難易度表 / むずかしい / 第六天魔王


第六天魔王

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.10.8★×8966901040点+連打270点60点
真打998790点970点-

譜面構成・攻略

  • BPMは75?-300
    • 減速する箇所が3箇所存在する。
  • むずかしいコース最難関候補の1つ。
    • 物量、速度、求められる技術などあらゆる要素が他のむずかしい★×8と段違いであり、むずかしいコースとしては極めて過酷なものである。
  • BPM300という速さで8分、12分、16分が大量に襲いかかる。
    • 同BPMの幽玄ノ乱Infinite Rebellionよりハイレベルな技術力が必要だと言える。
      • 2曲の難所だった中盤の8分+16分(後者は12分も)が連続する発狂は消えた代わりに、ラスゴーに新たな難所が存在する。
      • また、前者にはなく、後者に少しあった12分が大幅に増加している。
    • 90小節の16分複合(●●)は、難しいコースに存在する16分複合の中で最も速い
      • この譜面が登場するまではドンカマ2000のBPM270の16分複合が最速だった。
    • 16分音符5連打も1回ある。
  • 前半は比較的易しめなので稼いでおきたいところ。
    • 16分や12分は少なく、密度も低め。
    • 35〜58小節の配置は8小節ごとの繰り返し。配色が徐々に変化していく。
  • 第4ゴーゴーからさらに難しくなる。
    • 前半は少なかったぷるぷるしんぷるを彷彿させる12分+8分の組み合わせや12分4連続が襲いかかる。
    • また、90小節には前述したBPM300の16分複合3連打(●●)が1カ所存在する。
    • 104〜107小節はふつうコースの8分13連打に16分3連打を1回加えたもの。
  • 116〜119小節の8分と6分がかなり見づらい。予め面と縁の数を確認しておくのが無難。意外なる落とし穴になるかもしれない。
  • 第5ゴーゴーは16分が存在しない代わりに延々と8分長複合を叩かされる。
    • 12分混ざりのものもあるが、縁は全て複合を入った手で入ることを頭に入れておこう。
    • Calculatorのラスゴーの8分と同速であるため、あちらをこなすことが出来れば十分稼ぎ地帯になるだろう。
    • また、こちらは面が多め。
  • ラスゴーがかなり強烈。次々と12分複合と8分単音の組み合わせが殺しにかかる。
    • ラス殺しと言えるため、ゲージがギリギリだとノルマ落ちの可能性があるため注意。
    • 単にクリア目的なら12分だけ叩くのも手。
    • このような配置は太鼓の達人でも珍しい。おにのTaiko Drum Monsterの10、65小節などが該当するが、この譜面ほど長いもの、速いものではない。
      • 半速で考えると、Heaven's RiderCYBERgenicALICE(いずれもおに)でお馴染みの発狂が複雑になって倍速がかかった、と見ていいだろう。
  • ラスト5打の叩き忘れに注意。
    • この地帯の16分音符5連打は≠MMより更に速く、難しいコースに存在する16分5連打の中で最も速い
  • ノーツ数は幽玄ノ乱Infinite Rebellionを上回り、むずかしいコース歴代2位である。
    • 平均密度は約7.22打/秒と、幽玄ノ乱の約7.35打/秒に次いでむずかしいコース歴代3位の高さである。
    • 平均密度はおに★×9上位〜★×10中位としては決して高い方ではないが慣れないスピードの中、密度の緩急の激しい総ノーツ数900台後半の譜面を叩くのは想像以上に体力を消耗する。おに★×10下位として見ても体力面でも決して甘い方ではない。
    • 特に10-155小節までの平均密度は約8.08打/秒。これは★×9トップクラスの体力譜面である闇の魔法少女(7.91打/秒)をも凌駕する高さである。
  • 以上のことから、むずかしいコースとしては完全に規格外の難易度で、おに★×10下位〜中位に匹敵する難易度である。
    • ★×10の中でもかなり高難易度の懐中庭園を持つ少女に匹敵すると言う声もある。むずかしい適正者はおろか、おに適正者でも★×9をある程度クリア出来ないのなら選曲するのは非常に危険だと言える。
    • ただし、むずかしいコースである以上、おにコースよりゲージは断然緩い。おに★×9適正者や★×10に手を付け始めた人は過酷であるが、挑む価値はあると思われる。

