カードリスト / 第1弾 / / ホウ徳


武将名ほうとく れいめい覚悟の黒棺
龐徳 令明「俺かお前・・・・・・
どちらかが棺に収まるまでだ!」

馬超配下の猛将だったが、破れて身を寄せた張魯の降伏とともに魏に仕える。樊城の戦いでは、蜀に仕えた馬超との内通を疑われたが、棺を用意して決死の覚悟を示した。激戦の末に惜しくも敗れると、命乞いをせず斬首されることを選んだ。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 突撃術 攻城
計略特攻戦法武力と攻城力が上がり、強制的に前進する
必要士気4
Illustration : タカヤマトシアキ

元馬超の配下である猛将が、晩年仕えた魏の武将として参戦。

コスト比最高の武力8に勇猛と征圧力2を併せ持つ超ハイスペック騎兵。
一方で知力は3と低めなので伏兵やダメージ計略には注意が必要。
これに攻撃力上昇の将器まで持たせられる為、攻めに関しては他の2コスト騎兵の追随を許さない。
攻城術も下記の計略と好相性だが、Ver1.2.0Dで素の攻城力を下げられた為やや使いにくくなってしまった。

計略「特攻戦法」は武力・攻城力強化と引き換えに強制前進してしまうもの。
騎兵が行動を縛られるのは痛い為、基本は敵城に張り付いた際に使用する事になる。
また、将器攻城術を所持している点が計略と非常に噛み合っており、
この手の計略にありがちな「使ったはいいが防衛部隊に邪魔されて攻城出来なかった」という事態を減らすことができる。

数値スペックだけで採用圏内であるが、それ以外にも強みを持つ強力な武将。
全体的に見てオーバースペック気味で、この1枚さえあればデッキが締まると言っても過言ではないほどの汎用性を誇る。
ただあくまでデッキの白兵役として超優秀なだけで計略を含めてコンセプトになるカードではない。

その圧倒的な汎用性が評価されている為か、使用率が初めて公開されたVer.1.2.0A〜Bでは堂々の全体1位*1であった。
Ver.1.2.0Cでは使用率トップは孫策(快進撃)に譲ったものの、孫策(快進撃)が下方修正されたVer.1.2.0Dでは再びトップに返り咲いた。*2



*1 三生 4月
*2 三生 7月