ハーマンミラー


ハーマンミラー(HermanMiller

アーロンチェア

aeron01.jpeg

1994年にウィルクハーンのモダスとともに登場した、現代ワーキングチェアの原点となるイス。当時としては大変画期的だったその機能と意匠は、現代においてもさほど色褪せてはいない。

アーロンの機能や意匠の長所は多く語られているので、以下、顕在化してきた短所を中心に論ずる。そのため若干辛口の文章となるがご容赦願いたい。

メッシュチェアの一般的な特徴として、熱がこもらずに非常に快適、体圧の分布が理想的、といった長所とともに、メッシュ周囲のフレームが体に接触する、という短所がある。アーロンのデザインを見ると、その短所を充分に考慮して作られたことがわかる。それでも、一部の人には背面フレームの水平部分が体に接触する感覚が強く感じられると思う。これはアーロンに充分なサイズ調整機能が備わらないために発生するもの。アメリカ人の一般的な体型が基本にされている為、胴長短足の人においては、座面長が長く膝裏が圧迫され、背もたれ高さが不足しフレームが肩甲骨に当たる傾向がある。ハーマンミラーは次期作のミラチェアで、まず「フレームレスの背もたれを作れないか」と要求したという(ミラチェアカタログより)。さしものアーロンも、万人に合致するメッシュ+フレーム式の背もたれを実現することはできなかった、とも取れる。
体型がしっかり合致するならこのような問題は起こりにくいが、体型が合わない場合もあり得る。そのため購入を検討する際には是非試座をお勧めしたい。

ランバーサポートパッドは強度不足で破損する事が多く、中古品で購入した場合には出費がかさむ事を覚悟しなくてはならない。新品購入の場合には保証が効くので無料。ポスチャーフィットはランバーサポートに代わるもので、固定式ランバーサポートの機能を備えつつ、その下の骨盤部サポート強さをダイヤルによって調整できる。骨盤部の支持を緩めにすれば、相対的にランバーサポートを強めるのと同じ効果が得られる。残念ながら単品では正規輸入されていないが、個人輸入で購入しランバーサポートと交換することは可能(加工が必要)。
かつてはアームレストがダイヤル式でうまく固定できず、使用しているうちに下がっていくという欠陥があったが、現在ではレバー操作式となりこの欠点は解消されている。
アーロンチェアには機能が限定された廉価なスタンダード版が存在するが、リクライニング範囲固定機能やアームレスト調整機能が省かれているなど実用性に欠ける。たとえば予算の都合でスタンダード版を選択するという事なら、アーロンにこだわるべきではない。アーロンしかなかった当時はともかく、現在ではもっと安価なイスでも機能的に充分なものがたくさんある。
組立国は韓国、中国のものがあるが米国製と有意の差はない(韓国製のほうが細かなバリやシミが少ないとされる)。



メッシュ地:クラシック、タキシード、ウェーブの三種。タキシード、ウェーブは従来のメッシュより糸の本数を増やし、体への追従性を上げた新しいメッシュ地。
メッシュカラー:かつてはガーネット(赤)、トルマリン(緑)、コバルト(青)、アメジスト(紫)といった有彩色が選択できたが、現在では無彩色が中心。フレームカラーと生地により制約がある。
フレームカラー:従来からのグラファイト(黒)のほか、アルミポリッシュとチタニウムが選択可能。アルミポリッシュには吸湿性のある革製肘掛が組み合わされる。
サイズ:A(小)・B(中)・C(大)の三種。座面背面で違うサイズの選択はできない。


180cm 85kg(胴長短足) による追記
一応3サイズ選べることになってはいるが、その基準となる体格が足の長い人に合わせてあるために、足の短い人間にはどうしてもフィットしにくい。具体的には、座面がBサイズでちょうどいいのに背もたれはBサイズでは小さく上側のフレームが肩甲骨に当たる、ということが起こりうる。ランバーサポートは面積が小さく、局部的に押される感覚が強い。調整も、強・弱・なしの三択で着座時に調整できないなど設計の古さは否めない。ポスチャーフィットはそのあたりが改善されているが、ランバーサポートの調整が出来なくなったので痛し痒し。古くなると座面が右前・左後ろに斜めにがたつくのも気になる。

148cm 38kgの所見
Aサイズに試座しました。座面奥行き調節が出来ないのは致命的で、座面先端が膝裏に当たるため深く腰掛けるのが困難でした。背もたれのフィット感は良いだけに惜しまれます。座面と背もたれのリクライニング軸を人間の股関節と合わせるために、座面の左右がめくれ上がったような形状になっており、胡坐をかいたりするのは小柄な人でも難しそう。リクライニング硬さ調整ノブは軽いですが、コンテッサなら1クリックのところを10回転しなければならないような感覚。総じて、欠点を知った上で、そのデザイン性と、モダスと共にこの分野での先駆者であるというところに価値を見出せるかどうかが思案のしどころと思います。

175cm 69kgの試座感想 09/01/13
おそらく座面の広さや傾斜が自分にフィットしたためと思いますが、まず腰を下ろしたときの感触が良いと感じました。しかしヘッドレストの無いことが何よりも残念です。


