

「乱世の奸雄」と評された英傑。軍政だけでなく詩歌などの才能にも恵まれた天才。才ある人材を好み、能力のある者は身分を問わず登用した。自分と配下の才で並み居る強敵に打ち勝ち、中華の半分以上を治める大勢力を、一代で築き上げた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力10 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇 突撃術 復活減少
計略覇者の求心魏の味方の武力が上がる
必要士気6
Illustration : まじ


「治世の能臣、乱世の奸雄」と称された、三国志の主人公の一人・曹操。

武力こそ8とコスト2.5としては平均レベルだが、知力はトップタイの10・騎兵では嬉しい征圧力2の持ち主。
将器も攻撃力上昇・突撃術・復活減少と隙の無い構成となっている。「超世の傑」の異名は伊達ではない。
反面、特技は魅力だけと重コストにしてはやや寂しい。

計略「覇者の求心」は魏限定で武力+5が8.5c(Ver.1.0.5D)続く英傑号令。範囲は自身中心の長方形。
騎兵のため散開しながら範囲の中心に入れるのは容易。

強力な号令も多数ではじめたVer2.0.0においても魏ではトップクラスの使用率を誇っている。
魏という勢力はVer2.0.0においても高武力で押し切るという戦術が他勢力に比べて乏しく
現環境においてもこの号令は単純な武力上昇値だけで言えば、
デメリットや下準備なしで上がるものとしては、士気と対比して最高クラスの号令であることもあり
本人の優秀なスペックと共に、現環境でもまだまだ健在の存在感を見せている。

とは言え現環境ではその武力上昇値だけでは押し切ってしまう計略が多いため
劉備の大徳で組まれるような槍馬デッキでは相手のデッキパワーに押されやすい。
デッキは騎兵単、または騎兵はデッキの過半数を占めるデッキが推奨され、
騎兵によるラインコントロールでぶつかり合うタイミングの主導権を握ってその強みを生かしていく立ち回りが重要。
稼働当初は本人のスペックもありぶつかり合いには強かったが、やや立ち回りが変化している。

神速の大号令に比べると、騎兵単の尖った部分がマイルドで事故での惨劇が少ない。
今後も魏で騎兵単デッキを組んでいく上では欠かせないキーカードになるだろう。
騎兵単の動かし方を練習したいプレイヤーにとっても優しい一枚。

稼働当初は曹操がデッキの最高武力になることも多く、コストの重さから裏の手も仕込みにくかった。
そのため攻めでも守りでも覇者の求心(たまに離間の計)を撃つだけという立ち回りになりやすかったが
段々とカードプールが充実してきたので、求心デッキ大徳デッキのように
裏の手を入れて立ち回る幅が広くなっている。
決まりきったデッキパーツというのは特にないため、魏の中ではかなり自由度の高いデッキを作れる。
若干コストが重いことに目をつぶれば、メインではなくサブ計略としても仕込める。
本人の優秀なスペックがあるため、今でも大抵のデッキで活躍できるカードである。


コンパチブル武将

Ver.1.1.0A LE曹操(人形劇三国志)
Ver.1.1.5B EX(LE)曹操(復刻武将)

修正履歴

Ver.1.0.5A 効果時間短縮 9c→8c
Ver.1.0.5C 効果時間延長 8c→8.5c、効果範囲拡大
Ver.1.1.0D 範囲拡大