カードリスト / 第1弾 / / 孫瑜


武将名そんゆ ちゅうい
孫瑜 仲異「おーい、戦はもうよそう!
  こちらに降伏したまえ!」

孫静の二男。謙虚な人柄で人望が厚く、孫策死後の混乱を抑えたという。孫権や周瑜に深く信頼を寄せられ、天下二分の計を成した時には、益州を任せる予定だった。無用な戦を避けるため、攻略に先駆けて降伏を盛んに呼びかけたという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力2 征圧力1
官職武官
特技復活
将器速度上昇 攻城術 募兵
計略弱体弓戦法武力が上がり、矢を当てている敵の武力を下げる
必要士気3
Illustration : ともひと


スペックは平凡だが呉では初の特技復活持ち。
加えて武力がコスト比高めなのでどんなデッキでも使いやすい。

弱体弓戦法は弓を当てている敵の武力を下げる弓強化。
武力上昇は+3で、弓を当てた敵の武力を-3する。効果時間は約8c(Ver1.0.7C)
乱戦されると武力低下効果が得られないため、前衛役と連携して、ある程度距離を取って援護射撃を継続したい。

武力差をつける事も大事だが、相手の武力を下げるという事は、乱戦している味方の被害を大きく軽減させる事に繋がる。
特に、高武力を城門に挿し込んだ状態での弓マウントは強力。
他の攻城部隊を散開させ、城門付近を彼でサーチすると守るのは難しい。
士気が軽いので、号令時に攻城マウントを取った時の一押しにも使いやすいほか、開幕に一気に攻勢をかける際にも有効。

マウント要員であれば強烈な剛弓が放てる孫尚香がおり、計略威力、スペック共に彼はやや見劣りする。
だが弓腰姫の目覚めは武力13以上の呉の武将を作らなければ費用対効果に見合わないので、そのような縛りがないのは強み。
単純に手腕などの号令とのコンボであれば弓腰姫の目覚めの方が火力が出やすいので
目覚め条件を満たさなくても運用できるデッキに入れて差別化したい。
武力13以上を作りにくい麻痺矢の大号令デッキや、開幕でこの計略を撃ってマウントを取りにいく高武力低枚数の開幕狙いのデッキ
悲哀の舞デッキなどに代表される、ワラワラ系の混色デッキでは孫尚香よりも活躍が見込める。

また他部隊との連携は必須だがこの計略のみでマウント攻勢をかけたり、守城時に使える計略でもある点も強み。
呉では守城に使う計略の場合、士気の重い号令や火計自爆してしまう超絶強化が多く、
守った後に士気がなかったり足並みが乱れて攻めに回れないなど、カウンターが苦手な勢力だが
攻めに士気を温存し、自爆して攻め時に足並みを崩さずに打てる計略としては決定力はないものの貴重な選択肢。
特にワラワラデッキ攻城部隊を低士気で各個撃破していくのには士気を考えればなかなか優秀なので
弓腰姫の目覚めでできない、コンボしなくても使える計略である点を生かしていきたい。