get_sb_bdev


term

get_sb_bdev


get_sb_bdevはon-diskなファイルシステムをマウントするときに使用しまつ。
ファイルシステムのマウント時には大きく3種類に分けられ、それぞれの用途に
応じたファイルシステムのマウント/アンマウントをするためにするべき処理が
異なります。

関数名用途
get_sb_bdev記憶領域として、ブロックデバイスを持っている(on-disk)ファイルシステム
get_sb_singlePIPEやSOCKET等の特殊な用途で使用される
get_sb_nodev記憶領域としてブロックデバイスを持たない(non-disk)ファイルシステム

マウントでget_sb_bdevを使用した場合は、アンマウント時にkill_block_superを
使用する必要があります。

関数名用途
kill_block_super記憶領域として、ブロックデバイスを持っているファイルシステム(mountの時、kill_block_superを用いること)
kill_anon_superPIPEやSOCKET等の特殊な用途で使用される(mountの時、kill_anon_superを用いること)
kill_litter_super記憶領域としてデバイスを持たないファイルシステム(mountの時、get_sb_nodevを用いること)

詳解ファイルシステム(20051012)

最新の20件

2006-12-20 2005-11-17 2005-11-09 2005-10-28 2005-10-24 2005-10-13

  • counter: 1649
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1