用語集


用語集

用語(区分) 区分=記載無:一般的にも通用するもの 区分=ゲハ:ゲハ板に限定的なもの。

遅延

液晶テレビが映像機器から受け取った信号をすぐには表示せず、少し遅れて表示してしまう現象のこと。PC用の液晶モニター、プラズマテレビや一部のHDブラウン管テレビでも発生する。テレビ視聴やDVD鑑賞などでは問題ないが、アクションゲームで遅延があまりにも大きいと、ゲームにならなくなる。応答速度とは別の現象。

game.PNG

遅延値の単位(ゲハ)

1フレ=1/60秒=16.66…msec フレはフレームの略。日本のテレビ(NTSC)が1秒間に約60フレーム書き換えている事から。尚、ゲーム側が60fpsかどうかとは無関係。同様に倍速液晶(120Hz)、四倍速液晶(240Hz)でも関係なく、1フレ=1/60秒である。

遅延値の定義(ゲハ)

ブラウン管が中央を表示してから、液晶が中央を表示するまでの時間。これは遅延計測ソフトを使って写真を沢山撮ると、その平均値がこの値に収束する為。リフレッシュレート=60Hz、書き換え時間=約1/60秒のブラウン管と液晶モニターの場合は、開始から開始、終了から終了までの時間とほぼ同じ値になる。メーカーの問い合わせとは異なる可能性があるので注意が必要。

遅延の原因

1.構造上の原因 ブラウン管はある意味アナログ的(画素の境界が曖昧)なので、異なる解像度の映像信号でもそのまま遅延無く電子銃に送って表示できる。一方液晶はデジタル的(画素の境界がきっちり決まっている)なので、一画面分の映像信号を溜め込んでスケーリングしてから表示している。アナログ接続の場合、その映像信号はブラウン管と同期していて、転送に1フレーム分の時間を要する。したがってブラウン管より1フレーム分の遅延が発生する。ノートPC、DVIやHDMI等デジタル接続の場合の映像信号は、画面と同期をとる必要がないので転送時間が1フレーム未満となりうる。またゲハ的遅延値の定義(中央〜中央)においては倍速液晶等、60Hzを超えるリフレッシュレートの液晶の場合は、液晶の書き換えが早く済むのでアナログ接続の場合でも遅延値が1フレーム未満となりうる。
2.高画質化 液晶テレビの殆どは映像をより綺麗にする為、いくつかの高画質化回路を通してから表示しており、これを原因とする遅延が発生している。これはHDブラウン管でも発生しうる。
3.残像低減 近年、残像を低減する為に中間フレーム挿入(いわゆる倍速)を行う液晶テレビが増えている。しかしこれは映像信号を1フレーム分余計にバッファしなければならず、これも遅延の一因になっている。

1.はどうしても避けられない遅延であるが、2.および3.はテレビ側の設定である程度回避する事ができる。2.はゲームモードと称してまとめてオフにできる機種が多い。3.は倍速機能をオフにすることで遅延を減少する事が可能。


応答速度

液晶の1画素が元の色から目的の色に書き換わるのに要する時間。黒→白→黒や、グレー→グレー(中間諧調、GtG)などがある。遅延とは別の現象。メーカーにより計測方法がまちまちで、あまり当てにならない。この時間が長いと残像が酷くなるが、仮に0msecで書き換えたとしても、液晶ディスプレイの特性(ホールド型)により、人間の目は残像を感じてしまう。

遅延と応答速度の違い

遅延と応答速度(黒白黒)の違いを例を用いて説明する。縦軸は液晶の1画素(ゲハ的には画面中央。以下同様)の色を表し、0=黒で1=白とする。横軸は時間で単位はフレ(1/60秒)とする。時刻0以前で液晶もブラウン管も黒を表示していて、時刻0でブラウン管の1画素が白を表示し、時刻1で黒を表示したとする。このとき液晶が時刻1.5で1画素の色が変化を始め、その0.3フレ後に完全に白になったとする。そして時刻2.5で再び変化を始め、その0.2フレ後に完全に黒になったとする。このときこの液晶の遅延とはブラウン管が表示してから液晶が変化を始めるまでの時間*1、すなわち1.5フレ=25msecとなり、この液晶の応答速度は輝度10%から輝度90%になるのに要する時間と、輝度90%から輝度10%になるのに要する時間の合計、すなわち0.24+0.16=0.4フレ=6.66…msecとなる。

delay4.png

画面の書き換え時間

ディスプレイが一画面を書き換えるのに要する時間。リフレッシュレートが60Hzのディスプレイは約1/60秒となる。PC用ブラウン管の場合は走査線が一番下から一番上に戻る時間、いわゆるブランク時間が必要な為1/60秒より少し(約5%)短くなる。家庭用ブラウン管の場合はオーバースキャンがある為更に約10%程短くなる(合計約15%)。液晶モニターの場合、全画面を同時に書き換えると勘違いしている人が多いが、ブラウン管同様約1/60秒かけて書き換えている。しかし近年の倍速液晶、四倍速液晶はそれぞれ約1/120秒、約1/240秒で書き換えている。

TOP
遅延値
過去のテンプレ
用語集
リンク

edit

ヘルプ
練習
表組み練習
ルール

最新の10件

2010-04-15 2010-02-03 2009-03-05 2009-03-03 2009-03-02 2009-02-25

今日の8件

  • counter: 9027
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1


*1 実際の計測では薄っすら表示を始めるまで