カードリスト / 第1弾 / / 孫皎


武将名そんこう しゅくろう
孫皎 叔朗「ちょっと偉いからって
   調子に乗ってんじゃねえ!」

孫静の三男。兄・孫瑜の跡を継いで軍を率い、濡須口の戦いや夷陵の戦いで活躍した。民衆には優しかったものの短気な性格で、同じく喧嘩っ早い甘寧と衝突した。しかし孫権にたしなめられて以後は親しくなったという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力5 征圧力0
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 地の利 征圧力上昇
計略征圧戦法征圧力が上がる
必要士気2
Illustration : 深町トシヲ


旧作では「弐連剛弓戦法」でバリバリ言わせた彼が、本作では1コスト騎兵と言う全く違う性能で参戦。

他勢力にもいる1コスト騎兵の完全な戦闘要員枠で、征圧力を将器で補うスタイル。
呉では初の1コスト武力3騎兵で中知力は嬉しいが、数値が同じ蜀の馬岱と比べて無特技なのでスペックはやや寂しい。
他勢力の、能力重視・征圧力ゼロに比べると見劣りするスペック。

計略は征圧戦法で、自身の低征圧力を長時間補える汎用計略。
この計略を使うと50C、つまり戦闘時間の半分の間征圧力4騎兵が1コストで用意できる。
征圧力上昇の将器を覚醒させれば征圧5と、目に見えて大きくなるため、戦場を少し走らせるだけで征圧有利に持っていける。

呉の場合征圧力に関しては破格の費用対効果を誇る孫呉の戦があり、士気2とは言え征圧力上昇だけの効果は地味だが
孫呉の戦を所有している朱桓、孫静が共に槍兵で生存力が低く、効果時間をフルに活用するのは難しい。
敵陣側を積極的に塗りに行くと撤退のリスクが高まり、かと言って敵陣を塗りに行けなければ征圧力上昇の旨味は少ない。
また、両者とも孫呉の戦を使用しなければ魅力に欠けるスペックであるためどうしても彼らの動きにデッキが縛られがち。
それに比べて彼は騎兵なので敵陣に切り込んで行っても生存させやすく、
計略が使えなくても純粋にスペック要員として活躍できるのでつぶしが効きやすい。

…と言えば聞こえはいいが、1コストの騎兵と言う呉ではあまりお呼びがかからないポジションである事は意外と難儀。
お国柄の都合上呉では不足しがちな騎兵だが、1.5コスト以上では個性的で有用なカードが揃っている。
また、同じ征圧力0の楽進や関平が武力4なのに対してこちらは3止まり。
呉でも武力2征圧力1の騎兵はいるので、将器を付けないと征圧できない上に計略も単に征圧力を上げるだけの彼を騎兵枠として採用するのは難しい。
1コストと言う点でも、呉は1コストに優秀な槍・弓が多い為そちらが優先されやすい。
また、呉と言う国がわざわざ計略を使わずとも比較的征圧力3を簡単に準備できてしまう点が評価を下げてしまう。

Ver1.2.0で無特技号令である「白鶴の慧眼」が追加されたのは彼にとっては追い風。
どうしても槍主体になってしまう慧眼デッキでは1コストの騎馬は貴重である。

修正履歴

Ver.1.1.0C 征圧力上昇値増加 +2→+3
Ver.1.1.5A 効果時間延長
Ver.2.0.0D 征圧力上昇値増加 +3→+4