Javaの使い方


Javaの使い方

  • 携帯電話を持っていれば大抵だれでも使っている。
    • だが最近ではBREWしか載っていない携帯電話も現れるほか、Java非搭載機種も 登場しているので携帯電話をもっているだけでJavaやっているとは一概にはいえなくなってきている。
  • ウェブでは拡張子がjspとなっているファイルにアクセスしただけで、大抵Javaを使っていることになるだろう。拡張子がjspでなくとも、Servletのようにパッケージ名 + .(ドット) + クラス名がそのままURLのディレクトリに表示されるものもあり、それを クリックしただけであなたは知らない間にJavaを使っているといえるかもしれない。
  • Windowsでは、拡張子がjarになっているファイルをダブルクリックするだけでほとんどのJavaプログラムを実行できる。
  • コマンドプロンプトで拡張子がクラスになっているファイルに対して
    java クラス名
    とするだけで実行できる。
  • もしあなたのマシンにJavaWebStartがインストールされているので有れば、 拡張子が.jnlpのファイルをクリックするだけで簡単にJavaを実行できる。

Javaプログラミングの始め方については Javaでプログラムを始めるためには、まず何をすればいいの?を参照