健康


Top > 健康

健康

   関連ページ  - 国家公務員、 独立行政法人、 大学共同利用機関法人、 国立大学法人、 

   このページ  - 健康、 食事、 運動、 睡眠、 筋トレ、 リンク、 

     ●  NHK: ためしてガッテンのページ
        - つきたてに変身!パックもちで至福の正月を

健康

     キーワード: 食事、 

  1.寝ていて足がつる

ぐっすり寝入っているその時、突然足がつったり、こむら返りなったりして激痛に目がさめることがある。 体が重い、体調が悪いといった症状も増えがちな季節。 覚えがある時にはマグネシウム不足の疑いがある。

普段は意外に意識しない栄養素であるマグネシウム(Mg)は筋肉の働きを強く、元気に保つ。 同時に循環器系の健康を守り精神を安定させ、日ごろの食物から得たエネルギーを効率よく使う調整役としての働きもある。

カルシウムと一緒にとることが大切で、割合はカルシウム2に対してマグネシウム1が理想的。 マグネシウムが少ないとカルシウムが増えすぎて筋肉の働きに支障をきたす。 血管壁の筋肉のけいれんが起きると、狭心症や心筋梗塞にもつながりかねない。 日ごろの食事で正確に測る必要はないが、骨を強化しようとサプリメントなどでカルシウムばかりとると、バランスが崩れる。

Jリーグのチームドクターは、選手にわかりやすい食事指導を心掛け、「マグカル」という言葉を作った。 カルシウムだけでなくマグネシウムが大切なこと、また同時に食べる重要性を伝えた。 マグネシウムの多い食物は豆腐、油揚げ、するめ、アサリ、ナッツ、ごま、胚芽(はいが)米や全粒粉のパンなどだ

カルシウムをとるには小魚類を頭からしっぽまで、丸ごと食べると効果的。 海藻類や牛乳にも多く含まれている。こうした食材を使うメニューが大事だが、簡単な方法では、食卓に置いた ”ごま” が活躍する。 ご飯やみそ汁、おかずなどにかけて食べればよい。

Jリーグの選手は足がつると本人がつらいだけでなく、チーム全体の士気にも影響する。 試合の4、5日前から食卓にすりゴマを準備して毎食大さじ4、5杯をかけて食べるように指導している。 同時に足の裏(足底筋)やふくらはぎなど伸びる筋肉をウォーミングアップ、ストレッチで柔らかくする。

日本各地でマラソンレースの季節がやってきた。 マグネシウムや鉄分の補給というプロの技をぜひ、上手にまねてほしい。

 - カルシウムと一緒にマグネシウムの補給をする。
 - 「筋肉のけいれんの原因は、体内のカルシウムとマグネシウムの不足。夜中に突然脚がつるのは、日ごろの疲労の蓄積が直接の原因。ほとんどが筋肉の過伸展を起こしている。」
 - 足がつった時の応急処置


  2.自律神経失調

 貧血を起こして起きられない時
  温かいお茶を一口飲むと体長が良くなる。 お湯でよい。


  3.パソコンを使用する際の注意事項

スクロール・アップ、スクロール・ダウンを繰りかえと目が疲労する。 この様な作業を続けると、めまいを起こして気分が
悪くなることがある。 これを避けるには、

● スクロール・アップ、スクロール・ダウンをする際には画面の右横のスライダーの上あるいは下の空いている部分
  をマウスで左クリックして、1画面を一瞬に動かす。 スライダーをつかんで上下にマウスでドラッグしたり、マウス
  のボールでズルズルと画面を上下させると目がまわって気分が悪くなることがあるので注意。
● スクロール中は画面を見ないで一瞬、目をそらす。 これは目の運動にもなってよい。
● 気分が悪くなったら外にでて遠くを眺めて気分転換する。
● 背筋を伸ばして、正しい姿勢で操作しないと疲れやすくなるし、目に負担がかかる。 とくにノートパソコンの場合
  には目の高さと画面の高さが異なるので注意。
● 画面が明るいと目を傷めるので少し暗いくらいの画面に設定するとよい。

長時間のテレビ、読書なども目の疲れを引き起こしてしまう。


  4.病院検索


  5.目玉の運動


  6.健康情報いろいろ


食事

     キーワード: 食事、 

  1.食事について

 ・ バランスよく食べること

    ・ ” まごわやさしい ” を意識して、毎日の食事を食べるのが良い。

        ’ ま ’ :  まめ類
        ’ ご ’ :  ゴマ
        ’ わ ’ :  わかめ、海藻類
        ’ や ’ :  やさい類
        ’ さ ’ :  さかな類
        ’ し ’ :  しいたけ、キノコ類
        ’ い ’ :  イモ類

食生活指針を具体的な行動に結び付けるものとして、食事の望ましい組み合わせやおおよその量をわかりやすくイラストで示したものが「食事バランスガイド」です。これまで、厚生労働省と農林水産省が共同で、「フードガイド(仮称)検討会」(座長:吉池信男 独立行政法人国立健康・栄養研究所研究企画・評価主幹)を設けて検討を進めてきたものです。

  - 食事バランスガイド


 ・ ミカンの白いスジについて

・ [質問] みかんの白い筋みかんの白い筋

みかんの皮をむくと、モヤモヤした白い筋のようなものがついていますよね 取る人も取らない人も半々だと思いますが・・・ 私はそれを取っていたときに『それは一番の栄養なんだよ!』と友人に言われました 栄養があるんですか?

