カードリスト / 第1弾 / / 宋謙


武将名そうけん
宋謙「・・・・・・闇に生き、闇に死するまで」

呉の武将。方天画戟の使い手で、孫策や孫権の護衛を務めたという。孫策と太史慈の一騎討ちに駆けつけたり、合肥の戦いで孫権の本陣を守るなど、常に陰から君主を支えた。その事績には謎が多く、どのような人物であったか定かではない。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術 復活減少 攻城術
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 真殿光昭


まともな記述すら残っておらず、本人の伝も残っていないが為に黒鎧を纏った姿になった宋謙。
ちなみに彼も朱然のように、正史と演義で没年が違っていたりする(正史:少なくとも222年以降・演義:209年)
Ver2.5.0Aより呉のスターターデッキの一員となっている。

Ver.3.0.0Dの時点で4枚存在する呉の1.5コスト武力6の槍兵。その中でもEXではないカードかつ征圧力2なのは宋謙のみ。
知力は低めだが最低値ではない上に征圧力も2あるため、総武力の低くなりがちな呉では武闘派として理想的なスペックである。
将器は号令と相性が良い攻城術、撤退しやすい槍兵と相性が良い復活減少と優秀なものが揃う。

計略は汎用の「強化戦法」である為、基本的にはスペック要員としての採用となる。
武力6・征圧力2・攻城術の組み合わせはデッキパワー・総征圧・攻城全てに恩恵がある点で非常に優秀。
復活減少は一見すると攻城術に劣るようだが、弓主体になりがちな呉のデッキでは「宋謙が最高武力の槍兵」といった状況に陥りやすい(特に手腕)。
そのため、単純に迎撃要員・前線要員のサイクルを回しやすくなる利点は決して無視できるものではない。
呉の1.5コスト槍兵は攻城術持ちも復活減少持ちも宋謙以外存在しない為、セールスポイントとしては十分だろう。

しかし、Ver.3.0.0Dにおいて大喬(エアリエル)が追加されたのは大きな逆風。
武力6魅力持ち・強力な計略と征圧力1を天秤に掛けるのは非常に厳しく、シェアを一気に奪われてしまった。
幸いにして将器で差別化は可能なので、今まで以上に将器の存在は意識したいところ。

呉では唯一の武力6征圧力2の槍兵なので呉デッキでは現在もそれなりに需要がある一方、登場当初は1.5コスト6/X/2の槍兵自体が希少だったこともあって計略は無いものとして考えてもさして問題はなかった。
しかしバージョンアップが進むにつれて各勢力に似たようなスペックの槍兵が追加されており、Ver3.1.0A現在においては6/X/2槍兵の中で唯一の強化戦法持ちになってしまった。
文欽曹仁など、それなりの汎用計略を持った上位互換スペックの武将も増えており、どうにも型落ち感が否めなくなっているのもまた事実である。

登場バージョン

Ver.1.0.0F

Menu

最新の20件

2020-12-04 2020-12-03

今日の20件

  • counter: 38948
  • today: 8
  • yesterday: 19
  • online: 72