カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 呂布


武将名りょふ ほうせん飛将
呂布  奉先「飛将の前に敵はなし……
 最強の武を刻み込み、散れ」

「人中の呂布」「飛将」と呼ばれた、最強の武人。虎牢関の戦いにおいては、劉備三兄弟をひとりで相手にするなど、圧倒的な武勇を見せた。董卓の腹心であったが、自身の利のために裏切るなど、己の価値観のみを信じ各地で武を振るった。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略天下無双・飛【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力と移動速度と兵力が上がる。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気7
Illustration : 風間雷太


言わずと知れた三国志最強の武将・呂布。
その名に違わず武力は最高値の10に加え、一騎討ちに有利な勇猛も所持。
並み居る武将を正面から消し飛ばし、低コストの突撃などは相手の方がダメージを受けたりと戦闘面では無類の強さを誇る。

将器も兵力・攻撃力・突撃術と完全に戦闘特化。
武力10は耐久面でも最高の性能のため、兵力上昇または攻撃力上昇の恩恵は最大限に受けられる。
役割的に乱戦することも多く、そもそもの突撃の威力が高いため突撃術は汎用性の面から見ると一枚劣るか。
ただVer2.0.0Dで攻撃力上昇の乱戦性能が下げられた為、完全に選択肢から切ってしまうのは考えものか。

が、反面コスト3にして知力1と言う致命的な弱点を抱えている。
伏兵で即死し、妨害計略はガッツリかかり、落雷・水計・火計は確実に耐えられない。
相手次第で呂布は瞬時に無力化・撤退してしまうので、それなりのフォローが出来るカードを採用しておきたい。
相方の陳宮が知力上昇という相性抜群の計略を持っているので献策してもらうのもいいし、張魯等復活計略を仕込むのもいい。

計略「天下無双・飛」は武力+14・移動速度3倍・兵力も2割回復とてんこ盛り。
武力24は元より3倍速が強烈であり、現状呂布から逃げられるor呂布に追いつける武将はほぼいない。
仮に追いつけたとしても戦闘力で呂布に敵うものはいない。
但しこの大幅な速度増加の宿命で2倍迎撃は避けらない。乱戦中でも油断はしない事。

そして他の強化計略との相違点が【飛翔】効果。
超絶強化でありながら効果範囲が示されており、発動させると言葉通りその範囲に向かって飛ぶ
その時、着地地点にいた武将に武力差ダメージを与えると言うものである。
但しダメージそのものは通常の突撃程度であり、兵力100%からでは武力1すらも落とせない。あくまでも副産物である。
意外とすぐ落ちてくる為槍兵はもとより、真ん中に入れれば騎兵でも逃げきれない。

飛んでいる間は戦場から外れている扱いになっているらしく一切の判定が消える。
その為迎撃無効・計略無効状態であるものの、攻城中に使用すると戦場にいないと判断され攻城ゲージが消える。
主に近場の槍兵に向かって飛び込み、迎撃事故を防ぐ方法が一般的となるだろうか。

計略の必要士気は超絶強化にしては重い7。
知力1が祟って効果時間は僅か3.6c(Ver1.2.0E)。加えて別に飛翔に0.5C。
逆にその3.6c+飛翔効果でも十分敵を殲滅できるポテンシャルを備えている点がさすが呂布と言うべきか。
ただし、槍兵を筆頭としてダメ計挑発・車輪・連環・雲散など対応策は多く、十全に効果を得られる状況はあまり無い。
並の英傑号令と対応する形で使っても士気差が生じてしまうほどの重さであり、安易な使用は出来ない。
試合展開、士気計算、宝具の予測、相手の編成、計略、計略範囲の把握などが他の計略よりも重要であるといえよう。
非常に状況を選ぶが最強に相応しい爆発力を持つ、まさに呂布のように尖った計略である。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5B EX(LE)呂布(復刻武将)

修正履歴

Ver.1.0.5C 効果時間短縮 3.8c→3.7c、知力依存度低下 0.4c→0.3c
Ver.1.0.7B 効果時間短縮 3.6c→3.2c
Ver.1.1.0B 効果時間延長 3.2c→3.6c
Ver.1.1.5A 飛翔効果終了時のダメージ減少