将:行軍

  • 将疲=武将の疲労度
    この数値が高いと、戦場で本来の能力を発揮できない。
    「休暇をとる」で休養することで疲労を解消できる。
  • 将:速度=武将の移動速度
    この数値が高いと、自分で攻め込み敗北した際に次ターンまでの待ち時間が縮まる。
  • 防衛側は武将疲労度0固定。
移動方法将疲将:速度特徴コメント
通常移動1馬持ち向け
早駆け3+5馬なし向け
強行6+10将疲に注意
警戒2-10罠・伏兵回避率UP。遠隔指令の時は選択不能。戦闘可能な時間が大幅に減る
隠密2-5負傷・一騎打ち回避率上昇。戦闘可能な時間が減る

兵:行軍

  • 兵疲=兵士の疲労速度
    この数値が高いと、戦場で本来の能力を発揮できない。
    「徴兵」で兵を追加することにより、兵疲を和らげることが出来る。
  • 兵:速度=兵士の移動速度
    この数値が高いと、自分で攻め込み勝利した際に次ターンまでの待ち時間が縮まる。
  • 防衛側は兵士疲労度1固定。
移動方法兵疲兵:速度特徴コメント
通常移動3「将:行軍」の将速を活かせる方針を選択
早駆け5+5
強行軍7+10
警戒体制4-10罠・伏兵回避率UP。役立たず
突撃体制5突撃率3割増加。敵拠点一掃目的なら散開包囲の方を
一点突破7+52発目以降は防御戦線1ポイントずつ通過
(※1)
風林火山時の基本方針
連突可能な兵の基本方針
散開包囲5-5同一地点3連突。対賊砦戦
対城壁戦

※1
 3連突の場合、勝ち続ける限り進撃する。
 例:【森林砦⇒拠点⇒北門】【拠点⇒南門⇒南門】【東門⇒東門⇒東門】など
 

指揮形態

  • 防衛時、武将と兵の所在地が異なる場合は遠隔指令となる。
指揮形態将疲士気特徴コメント
陣頭指揮2勝利時+5
敗北時-4
武官
指揮官
後方采配1勝利時+3
敗北時-4
負傷・一騎打ち回避率上昇。
将:方針で単騎駆け・獅子奮迅が選択できない。
文官
万能
遠隔指令0勝利時+3
敗北時-6
負傷・一騎打ち完全回避。
将:方針で静観か指令重視しか選択できない。
文官

将:方針

方針将疲特徴コメント
静観0
単騎駆け2武力影響。武器と馬も影響。
追加ダメージ。
一騎打ち巻き込み率上昇。
敵武将に負傷攻撃。
武官
獅子奮迅2統率影響。
兵士数が少ない時に攻撃力が飛躍的上昇。
指揮官
万能
影武者配置1負傷・一騎打ち回避。文官
指令重視1混乱にかかりにくくなる。指揮官
万能
計略重視2知力影響。
地形にあった計略を仕掛ける。
文官
兵士鼓舞2戦闘開始時に士気が2上昇。指揮官
万能