・ [回答] 

栄養はあります、ビタミン、あの白い筋を通って身の方に栄養を送って成長しているのです、私も筋は取りません。白いスジはアルベドと云います。ビタミンPの一つでヘスペリジンが多く含まれスジには実の300倍含まれています。袋にも実も50倍含まれていて色々な効果があります。ミカンには30mg程度のビタミンCが含まれていますが吸収しても安定していないと意味がありません。ヘスペリジンはビタミンCを安定化させます。それによりビタミンCがビタミンEの抗酸化力を高めたり野菜類に含まれている非ヘム鉄の吸収を高めたりコラーゲンの生成に使われます。
ビタミンP・・・http://www7.plala.or.jp/vitamin/p/


  2.粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制

   7月10日14時24分配信 読売新聞

 カロリー摂取量を大幅に減らすと、がんや心疾患、糖尿病など加齢に伴う病気の発症を抑えられることが、アカゲザルを使った20年間の追跡調査で明らかになった。

 霊長類で、こうした効果が実証されたのは初めて。米ウィスコンシン大などのチームが、10日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 チームは、7歳から14歳の大人のアカゲザル(飼育下の平均寿命27歳)を30匹使って、1989年に研究を開始。94年には46匹を追加した。二つのグループに分け、片方のカロリー摂取量を30%減らし、血圧や心電図、ホルモン量などを測定。死んだ場合は、解剖で死因を詳しく調べた。

 カロリー制限しないグループでは、5匹が糖尿病を発症、11匹が予備軍と診断されたが、制限したグループでは兆候は見られなかった。がんと心疾患の発症も50%減少した。また、脳は加齢とともに、萎縮(いしゅく)することが知られているが、制限したグループでは、運動や記憶などをつかさどる部分の萎縮が少なかった。

 白沢卓二・順天堂大教授(加齢制御医学)の話「カロリー制限が、長寿や高齢者の認知機能維持にも役立つ可能性を示すもので、大変興味深い」


睡眠

     キーワード: 食事、 

  1.体内時計について

  体内時計をリセットするには :
  1. 毎朝、定刻に起きる。
  2. 光をあびる。
  3. 1時間以内に食事を摂る。
  4. 夜、遅く食べない。
  5. 2週間続ける。


  2.睡眠について

  睡眠について :
  ● 睡眠不足が続くと肥満になる
  ● 日本睡眠学会、睡眠に関する基礎知識
  ● suimin.net, 「睡眠障害対処12 の指針」
  ● 睡眠が記憶を強化する
  ● 睡眠・快眠・不眠症情報局


運動

     アイソメトリックスで首を鍛える。

首の運動:
● アイソメトリックスで首を鍛えましょう



筋トレ

     キーワード: 隠れ上向き症、 

  1.筋トレについて

 筋トレは、ゆっくりとした動作で行うと効果がある。


 1.首の筋トレ:
     キーワード: 隠れ上向き症、 

首の筋肉を鍛える。
首に軽いコリや痛みがある経験をお持ちの方は多いことでしょう。  しかし、油断してはいけません。  軽いコリが、激痛やしびれ、さらには寝たきりの原因になることがあるのです。
    http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2007q2/20070523.html


 2.腕を太くしたい:

元々三頭筋の方が大きいです。   オススメのトレーニングは”プッシュアップ(ナロー)”。   両手の親指が着くくらい幅を狭めた「腕立て伏せ」です。 肘を曲げたときに胸が手につくくらいの位置で少し止めて、上げます。   三頭筋の伸縮を意識してやるといいですよ。   あと、私が好きなのは”ツーアーム・バーベル・キックバック”です。


 3.プロテイン:

人が生きて(活動して)いくうえで当然エネルギーが必要になります。  そして、そのエネルギー源は2つあります。
   ・糖質→グリコーゲン
   ・脂質→脂肪酸
この2つです。   これら2つのエネルギー源が細胞の「ミトコンドリア」というところでエネルギーに変換される過程で体内にクエン酸が発生します。   で、体外からクエン酸を摂取すると、
   ・グリコーゲンがエネルギーに変換されるのを抑制
   ・脂肪酸がエネルギーに変換されるのを抑制
してしまうのです。   つまりエネルギーの産生を抑えてしまうのです。   健常な人が摂取しても「+」の効果は期待できません。   メディアやメーカーによる刷り込みって恐ろしいでしょ^^; 。


関連情報

     キーワード: 筋トレ、 

  1.ボディービル
     キーワード: ボディービル、 


  2.筋トレ
     キーワード: 筋トレ、 



 -----
Top へ戻る > このページの先頭 "健康"に戻る

メニュー

Top
心構え
大学生活
国家試験、採用試験
Study
Web Tips
健康
その他の情報
PukiWiki情報


最新の10件

2007-12-28 2009-10-12 2009-02-06 2006-05-25 2015-02-27 2012-04-21 2010-11-21 2010-11-07 2010-05-06

  • counter: 1015
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1