剣をつぐもの


著者:北沢慶(1巻 H21.05.25、2巻 H21.08.25、3巻 H21.11.25、4巻 H22.03.25)

舞台:ダーレスブルク公国

アレク・ダーニカ?:人間/14歳/魔動機師(1巻P019)、1巻データ(1巻P334)
リリアンナ・オレスティ?:人間//神官戦士(ザイア)(1巻P035)、1巻データ(1巻P335)
ヴラド・ディス・ディアーノ?:タビット/8歳/(1巻P023)、1巻データ(1巻P336)
ダリウス・ガノッサ?:(1巻P033) / アルフォンソ・フローレンス:フローレンス公爵家の長男で、リリアンナの婚約者。(1巻P167)38歳。(1巻P168)、1巻データ(1巻P337)

ボグズ:蛮族のリーダー(1巻P191)で、ロスハイム伯爵に化け(1巻P223)、"蛮王の剣"の入手を試みた(1巻P294)。邪神ソーンダークを信仰する(1巻P238)。族長級のミノタウロス(1巻P298)。
ルーンフォルクの少女?:ボグズに弄ばれていたルーンフォルクの少女。(1巻P191)、マグダレーナ・イエイツの暗殺を試み(1巻P220)、ダリウスと戦って倒されるも、アレクに助けられる。(1巻P245)

サーシャ・ダーニカ?:アレクの母親。(1巻P020)、元冒険者だった。(1巻P267)
シューリガン:リルドラケン。LEFT:left<孤独な翼竜亭>の店主(1巻P028)。
亡霊の剣士 (1巻P082)
マグダレーナ・イエイツ:オトフリートのひとり娘。ダーレスブルグ第四軍を指揮し、第五位の王位継承権を持つ。"姫将軍"(1巻P130)。パーティに参加し、暗殺されそうになる(1巻P207)。ダリウスの知人(1巻P257)。 / ロスハイム伯爵:マグダレーナに挨拶をしていた貴族。(1巻P130)、パーティの主催者。(1巻P209)

"見つける者"(1巻P096)

ハウル・バルクマン:カシュカーンの守備隊長。(1巻P131)パーティで不在のマグダレーナに代わり、カシュカーンの防衛に努めた。(1巻P251) / クレスト司祭: / オレスティ子爵:リリアンナの父。(1巻P143) / カーカブルムの悲劇:充填儀式の失敗でカーカブルムが滅んだ事件。アレクとリリアンナが遭遇した。(1巻P164) / 遠征武官:ザイヤゆかりの地を巡って、鎮魂の儀式をして回る神官戦士。(1巻P170) / クレスト司祭:パーティの参加者。(1巻P217) / 公王アルフレート契ぁ複唄P279) / 蛮王の剣:ダーレスブルグの城の地下中枢に宝剣ファランダレスで封印されていた。(1巻P295) / アレクが入手した(1巻P304)。

/ ゼッツ:<孤独な翼竜亭>の冒険者。(1巻P036) / オトフリート・イエイツ将軍:ダーレスブルグの将軍。(1巻P047) / ハンス・マイヤー:ザイアの神官。20歳くらい。リリアンナの助手。(1巻P049) / 



ダーニカよろず魔動機店:ダーレスブルクの下町の屑魔動機屋。(1巻P022) / <孤独な翼竜亭(ロンリードラゴン)>:冒険者の店(1巻P028) / イエイツ将軍の凱旋祭(1巻P024) / 蛮族探知機ピヨピヨくん(1巻P028) /守りの剣(つるぎ)(1巻P054):蛮族の侵入を阻む結界を生み出す、魔法の剣。(1巻P053) / カシュカーン:ダーレスブルグの開拓地。マグダレーナたちがいた。 / ファランダレス:城の地下中枢部に納められているダーレスブルグの宝剣。ダーレスブルグ最古最大の"守りの剣"。(1巻P280)