マッピングコンポーネントBaseDAO


maple

ダウンロード

BaseDAO(超α版)

インストール

  • DIContainer2配列対応core/Request.class.php(maple3.0.2版)が必須です
  • ダウンロードしたファイルを解凍するとfilter、core、components、modulesという4つのフォルダができます
    • filterフォルダの中身をMAPLE_DIR/filter内にコピー
    • coreフォルダの中身をMAPLE_DIR/core内にコピー
    • componentsフォルダの中身をWEBAPP_DIR/components内にコピー
    • modulesフォルダの中身をWEBAPP_DIR/modules内にコピー

実際の使用例(example2のDB版) 

  • このサンプルはBaseDAOのためのサンプルですのでBaseDAOが必須です。
  • ファイルを解凍すると出来るconfigフォルダ、modulesフォルダ、templatesフォルダの中身をWEBAPP_DIR/config、WEBAPP_DIR/modules、WEBAPP_DIR/templates以下にコピーして下さい。
  • 適当な名前でデータベースを作成して以下のようにテーブルを作ります。
    CREATE TABLE `person` (
     `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,
     `name` VARCHAR( 50 ) NOT NULL ,
     `email` VARCHAR( 50 ) NOT NULL ,
     `year` int(11) NOT NULL default '0',
     `month` int(11) NOT NULL default '0',
     `day` int(11) NOT NULL default '0',
     PRIMARY KEY ( `id` )
    );
  • WEBAPP_DIR/modules/maple.ini.databaseをmaple.iniに変更して、環境に合わせてDB設定します(demoという名前でデータベースを作った例)
    [GlobalFilter]
    DBAccess = 
    
    [DBAccess]
    dbtype = mysql
    dbserver = localhost
    dbname = demo
    dbuser = root
    dbpass = root
  • htdocs/example2.phpにアクセスして表示されればOK
  • htdocs/example2.phpにアクセスして色々試してみてください。
  • WEBAPP_DIR/modules/example2_BAKと比較すると面白いと思います。

「マッピングコンポーネントBaseDAO」って何だよ?

ほんの数行でDBとの連携を可能にするコンポーネントです。Actionクラスで例えばこのように書きます。

$personAll = $this->personDAO->find_all();

これでpersonAllにはpersonDAOにマッピングされたテーブルの全データが入ったことになります。試しにpersonAllを表示してみます。

array(4) {
  0 => array(6) {
    id => int 1
    name => string(6) やまだ
    email => string(16) yamada@test.info
    year => int 2005
    month => int 11
    day => int 1
  }
  1 => array(6) {
    id => int 2
    name => string(2) 王
    email => string(14) wong@balls.com
    year => int 1940
    month => int 5
    day => int 20
  }
  2 => array(6) {
    id => int 3
    name => string(4) あべ
    email => string(12) abe@test.com
    year => int 1979
    month => int 10
    day => int 1
  }
  3 => array(6) {
    id => int 4
    name => string(4) 田中
    email => string(14) tana@happy.com
    year => int 2000
    month => int 12
    day => int 24
  }
} 

$personAllには4人分のデータが入っているのがわかります。しかし各データに割り振られているid、name、email、year、month、dayなどのハッシュキーはどこから現れたのでしょうか?

マッピング設定ファイル

実はこのハッシュキーはマッピング設定ファイルで定義したものです。ではpersonDAOのマッピング設定ファイルの一部をお見せします。

[personDAO]
map[id] = person.id
map[name] = person.name
map[email] = person.email
map[year] = person.year
map[month] = person.month
map[day] = person.day

primary = person.id

personDAOはマッピング設定ファイルのmap項目でマッピングされたテーブルのフィールドを取得して、設定されたハッシュキーを付けて返却しているということがわかると思います。つまりマッピング設定ファイルでは、actionクラスで使いたい値を設定すれば良いわけです。その使いたい値を生成してくれるpersonDAOの実態こそがBaseDAOなのです。それはマッピング設定ファイルの詳細を見ればわかると思います。

[DIContainer]
personDAO = "component://db.BaseDAO"

