☆6

ラクエン(H)[★26]

DDで☆6に昇格となったが、☆7クラスとも噂される代表的な詐欺曲。
皿と鍵盤の絡み、ソフラン、高速部分での小階段もどきのフレーズなど多方面のスキルが要求される。
序盤の山は、3〜4小節目、8小節目、12小節目の16分フレーズ+皿。
BPM99なので、鍵盤部分を片手で捌くことも可能である。
ただし、低速地帯はリズムがハネている(タッカタッカ)ので、曲に乗って叩くこと。
高速部分の山は、倍速になった後、35小節目からの16分フレーズ。
67643のフレーズが8回繰り返されるので、これが出来ればクリアに大きく近づく。
固定打ちの場合、右中・右薬の交互を練習しておこう。
なお、スクラッチが最後に出てくるのはラスト4小節前の1拍目。
最後のフレーズは、落ち着いて両手で取るように心がけると良い。

凛として咲く花の如く(N)

ポップンとの大きな違いは、最初の大階段が無くなったこと。
随所にトリル、同時押し、階段があり、主に総合的な技術を求められる譜面。
途中、右が一定のリズムで1→2→3と動くのに対し、左は所々にだけ叩く場所が
あるが、全て同時押しとして見たほうが、うまく取りやすい。


5.1.1.(H)[★28]

HAPPY SKYで追加された新規譜面で、☆6としては非常に困難な曲。
16分トリルとトリルを崩したような譜面がメイン。
BPM101と遅いのでHS中毒気味の人はSUDDEN+などが有効。
30〜37小節のトリルは57トリルは右手、他は左手でしっかり叩き、むしろ回復源としよう。
地力がある人は、S乱でトリルを崩した方がクリアしやすいと思われる。

quasar(N)[★17]

1級の曲。序盤は1鍵がメインに降ってくる。リズムキープをしっかり。
14〜28小節にかけては乱打。乱打の基本が詰まっているのでRANDOMをかけるとよい練習になる。
そして後半も1鍵中心の譜面構成から乱打となっている。
最後のほうにはミニ階段もある。かなりの良譜面なので練習にオススメ。