pullup[=jl:jr:jt:jb:sb:mp]

第三世代のプルダウンリバーサル(逆テレシネ)フィルタ。 ハードテレシネ、24000/1001 fps プログレッシブ、30000/1001 fps プログレッシブの混在素材を扱える。 pullupフィルタは、決断方式に将来予測を取り入れる事で、ivtcよりも強力なものを目指して作られた。 特定のパターンに固執しないと言う意味では、pullupはivtc?同様にstate-lessだ。違いは、フィールドマッチを見つけてプログレッシブフレームを再生するために、後続フィールドを先読みする事。 まだ開発途上だが、極めて正確とされている。

jl、jr、 jt、jbは、左右上下それぞれの "junk" 、映像の無視される部分を指定する。左右は8ピクセル単位、上下は 2 ライン単位。 デフォルト値は左右が8ピクセル。

sb (strict breaks)を1にするとpullupが偶発的にミスマッチフレームを生成する確率が下がる。ただし、動きの速いシーンで必要以上にフレームドロップする確率も上がる。 逆に、-1にすると、pullupはよりシンプルにフィールドをマッチする。これはフィールド間に僅かなぶれがある映像に効果がある。しかし出力にインターレースが残り得る。

mp (metric plane)を1か2にすると、pullupの算出に輝度情報の代わりに彩度情報を使う。これは非常にクリーンな素材では正確さが高まるが、特に彩度ノイズ(レインボーエフェクト)がある素材や、全てのグレイスケール素材では、正確でなくなる傾向がある。 mpを彩度情報にする目的は、主としてCPU負荷を減らし、低速マシンでもpullupを実用的にする事にある。

NOTE: エンコードでは、pullupの後には必ずsoftskipフィルタを置く事。でないとpullupは全てのフレームを見る事ができない。 しくじると出力映像が不正確になり、通常はクラッシュする。これはcodec/filterレイヤの構造上の限界によるものだ。

原文

Third-generation pulldown reversal (inverse telecine) filter, capable of handling mixed hard-telecine, 24000/1001 fps progressive, and 30000/1001 fps progressive content. The pullup filter is designed to be much more robust than detc or ivtc, by taking advantage of future context in making its decisions. Like ivtc, pullup is state- less in the sense that it does not lock onto a pat- tern to follow, but it instead looks forward to the following fields in order to identify matches and rebuild progressive frames. It is still under de- velopment, but believed to be quite accurate.

The jl, jr, jt, and jb options set the amount of "junk" to ignore at the left, right, top, and bottom of the image, respectively. Left/right are in units of 8 pixels, while top/bottom are in units of 2 lines. The default is 8 pixels on each side.

Set- ting the sb (strict breaks) option to 1 will reduce the chances of pullup generating an occasional mis- matched frame, but it may also cause an excessive number of frames to be dropped during high motion sequences. Conversely, setting it to -1 will make pullup match fields more easily. This may help processing of video where there is slight blurring between the fields, but may also cause there to be interlaced frames in the output.

The mp (metric plane) option may be set to 1 or 2 to use a chroma plane instead of the luma plane for doing pullup's computations. This may improve accuracy on very clean source material, but more likely will de- crease accuracy, especially if there is chroma noise (rainbow effect) or any grayscale video. The main purpose of setting mp to a chroma plane is to reduce CPU load and make pullup usable in realtime on slow machines.

NOTE: Always follow pullup with the softskip filter when encoding to ensure that pullup is able to see each frame. Failure to do so will lead to incor- rect output and will usually crash, due to design limitations in the codec/filter layer






FrontPage
MPlayer
Manuals
Documents
カテゴリ

■GENERAL
MEMO
LINK
雑談所
最近の更新
popular

■Other Tools
ffmpeg
mkvmerge
mp4box
MPEG Streamclip
QTCoffee
x264cli

■About
About Wiki

edit


blog


本日1
昨日0
累積7025