フォーティナイナー系


系統確立

史実馬のみだとやや難しい(-07年)

系統確立させればSP系。
世界中で飽和状態になるミスプロ系から分岐させておくと、史実期間終了後の海外生産を始めたときに便利。
07以降はカードでフォーティナイナーを所有することが可能。これにより繁殖の前倒しができます。
所有しない場合はアメリカで95年まで繁殖生活を送る。
その間に架空種牡馬や繁殖牝馬を輩出し、アメリカで独自に発展してくれる可能性も高いので、
輸入されるまで待っても良く、プレイ状況に併せた幅広い対応が出来ます。

米国産駒のフォローで観戦を行っても良いですが
ミスプロ系の他の系統(アンブライドルド、シーキングザゴールド、キングマンボ等)
確立を並行して行っている場合は、そちらの成績の底上げを優先しましょう。

前倒しで所有して初年度からガンガンG気鮠,燭擦燭蠅靴覆じ造蝓確立時期はSS没後になります。
また、08では引退年が07年まで延びたので、必ずしもフォーティナイナー自体を所有しなくても確立させることが十分可能。
しかし、夭折するエンドスウィープ、コロナドズクエストの所有は必須です。

有力史実馬

  • End Sweep(91年)
    • サウスヴィグラス(96年銅札)
    • Swept Overboard(97年)
    • Precise End(97年)
      • シャレーストーン(06年札無)
    • アグネスウイング(00年赤札)
    • フォーカルポイント(01年赤札)
    • アドマイヤムーン(03年金札)
  • Twining(91年)
    • フサイチアソート(05年札無し)
  • Rich Man's Gold(92年)
    • Lido Palace(97年)
      • Vineyard Haven(06年)
  • Editor's Note(93年)
  • Distorted Humor(93年)
    • Funny Cide(00年、セン馬だが海外馬カードで所有可)
    • Flower Alley(02年)
    • Any Given Saturday(02年)
  • Jules(94年)
    • Peace Rules(00年)
  • Coronado's Quest(95年)
  • ビワシンセイキ(98年銅札)
  • テイエムサウスポー(98年赤札)
  • マイネルセレクト(99年銅札)
  • クーリンガー(99年赤札)
  • シャドウスケイプ(99年赤札)
  • キネティクス(99年赤札)
  • ユートピア(00年銀札)
  • アドマイヤホープ(01年赤札)
  • アテスト(03年赤札)

有力牝馬

  • Nine Keys(90年)
  • Society Selection(01年父コロナドズクエスト)
  • スイープトウショウ(01年銀札父エンドスウィープ)
  • ラインクラフト(02年銀札父エンドスウィープ)

数は多いものの、ダート馬が多い上にやや小粒な馬ばかりなので、積極的に種付けして強い馬を生産しましょう。
数あるミスプロ種牡馬の中では爆発力は低めだが、配合評価は安定している。なんとか芝路線の後継馬を作ろう。
母の適性がダートだと小粒なダート馬を量産しかねないので、できれば芝馬を付けましょう。

史実後継種牡馬は優秀な馬が多いが、特にエンドスウィープは超大物を輩出するので、
所有してエンドスウィープ系の確立も目指してみよう。


関連WIKI