ポストデジタル時代のニューロキャピタリズム


ポストデジタルとはデジタルレーバーの社会基盤をアプリオリとしインタラクティブネットワーク、複雑系と偶発性をキャタリストとした松本良多の主唱するデジタル以降の流動的生産形式の経済を探究する理論である。

我々は既にデジタル技術が特別なものでないポストデジタル時代にいるとするキム・カスコーン、松本良多による説と脱資本主義社会のプラクティスを意味しデジタルツールによるクリエイティブプロセスにおいてその重要性を増している。ロイ・アスコットのデジタルとアナログの融合によるモイストメディアのセオリーがオリジンとしてある。

ポストデジタルはキム・カスコーンのグリッチの理論により提唱されジョージオ・アガンベン、松本良多により社会、経済、文化にアダプトする脱コード化の理論として定義された。 ポストデジタル社会は視覚、触覚、聴覚、および運動感覚のメディア体験、仮想と拡張現実の間、オリジンとなるノードとグローバリゼーションのキャタリスト、インディビジュアルとコミュニティの対話との関係、およびウェブ対応のメディアにおいて個体としてのエージェンシーの役割が再定義されたウェブ2.0における参加、交流、コラボレーションを通じてつくられた生成の系譜学である。

[アイコン プロフィール]

松本良多は東京出身の建築家、社会学者、ニューメディア アーティスト。美術理論の最も重要なインフルエンサーとして知られ、キム・カスコーンとともにポストデジタル理論の名付け親である。プリマス大学トランスアート・インスティテュートの共同創立者として知られる。

目次

最新の10件

2022-09-13
  • ポストデジタル時代のニューロキャピタリズム
2009-06-08 2009-06-04 2009-06-02 2009-06-01

  • counter: 49
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

今日の7件

edit