カードリスト / 第1弾 / / 趙累


武将名ちょうるい
趙累「付き従うはカカシの兵なれど
  我が覚悟はハリボテにあらず!」

関羽配下の都督。「忠義無類の廉直の士」と評価され、樊城の戦いでは物資管理を任された。孫権軍の裏切りにより劣勢になると、脱出のため城壁に旗やカカシの兵を設置。関羽の血路を開くため決死の激闘を見せた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器知力上昇 地の利 城門特攻
計略奮激の伝授最も武力の高い味方の武力と兵力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : ニシカワエイト


関羽に仕えた忠義の士。

スペックは魏の牛金や群雄の張曼成と同様であり、使い捨てやすいスペックの騎兵。
但し将器に征圧力上昇は無い。
フレーバーテキストを見ると知力1にはさすがに違和感を感じざるを得ない。一応、将器に知力上昇がある為フォローは可能。

奮激の伝授は兵力を3割程度回復に武力+4が6.5c持続。(将器知力上昇無し)
範囲は自身に密着した直径5マス程の前方円で、騎兵であることも合わせて狙った武将にはあてやすい。
武力上昇もそれなりにあるため攻城の後押しや高コストの救助など用途は多彩。
自身が撤退するデメリットが最初から特技復活によって若干軽減されているのは他の伝授持ちに無いポイントである。

蜀のコスト1騎兵でも伏兵持ちで戦闘要員の馬岱や挑発の張松、征圧将器持ちの廖化とは棲み分けが出来ており
最低限の戦闘力があり、特に将器を覚醒しなくても運用できるという点では新しい選択肢になれる1枚である。
高コスト槍兵との噛み併せの良さに加え、枚数が減っても計略効果が落ちない関羽(蜀)とは史実通り相性が良い。

ちなみに、Ver1.0.5Dで関銀屏の目覚め条件が14→13に緩和されたため
この計略を関羽など武力9に投げれば若き血の目覚めが使えるようになった。
Ver1.0.5現在、彼の計略は車輪の伝授(対象に武力9必須)に並び、最小士気3で関銀屏を目覚めさせられる計略である。
この計略で攻城を入れたい武将に投げた後に、若き血の目覚め攻城妨害から守ってもらうのも一興である。