ParaFla!機能一覧


ParaFla!機能一覧

ParaFla!の機能の一覧・解説です。

parafla_ref.png

1.メニューバー

メニューを表示します。
ParaFla!自体の設定や作成中のファイルのプレビューなど、様々な操作をおこないます。

詳しい機能はこちらを参照してください。

2.プレビューペイン

選択したアイテムのプレビューを行うペインです。
画像の表示やサウンドの再生などをおこなう他、スプライトの編集画面に入るのにも使います。

3.左ペイン=ファイルリスト

作成するFlashに使用する、画像やサウンドなどといったアイテムの登録・設定をおこないます。
アイテムの登録はここにアイテム、またはアイテムの入ったフォルダを直接ドラッグ&ドロップするか、
または右クリックのコンテクストメニューから行います。

詳しい機能はこちらを参照してください。

4.右ペイン=イベントリスト

Flashに実際に表示する効果や動きなどはこのペインから設定します。
左ペインに登録したアイテムはここに入れることで初めてFlashに表示されるようになります。

詳しい機能はこちらを参照してください。

5.スクリプトエディタ

ここにActionScriptを記述します。
デフォルトでは独立したウィンドウとなっていますが、サムネイルにあるように本体に収納して使うこともできます。

  • >> / <<
    左上のボタンです。
    スクリプトエディタを本体に収納するか独立させるかを切り替えます。
  • 検索
    テキストボックスに入力した言葉でスクリプト内を検索します。

  • 構文チェック
    スクリプトのエラーチェックを行います。
    エラー行の指摘もしてくれますが、多少ずれることもあります。

  • 前面(独立時)
    チェックを入れた場合、スクリプトエディタが常時ParaFla!の他のウィンドウより前に表示されます。
    他のアプリケーションをも含めた最前面表示という訳ではありません。

  • Ctrl+Z スクリプトエディタでの操作を1工程前に戻ります。
    スクリプトエディタとParaFla本体のCtrl+Zは別扱いなので注意が必要です。

■キーボードショートカット



*1 どちらにフォーカスがあるかによって動作が切り替わります。
*2 スクリプトエディタのみアンドゥ・リドゥのトグルになります。