カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 成公英


武将名せいこうえい
成公英「荒くれの中に、私のような者が
  一人はいても良いでしょう?」

韓遂の配下。韓遂が幾度となく後漢に反乱を起こした際に、腹心として部隊をまとめた。韓遂が曹操軍に敗北し、多くの部下が去って行った後も一人残り、韓遂を支え続けた。韓遂亡き後は、曹操に仕えた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力7 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略後方指揮味方の武力が上がる
必要士気4
Illustration : 祀花よう子


韓遂の片腕とも言われる忠臣。
コスト1.5で中武力中知力伏兵持ちの騎兵に癖のない号令と、計略要員としては穴のないスペック。
とはいえあまりに穴がなさすぎて、尖った構成になりがちな群雄がらみデッキではなかなか採用に至らないのが現状。

Ver.1.1.5Aのエラッタで計略が指揮から後方指揮へと変更された。
群雄の号令系は、クセがあっても破壊力のある暴虐なる覇道白馬義従などに頼りたくなるのが実情。
こちらはメインに据えるにはやや頼りないものの、消費士気4と安く、重ねがけが可能である点などはプラス。
騎兵の機動力と計略範囲を生かし、散開しながら戦うことが多い群雄でも複数のカードを範囲に入れやすいため、
他の計略の後押しとして使うのが良いか。

群雄のコスト1.5枠は、基本的に高コスト・高武力枠のフォローを求められることとなるが、
自城削りのフォローでは火事場計略持ちに、サブ計略としては1コス枠を含めた妨害計略持ちが多い。
そのため群雄の計略枠は狭き門となっており、成公英自身が計略要員相応のスペックとは言え、なかなか採用はし辛い。

将器覚醒込みで征圧力2の騎馬になれたが、Ver.1.0.0Dで楊秋が追加され、群雄コスト1.5馬唯一の征圧力2という独自性を消失。
さらにVer.2.0.0Dで武力1、士気も1重いものの、知力+4が付いて魅力まで完備したコスト1の号令持ちである
EX盧氏(賢狼の導き)が追加されたことで更なる逆風に曝されてしまった。


修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略変更:指揮後方指揮