難易度表 / ふつう / Telecastic fake show


Telecastic fake show

詳細・攻略

  • 詳細は以下の通り:
    バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
    AC15.2.0★×6275636320点+連打570点173点
    真打990720点2880点-
  • BPMは約144〜213。
    • 最初の8小節は約144〜150、それ以外は約185〜213*2
    • 速度変化が激しく、可を出しやすい。
  • 黄色連打がかなり多い連打曲である。
  • 全体的に付点配置や裏拍配置が多く、リズムが取りづらい。
  • 大音符がかなり多く、69個ある(全体の約25.1%)。
  • 速度は少し速めだが、8分が単色の3連打しかないので★×6にしては簡単な方。
    • また、4分の複合もほとんどが3連打である。
    • ただし、前述の通り付点配置が多く速度変化も激しいので、全良難易度は高めである。
  • 序盤で1回だけ出てくる4分の複合10連打に注意。
  • 音符密度は、約1.96打/秒(114小節まで)。

その他

  • 曲名の読み方は、テレキャスティック フェイク ショー
    • Telecasticは造語であり、Telecastは「テレビ放映」を意味する。このまま直訳すると「テレビ放映のような、見せかけの展示」。
    • また凛として時雨のメンバー、TK氏の使用するギターTelecasterから取られたという可能性もある。
  • アーティストは、凛として時雨
    • 本人音源である。
    • 作詞・作曲は、TK。
  • クリア表示の後、かすかにスティックをスネアに置く音が鳴り、それとほぼ同時に成績発表が始まる。
    • なおKATSU-DON Ver.のみ、クリア表示→「成績発表」のボイス→スネアにスティックを置く音→リザルト発表開始という流れになっていた。このためリザルト発表の演出にやや間があった。
    • ソライロVer.以降は音源の再生が完全に終了してから「成績発表」のボイスが鳴るように仕様変更された模様。
  • 譜面作成は、エトウ
  • 2017年3月15日(水)午前7:00を以って、新筐体の全バージョンよりサヨナラとなった。
    • 14以前のACに収録されておらず、この曲が収録された家庭用作品が今のところ無いため、その日以降はどの作品でも遊べなくなった。
  • かんたん
  • むずかしい
  • おに
  • プレイ動画(全難易度同時再生)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 案外コンボ少ない気がする
  • 新基準なら★×5な気がする。速度が同程度のキルミーのベイベー!やドドンガド〜ンの方が難しい。 -- 2012-09-15 (土) 23:01:20
  • 全難易度だけどキャプチャ https://youtu.be/sPlADgj1b6M -- 2017-04-28 (金) 12:42:22
コメント:

譜面

Telecastic fake show_N.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-11-20

今日の25件

  • counter: 4307
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 103


*1 太字は初出
*2 基本BPMは200