[personDAO]
db = dicon://DBA
map[id] = person.id
map[name] = person.name
map[email] = person.email
map[year] = person.year
map[month] = person.month
map[day] = person.day

primary = person.id

このマッピング設定ファイルというのは、まさにDI2の設定ファイル、いわゆるdicon.iniファイルそのものなんです。


全体の流れをスッキリ

設定ファイルなどとmaple固有の話が続いたので、純粋にBaseDAOだけに関係した流れをコードで示してみます。require_onceのパスを各環境に合わせれば、このコードだけでBaseDAOが動きます。あらかじめ用意されたメソッドを試してみましょう。

<?php
require_once("Db_BaseDAO.class.php");
require_once("../../../maple/core/DBAccess.class.php");

//なんちゃってlogger
class LogFactory{
    function LogFactory(){
    }
    function trace($mes,$meth){
        $this->_disp($mes,$meth);
    }
    function error($mes,$meth){
        $this->_disp($mes,$meth);
    }

    function _disp($mes,$meth){
        $output_code = "SJIS";
        $internal_code = "EUC-JP";

        $mes = mb_convert_encoding($mes, $output_code,$internal_code);
        $meth = mb_convert_encoding($meth, $output_code,$internal_code);
        var_dump($mes."-".$meth);
    }
    function getLog(){
        $log = new LogFactory();
        return $log;
    }
}


//接続設定ファイル(maple.ini)相当
$dbtype = "mysql";
$dbserver = "localhost";
$dbname = "demo";
$dbuser = "root";
$dbpass = "root";

//マッピング設定ファイル(dicon.ini)相当
$map['id'] = "person.id";
$map['name'] = "person.name";
$map['email'] = "person.email";
$map['year'] = "person.year";
$map['month'] = "person.month";
$map['day'] = "person.day";
$primary = "person.id";

//フィルター相当
$dba = new DBAccess();
$dba->setDbtype($dbtype);
$dba->setDbserver($dbserver);
$dba->setDbname($dbname);
$dba->setDbuser($dbuser);
$dba->setDbpass($dbpass);
$connect = $dba->connect();

//DI相当
$person = new Db_BaseDAO();
$person->setDb($connect);
$person->setMap($map);
$person->setPrimary($primary);

//アクションクラス相当
$personAll = $person->find_all();
?>

BaseDAOにあらかじめ用意されたメソッド

find($condition)

$conditionには

$condition = "person.name = 山田";

のようにwhere句相当の検索条件を与えます。 AND検索をする場合は

$condition[] = "person.name = 山田";
$condition[] = "person.year = 1999";

などのように配列にして渡します。

find_all()

全取得

find_one($id)

primaryで指定したフィールド名 = $id を取得


save($map)

mapは配列であり、マッピング設定ファイルのmapと対応する。このmap配列内にマッピング設定ファイルでprimary指定したハッシュキーの値が存在する場合はupdate処理、ない場合は新規にinsertします。これ言葉でちょっと説明が難しいのでexample2DBを参照してくださいな

delete($id)

primaryで指定したフィールド名 = $id を消去

リレーションで外部結合するのも簡単!

次は1対多関係であるような以下のような場合を取り上げます。

[porson] 1---* [category]
  • DBスキーマ
    create table category(
      id int(11) not null auto_increment,
      name varchar(20),
      primary key (id)
    );
    
    CREATE TABLE person (
      id int(11) NOT NULL auto_increment,
      name varchar(50),
      email varchar(50),
      year int(11),
      month int(11),
      day int(11),
      category_id int(11),
      PRIMARY KEY  (id)
    )
  • マッピング設定ファイル
    [DIContainer]
    person = "component://db.BaseDAO"
    
    [person]
    db = dicon://DBA
    map[id] = person.id
    map[name] = person.name
    map[category] = category.name
    
    primary = person.id
    relation = "person.category_id = category.id"

あらかじめ各テーブルに値をセットして試してみると、テーブルが外部結合され値が取得されているのがわかると思います。追加したコードは、設定ファイルの

relation = "person.category_id = category.id"

だけです。このようにテーブルをまたいでマッピングされたBaseDAOに対しても今までと同じようにsaveメソッドが使えます。その場合はprimaryキーのあるテーブルに対してのみデータの保存を行います。

最新の20件

2017-09-25 2014-07-03 2009-06-06 2006-09-22 2006-01-05 2005-11-10
  • マッピングコンポーネントBaseDAO
2005-11-04 2005-10-31 2005-10-07 2005-06-20 2005-06-19 2005-06-18 2005-06-16

  • counter: 2738
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1