lerp()


数値計算・文字列・日付/時間

lerp

指定の2値を線形補間した値を返します

構文

lerp(a, b, amt)
a
最初の値
b
2つめの値
amt
補間係数

戻り値

Real.
補間した値

説明

この関数は2値間を線形補間した値を返します。例えば、

lerp(0, 10, 0.5)

このような記述をすると、2点の中間である「5」を返します。補間係数には浮動小数のみならず、正・負の整数を指定することが可能で、以下の様な記述は

lerp(0, 10, 2)

20を返します

xx = lerp(x, x + hspeed, room_speed); yy = lerp(y, y + vspeed, room_speed);

上記コードは、インスタンスがゲーム開始呉に移動するであろう場所を予測するために、線形補間関数を使用します

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-11-16 2019-11-14 2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 2804
今日の訪問者: 3
昨日の訪問者: 2
閲覧者: 3