AviUtlプラグイン一覧 / サイト別 / Program Creators' team “GroupTRON” Official Site


Program Creators' team "GroupTRON" Official Site

※ページ名に「"」が使えないため「“」「”」に置き換えています。

  1. サイトトップページ…http://www.grouptron.org/
  2. 配布ページ(「SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポートページ」、β版などがここで先行公開されることが多いので)…http://blog.goo.ne.jp/krmmk3/e/498961210ae9d674133c78b8b3550cb7
  • SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラム for AviUtl  作者/Lalf氏 / GroupTRON  配布サイト/Program Creators' team "GroupTRON" Official Site
    • アーカイブ内最終更新日/2010-07-01  Ver./0.09  アーカイブ(配布)ファイル名/se_h264enc_auo009.zip
      • 更新内容/(1)[修正]デバッグコードが残っていたのを修正。 (2)[修正]プログレッシブ時のYUY2→I420変換に誤りがあったのを修正。
    • 初期ファイル名/se_h264enc.auo  単体更新日/2010-07-01  AviUtl対応Ver./0.99g4以降?(動作確認/0.99i8)
    • メニュー内プラグイン名/SpursEngine H.264 Encoder  Ver./0.09  表示場所/プラグイン出力
    • VFR対応/×  出力フォーマット/H.264File(*.h264)
    • CPU高速化命令利用/SSE2  CPUマルチスレッド高速化利用/○  GPU利用/SpursEngine【必須】
    • 必須ファイル等/【同梱】spade.dll  「Plugins」フォルダ内動作/△(spade.dllはaviutl.exeと同フォルダに必要)
    • ソース公開/×  取説同梱/readme.txt  解説ページ/?
    • 制限/【同梱txtより】『・音声やコンテナの出力は対応しません。 ・キーフレーム設定をした場合、そこをIDRフレームに設定します。キーフレームを設定した場合にPowerDVDで再生できることは確認しましたが、正しいストリームが出力される保証はありません。 ・キーフレームの間隔は4フレーム以上空ける必要があります。4フレーム未満の場合は、4フレームになるようキーフレームを移動します。 ・量子化マトリクスのセーブ&ロードはJMフォーマット(H.264リファレンスやx264で使用)に対応しています。』
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/【配布ページより】『これはSpursEngine用のH.264エンコーダのAviUtlプラグインです。エレメンタリストリームのファイルのみ作成できます。』
      【同梱txtより】『SpursEngineを使ったAviUtl出力プラグイン形式のH.264エンコーダ(実験版)です。かなり機能が限定されます。』
       一時的にWin7&SpursEngine搭載の東芝PCでテストできたのだが、何が問題なのか分からない(入力動画? エンコード設定?)が、いろいろリセットすると稀にエンコードが完了するが、次に設定を変更して再度エンコードしようとして以降、0Byteのファイルしか出力されない現象に遭った。(上に『GPU利用/SpursEngine【必須】』と書いたが、SpursEngineをGPUと扱っていいのか不明。暫定的な記載。意見求む。)
  • SpursEngine MPEG2エンコーダ 実験プログラム for AviUtl  作者/Lalf氏 / GroupTRON  配布サイト/Program Creators' team "GroupTRON" Official Site
    • アーカイブ内最終更新日/2010-07-01  Ver./0.05  アーカイブ(配布)ファイル名/se_mpeg2enc_auo005.zip
      • 更新内容/[修正]プログレッシブ時のYUY2→I420変換に誤りがあったのを修正。
    • 初期ファイル名/se_mpeg2enc.auo  単体更新日/2010-07-01  AviUtl対応Ver./0.99g4以降?(動作確認/?)
    • メニュー内プラグイン名/SpursEngine MPEG2 Encoder  Ver./0.05  表示場所/プラグイン出力
    • VFR対応/×  出力フォーマット/mpv File(*.mpv)
    • CPU高速化命令利用/SSE2  CPUマルチスレッド高速化利用/○  GPU利用/SpursEngine【必須】
    • 必須ファイル等/【同梱】spade.dll  「Plugins」フォルダ内動作/△(spade.dllはaviutl.exeと同フォルダに必要)
    • ソース公開/×  取説同梱/readme.txt  解説ページ/?
    • 制限/【同梱txtより】『・音声やコンテナの出力は対応しません。 ・キーフレーム設定をした場合、そこをIフレームに設定します。正しいストリームが出力される保証はありません。 ・キーフレームの間隔は4フレーム以上空ける必要があります。4フレーム未満の場合は、4フレームになるようキーフレームを移動します。』
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/【配布ページより】『これはSpursEngine用のMPEG2エンコーダのAviUtlプラグインです。エレメンタリストリームのファイルのみ作成できます。』
      【同梱txtより】『SpursEngineを使ったAviUtl出力プラグイン形式のMPEG2エンコーダ(実験版)です。かなり機能が限定されます。』
       一時的にWin7&SpursEngine搭載の東芝PCでテストできたのだが、何が問題なのか分からない(入力動画? エンコード設定?)が、何度やってもエンコードを開始しようとするとエラーが発生してAviUtlごと終了してしまって正常にエンコードできなかった。(上に『GPU利用/SpursEngine【必須】』と書いたが、SpursEngineをGPUと扱っていいのか不明。暫定的な記載。意見求む。)

メニュー

AviUtlプラグイン

AviUtlマニュアル

更新履歴

最新の30件

2020-02-23 2019-12-24 2017-04-27 2011-01-12 2010-12-16 2016-09-04 2010-12-16 2016-07-01 2011-01-12 2010-12-16 2011-01-22 2011-01-12
  • AviUtlプラグイン一覧/サイト別/Program Creators' team “GroupTRON” Official Site
2010-12-27 2016-11-27 2016-09-04 2015-12-24 2014-07-25 2014-07-20 2014-07-18 2014-07-14 2014-03-26 2014-03-09 2014-02-17 2014-02-15 2013-08-24 2013-07-08 2013-02-28

  • counter: 3100
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1