ミラチェア

milla.jpg

アーロンチェアの欠点を改善し、ワーキングチェアの新基準と成るべくデザインされた椅子。サイズは1規格で、カラーバリエーションが豊富。1サイズとなったため、アーロンフル装備と比べて座面長調節、肘掛幅調節、無段階ランバーサポート調節が追加された。座面はメッシュで、前端を下に折り曲げることで座面長を調整できる。背もたれはポリプロピレンによる一体成型で、多数開けられた穴により部分部分の柔らかさが調整されている。背もたれ下部には骨盤を支持するための突起があり、ポスチャーフィットとして機能する。本国には背もたれファブリック仕様が存在するが、日本市場には導入されていない。リクライニングは前傾側に1段、後傾側に3段のストッパーがあり、その範囲で自由にリクライニングする。前傾時にストッパーを一番前にすると、前傾体勢で固定される。前傾ストッパーを一段、後傾ストッパーを二段目にすると水平状態で固定。後傾ストッパー三段目またはストッパー解除時は、後傾状態での固定ができない(セラチェアも共通)。座面高は38cmまで低くでき、これは国産・輸入品を含めてみても最低の部類で特筆に価する。
2004年 米国 IDEA 銀賞受賞(ちなみに金賞はオカムラのコンテッサ)


アーロンを基準にすると、やはり背の大きさが良い点。背は一見硬そうに見えるが、柔軟にしなる感じで、肩の辺りまでカバーしてくれるので、肩こりの緩和などに効果がありそうな印象。アーロンと違いフレームがないので肩胛骨に当たり違和感を感じることもない。機構はアーロンフル装備よりはシンプルかもしれない。前傾にも対応しており、アーロンと比較するとコストパフォーマンスは高い印象だが、それなりだ、とも感じられたので一長一短ありという感じ。リクライニング範囲(の固定?)が3段階しかないのが残念なところ。また、座面が小さめに感じられた。
記入者:175cm 80kg 胴長短足

180cm 85kg(胴長短足) による追記
ポリプロピレン一体成型の背もたれは充分な柔軟性を持っており、ランバーサポートの調整範囲も大きいし局部的に押される感じも無い。程よく横方向に捩れるようになっており、背もたれの幅は広いが上体の自由度は高い。座面は伸長するとアーロンCサイズ並みの大きさがある。前端折り畳み機構のカバーのためかメッシュ下に大きなスポンジがあり、これが人によっては違和感の元になる模様。このスポンジはミラの弱点のひとつで、使用しているうちに切れてくる(保証交換が可能)。裏技だが13丱椒襯2本を外すだけで背もたれが分離でき、躯体の大きさの割りに輸送は容易。T40トルクスボルト2本で座面と肘掛も外れるので清掃も楽。(いずれも保証外のため自己責任で。)


座面高さが38cmと、低めに設定できるところは大きな長所。また、座面長調整によって前端のエッジ部が折り畳まれるため、膝裏に当たってもさほど苦になりません。ただ、折り畳みに大きな力が要るので大変。脚部分は金属に直接塗装されており、はだしで足を乗せると冷たさを感じます。座面メッシュの下のスポンジのおかげで深く腰掛けることができ、うまくお尻がはまり込む感覚もあって長時間座っても苦にはなりません。色の組み合わせが豊富なことも含めて、大変魅力的に感じられました。


セラチェア

celle02.jpeg

ミラチェアに極めて近い位置にある椅子。華やかな意匠のミラチェアに較べていくらか控えめなデザインで、メッシュやウレタンを全廃することでコストの低減とリサイクル率の向上を図った設計。機械としての品質はミラチェアと同等。調整機構はアーロンフル装備よりも多く、ミラチェアと同等。具体的には1サイズでの対応のために、ミラチェアと同じくアームレストの幅調整と座面奥行き調整、ランバーサポート高さ、深さの無段階調整が追加される。ポスチャーフィット機能は固定式(これもミラチェアと同じ)。セルラーサスペンションと呼ばれるグリル状の背もたれと座面はぞれぞれポリプロピレンで一体成型されており、硬度を場所ごとに細かく変えストロークを確保するなど、注意深く設計されている。反面、素材表面の硬さやプラスチック感から来る第一印象により、安物と判断される傾向も。T40トルクスボルト4本で背もたれを引き抜くことが可能だが、コツが必要。なお、ハーマンミラーの重役椅子であるフォレイチェアはこのセラチェアをベースにしている模様。


180cm 85kg(胴長短足) による追記
腰椎のサポートだけでなく胸椎部分も適切な形状になっており、肩まで心地よくサポートされる。件のセルラーサスペンションは体重の重い者にとっては程よくしなり、座りはじめに硬さを感じるが時間と共になじみ、体のどこも痛くならない不思議な硬さ。背もたれは捩れないようになっており、ミラのように居眠りすると横にずり落ちる、ということも無い。高品位なヘッドレストが欲しくなる。座面は硬いが、必要な変形量や耐圧分布の平均化は確保されており、どうしても硬さが気になるのなら、座面ファブリック付を選択するか、自動車用品店などに売っている薄手のクッションを敷くかするだけで事足りる。布やメッシュを使用していないために、風呂上りにそのまま座れる。汚れれば拭けばいいし、タバコを吸う人が灰を落としても落胆度は少ないと思う。個体によってはアームレストから低級なキシミ音がした。外観上のチープさは隠しようがないが、これはこれで味というものか。

148cm 38kgの所見
何より最低地上高が高いのが欠点で、本国ではもっと低い仕様もあるのになぜ高いものしか輸入されないのか理解に苦しむところです。座面は最高で55cmまで上がりますが、もはや何に使うのやら。座面長調整は充分な範囲があり、脚はプラスチックでカバーされ冷たさは感じずに済みます。小柄な人にとってはやはり座面、背面共に硬さを感じます。これはファブリック付ではいくらか緩和されます。座布団を置いてもいいのですが、ただでさえ高い座面が余計に高くなるのが問題。寒い冬には不評で、蒸し暑い夏には好評になる不思議な椅子です。

さらに追記
座面高さについては、このセラ位のものがコンテッサ、バロンなどの国産も含めて一般的なようです。アーロンもBサイズだとこのくらいの高さとのこと。逆に、ミラチェアが異例に座面を低くできる、と表現した方が正しいようです。