譜面作成者一覧 / しか@に〜さん


しか@に〜さん

概要

  • 2015/3/10の公式生放送で顔出し初登場。この公式生放送の時点で、以下の曲も含め、約20曲の譜面をつくっている。
    • 2016/9/14に公開のレッドVer.太鼓塾時点で40曲以上の譜面を、2016/11/17の公式ブログの時点で51譜面を作成している。
  • 初作成譜面はファミリーパーティー
  • 譜面スクロールスピードを変化させるギミックや、打数の少ない風船音符を取り入れた、視覚的にトリッキーな譜面を得意としている。
  • ムラサキ・ホワイト・レッドVer.段位道場・太鼓塾研究所 教授である。
    • キミドリVer.のみ職員だった。
  • コワモテな風貌だが極度の猫好き。太鼓塾にネコと杓子を大フィーチャーしたのも彼だとか。
  • 太鼓の達人の腕前としては、キミドリ〜レッドVer.の六段に合格していて、家庭用では☆×10の曲がノルマクリアできるレベルとのこと。
    • 公式生放送などで顔出しする際は、肩にネコと杓子のぬいぐるみを乗せて登場する。
    • ベンガルを飼うのが夢。
  • 昭和57年6月30日生まれで、エトウとは誕生日が1日しか違わない。
  • 北海道出身。
  • 余談だが、秋竜 〜Shiuryu〜の譜面・ギミックに関して、エトウから本当にちゃんと考えて作ってるのかと、ちょっときびしめに指摘を受けていた。
    • その指摘を受け、それからは自分の中の明確な指標を設けて譜面作成するようになったという。
    • 明確には記されていないが、こぼれ話の上にある攻略ポイントを鑑みるに「譜面の難易度は十分にあるのに高速HSまで加えたら多くの人がノルマクリアできなくなるじゃないか」的な指摘だったと思われる。
  • 2016/9/15の公式ブログにて、「「これぞしかに〜さん譜面ッ…!」と、数多のドンだーを唸らせるような自重することを自重した譜面に仕上げることを宣言しニャす(許される範疇で)」とコメントしたことがある。
    • 2016/11/17の公式ブログで上記の発言に補足が入り「自重することを自重した譜面にする」というのは、あくまで譜面分岐譜面ジャーという企画に対する所信表明だったとのこと。譜面ジャー単体としてはネタやギミックをぶちこむことよりも、むしろ「楽曲自体のプレイ層と、そのプレイ層が譜面に求めている難易度の一致」に重点を置いているようだ。
  • 2016年9月時点で、太鼓の達人のプレイ歴が約9年。
  • 2017年をもって、病気療養のため太鼓チームを離れた。
  • Twitter

作品一覧

未確定だが可能性のある作品

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 秋竜のアレは自重後のモノだったのか… -- 2019-09-18 (水) 21:41:13
  • 曲にないリズムを譜面に作りすぎてるという印象。言い方が悪くて申し訳ないがもともとあった譜面にクソアレンジしたみたいな感じ -- 2019-12-28 (土) 13:31:48
  • そのクソアレンジがハマってる譜面も多いんだけどね -- 2019-12-28 (土) 13:34:14
  • 例えば? -- 2019-12-28 (土) 17:56:01
  • ぼくはカグツチがすき! -- 2019-12-28 (土) 21:44:11
  • カグツチは忠実に音合わせしててもアレンジしてる感じはなくね? -- 2019-12-28 (土) 23:07:40
  • カグツチはそうじゃないほうの譜面。アレンジに関しては秋竜裏が顕著だと思う -- 2019-12-28 (土) 23:57:29
  • 音ゲ祭の譜面2つは完成度高いと思うけどなあ -- 2020-01-04 (土) 12:08:25
  • カグツチって結構ラスゴーとか縁で盛ってるけどなあ -- 2020-04-30 (木) 18:34:55
  • 悪い言い方すると尖ってるから好みも分かれるのも仕方ないと思うけど、結構クセになる譜面作るんだよな まともな譜面ばっかじゃなんだかんだつまらないしね -- 2020-07-04 (土) 19:18:58
コメント:

メニュー

収録曲リスト

作品別情報





ジャンル別(新基準)

ジャンル別(旧基準)

コース別難易度別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

その他

更新履歴

最新の25件

2020-08-07

今日の25件

  • counter: 27456
  • today: 7
  • yesterday: 4
  • online: 92