その他

  • 全コース最高難易度曲である。
    • 上記の通り、むずかしいコースとしては完全に規格外の難易度で、おに★×10下位〜中位に匹敵する難しさを誇る。この譜面ができる頃には、おに★×10に太刀打ちできる実力がついたと言ってもいいだろう。
  • アーティストは、黒沢ダイスケ × Masahiro "Godspeed" Aoki
    • Masahiro "Godspeed" Aoki(青木征洋)は株式会社ViViX代表の作曲家・ギタリスト。過去にCHUNITHMやGITADORA等に楽曲提供を行っており、太鼓の達人には本楽曲が初参加となる。
    • かんたん496コンボ・ふつう696コンボ・むずかしい966コンボ・おに1396コンボと、全コースのコンボ数に黒沢ダイスケの通称「96」が仕込まれている。
    • また、全難易度通して第4ゴーゴーの1打目でn00コンボになる。
  • 「第六天魔王」(「天魔」とも)は仏教において、仏道修行を妨げる魔のことを指す。また、天魔の配下の神霊を表す場合もある。→Wikipedia
    • この意味から転じて、織田信長がこの名を自称していた*2と伝えられており、本楽曲も織田信長をイメージして作曲されたものと思われる。
    • 116〜117小節の8分複合の配色(×1+×5+×8+×2)は、西暦1582年の本能寺の変のネタと思われる。
  • 本楽曲はブルーVer.段位道場の達人3曲目の完全新規の課題曲として初登場となった。
    • 楽曲の初出時(2018年11月21日)は、プレイ手段が段位道場の達人をプレイすることのみであったが、10日後の12月1日から一般解禁され、通常の演奏モードで選択可能になった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 仮にBPM 200でも適正者だと厳しそう。 -- 2018-12-29 (土) 20:01:01
  • 152〜155の配置はBPM200どころか150まで下げても難適正者にはきついんじゃないか -- 2019-01-10 (木) 23:16:26
  • 半速画像双竜ノ乱の道中強化したみたいな譜面だな -- 2019-01-19 (土) 09:14:27
  • ラストは半速でも多分叩けないだろうな··· -- 2019-01-19 (土) 22:23:27
  • これと天下統一録鬼はどちらが上だろうか -- 2019-02-16 (土) 22:26:00
  • ゴモア裏と弩蚊怒夏の比較みたいなものだから個人差じゃね -- 2019-02-18 (月) 08:21:40
  • かんたんとふつうは個人差があるけど、むずかしいは殆どの人が幽玄<無限<信長と感じてるのかな? -- 2019-02-18 (月) 21:37:02
  • ↑わたしはそうです。もっと言えば、きたさいたま<〆ドレー<まださいたま<ドンカマ<幽玄…ですかね。 -- 2019-02-18 (月) 22:37:57
  • そういやこれもパナパスなしで出来るのか…。生半可な気持ちでボコボコにされるプレイヤー続出するだろうな -- 2019-02-23 (土) 16:16:12 New
  • BPM 300は流石にね…半速にして、なんだこの音符間隔は!?ならギリギリ希望があるけど。(幽玄、無限の話)でもこれはそれでも無理か。 -- 2019-02-24 (日) 08:50:04 New!
コメント:

譜面

風船の長さは暫定 No.6 Boss Hard_3.png

半速画像

NO.6_h150.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-02-24

今日の25件

  • counter: 9852
  • today: 22
  • yesterday: 61
  • online: 93


*1 太字は初出
*2 武田信玄から送られた手紙に「天台座主沙門信玄」(「天台宗の代表たる信玄」の意、天台宗は当時日本仏教の総代として考えられていた)と署名されていたことに対抗し、仏教を敵とするこの名を手紙に署名し信玄に返信した