難易度表 / おに / Garakuta Doll Play(裏譜面)


Garakuta Doll Play(裏譜面)

1人用譜面

詳細

バージョン*2難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.5.4★×107151201500点+連打360点85点
真打994960点980点-

譜面構成・攻略

  • BPMは256
    • ただし、HSがかかっている箇所があり、見た目のBPMは192〜307.2。
  • 連打秒数目安・・・約0.098秒×4−約0.918秒約0.098秒×3−約0.332秒−約0.098秒×2−約0.332秒−約0.098秒−約0.098秒×4−約0.098秒×4−約0.098秒×4:合計約3.730秒
    • 連打の長さの割に天井スコアは高いものの、風船を割り損ねたり、大音符で特良を逃しやすいため、120万点到達は決して容易ではない。
  • 表譜面よりノーツ数が少ない数少ない曲である。
  • 大音符が非常に多く、257/715(約35.9%)が大音符。特可が多かったり特良を逃しすぎると大きくスコアを落としてしまう。
  • ゴーゴータイムの割合も多く、音符が存在しない小節を除くと75/126(約59.5%)がゴーゴータイム。
    • なおゴーゴータイムの回数も19回とかなり多い。
  • 新基準★×10の中では須佐之男に次いでノーツ数が少ないためゲージが下がりやすく、また局所難であるため、8分音符ばかりの一見簡単な譜面であるが、16分音符が処理できないようではフルコンボは困難。
    • あくまでも個人差であるが、BPMが非常に速いため、大音符が多く存在するところや中盤の低速地帯では予想以上に譜面を認識しにくい。実際にプレイしてみるとその難しさが分かるであろう。
  • 2打の短い風船が8本、4分音符の長さ以下の短い黄色連打が22本、長めの黄色連打も合わせて合計33本の連打音符が存在する
    • 特に短い風船や黄色連打は直後の音符に隣接しているものも多く、BPMの速さも相まって連打と同時に音符を巻き込んでしまう可能性が高い。
    • 単にクリア・フルコンボしたいだけなら無理に割る必要はないだろう。
    • 風船だけでも割りたい場合は、ロールをせず16分音符の感覚で2打叩くと、巻き込みを抑えられるであろう。
      • しかし、風船の入りが少しでも早いと風船を1打しか叩けずに割り損ねてしまうこともある。少し遅めに叩くと良いかもしれないが、直後の大音符で特可を出したり巻き込んだりしやすくなるので注意。
  • 77〜78小節、また124小節に16分音符15連打が存在する。Purple Rose Fusionのラストより更に速く、フルコンボを狙う上での最大の関門になる。
    • 特に前者は逆手の動きを要求されるため尚更繋ぐことが難しい。利き手から入るならば●●○○/●●/、逆手から入るならば/○○○●●/と認識しよう。
    • 後者は前者よりは叩きやすい配置なのだが、大音符が大量に襲ってきたところになだれこむ上、ここを捌けないと魂ゲージ100%クリアが絶望的になる。直前の大音符で力を入れすぎないようにしたいところだが、弱すぎると得点が減ってしまうため加減が非常に難しい。
  • 表譜面とは違い、ラスト1打に高速HSはかかっていない。
  • 以上のように、非常に多い大音符、緩急の激しいゴーゴータイム、短い連打など、天下一音ゲ祭の予選課題曲の中はおろか太鼓の達人の中でもかなり個性的な譜面。課題曲の中では見た目のBPMが最速であるうえ、前述のような譜面のため譜面認識力や高速処理力の有無で個人差が分かれるところ。
  • 大音符およびゴーゴータイムが多いため、100コンボ以降の非ゴーゴー小音符の得点が1040点と総ノーツ数に反してかなり低い。曲全体がコンボカッターと言っても過言ではなく、どこでコンボを切ってもおかしくない譜面になっているため、スコアを伸ばすのは難しい。
    • 裏を返せばロースコアクリアを狙うことが可能。
  • ノーツ数が少ないため、1曲を通しての平均密度は約6.12打/秒と★×10では低め。

2人用譜面

詳細

バージョン*3難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.5.41P★×105261197900点+連打540点138点
2P5161160710点
真打1P526994910点1470点-
2P516966670点

譜面構成・攻略

  • 面と縁、連打の入れ替えなど、双打を想定したような譜面だが、二人でプレイすることを前提とした譜面である。ソース
  • 元々二人用譜面であり双打でのプレイは想定していない譜面で、一人でプレイするには明らさまに間に合わない音符配置が多々ある。
    • 特に16分音符には要注意。複合もあるため、双打での接続難易度は非常に高い。
      • クリア狙いなら、無理に16分音符として処理せずに8分音符として音符を叩くと良い。そうすればゲージの減少を抑えられる。
  • この譜面では、短い風船は全て3打となっている。直後に音符がないのが救い。

その他

  • 24分のないおに★×10譜面のひとつである。
  • 原曲情報などは表譜面を参照。
  • 略称はガラクタ裏など。
  • 双打での難易度は非常に高いものの、収録翌日にはクリア達成者が確認された。
  • 譜面作成は、表譜面と同じく、しか@に〜さん
    • 氏曰く、「エキスパートでマスターのようなスライド加減を表現したかった」との事。


コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • ↑なるほど、本家のスライドの箇所とこの譜面の連打の箇所がやたら被ってるのはそれでか -- 2016-12-19 (月) 11:50:56
    • 2人用譜面の天井点が違う気がする。1Pが1196300点,2Pが1158150点。間違ってたらすまん。 -- 2017-03-14 (火) 14:29:28
    • 他の★×10と比較しても、でたらめを使った場合に難易度が極端に上がる気がする -- 2017-03-30 (木) 23:21:37
    • あの当時、CHUNITHMはまだ無かったが今見るとラスゴーの大小混ざる所はmaimaiよりもCHUNITHMの黄色タップと赤タップの関係に似てる -- 2017-04-14 (金) 00:04:06
    • 87小節からをドカドカドカドカドってアレンジして叩き続けるのクッソ楽しい -- 2018-03-14 (水) 18:08:51
    • 星10では〜のところはノーグラじゃなくて須佐之男になりました -- 2018-03-24 (土) 15:58:50
    • ドカドカアレンジぐうわかる -- 2018-04-12 (木) 20:48:55
    • 風船はロールよりシングルで割った方が体感的にミスは少ないと思うお -- 2018-04-30 (月) 19:15:48
    • 「No Gravityに次いで」の部分を「須佐之男に次いで」と編集しました -- 2018-05-06 (日) 11:11:49
    • 2P譜面の動画が消えていました。 -- 2018-08-08 (水) 13:48:15
    コメント:

譜面

1人用譜面

連打の長さ、風船の打数は暫定です。

Garakuta Doll Play(裏譜面)3.png

2人用譜面

連打の長さ、風船の打数は暫定です。

1Pの45打風船(110〜113小節)は非ゴーゴー扱いです。

Garakuta Doll Play(双打)2.png

メニュー

 

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2018-10-22 2018-10-21

今日の25件

  • counter: 82751
  • today: 3
  • yesterday: 34
  • online: 38


*1 ただし、課題曲で使用する譜面は表譜面のみ。
*2 太字は初出
*3 太字は初出