テンプレ置き場


テンプレ置き場

一本300円のホワイトバンド『ほっとけない 世界のまずしさ』を名目に募金を募っているが
蓋を開けてみると1円も貧困の子供の為に使われる事が無い募金詐欺

売上のうち原価、流通費等を除いた分が約28円残して貧困問題の活動費に当てられるとの事だが
活動とは現地での支援活動をする訳でも、貧困の国への寄付でも無く
複数のNPO(あのピースボートも含む)の活動費になります
残った28円の資金管理方法及び運営母体も決まってません

つまり、14円が消費税…
約57円が広告費、事務局の運営費
残りの約200円は、生産国中国と流通費に当てられます

発売後1ヶ月余りで140万個が出荷され、4億2千万の売り上げを上げたが
2億8千万余りが中国と流通業者
8千万余りが事務局に流れた事になる

ttp://www.imgup.org/file/iup78824.jpg
ttp://hottokenai.jp/index.html
ttp://hottokenai.jp/white/300yen.pdf

まとめwiki(編集出来る方協力お願いします) 
http://www.wikihouse.com/whiteband/
■こんな奴が事務局長じゃな■
※年俸2500万円で事務局長を公募するNPOがあってもいいと思う※
今田克司さん / NPOマネージャー
いまたかつじ 1962年、新潟県生まれ
http://www.carinavi.org/career/79/article.jsp?page=3
■日経に記載されたコメント■
Q:「(ホワイトバンドの)代金は実費と団体運営費に消え、募金に回らない」
A:これに対しての団体のコメント
本日(8/26/05)、日本経済新聞1面の「ネットと文明:自己主張の世紀」
の記事のな かで、ホワイトバンドに関する記述に関し
複数お問い合わせをいただいておりますので、事実関係をご説明します。
記事のなかでは、「(ホワイトバンドの)代金は実費と団体運営費に消え
募金に回らないが…」と記載されています。 
確かに、「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン
および世界の貧困をなくそうというシンボルであるホワイトバンド運動は
これまでの「募金」キャンペーンとは一線を画すものです。 
このキャンペーンは、善意によってなされる寄付や募金の価値を認めつつ
それだけでは世界の貧困はなくならないという教訓から出発しています。 
世界の貧困には、それを生み出す世界の構造の問題があり
それを変えることなくしては、いくら善意の寄付を積み上げても
貧困を生み出す速度には追いつけないのです。 
「ほっとけない」と連動している世界各国のキャンペーンでは、それゆえに
「チャリティーではなくジャスティス(正義)を」
「あなたのお金でなく声をくださいという共通のスローガンを掲げています
http://hottokenai.jp/blog/archives/001_campaign_news/000575.html

メニュー

ページ編集

  • counter: 5053
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1