難易度表 / おに / Behemoth


Behemoth(ベヒーモス)

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.10.5SP★×109991209830点+連打340点83点
真打998000点970点-

譜面構成・攻略

  • BPMは160-190。
  • BPM160地帯では32分が出る度にBPMが下がっている。
  • 1曲を通しての平均密度は、約8.69打/秒(暫定)。
  • 技術、体力どちらをとってもかなり高い水準の総合譜面。
    • 同アーティストのHARDCOREノ心得の強化版という声が多い。あちらをこなせる実力がないと太刀打ちできないかもしれない。
  • 全体的に偶数連打と裏拍が多く、精度が取り辛い。
  • 開幕から第2ゴーゴーまではしばらく★×10標準的な譜面が続く。
    • この譜面の中でも比較的易しい方なので稼ぎどころにしたい。
    • 11、12小節は利き手から入ると16分も利き手から入ることができる。
    • 逆に26小節は利き手から入ると24分は逆手から入ることになる。
  • 29〜38小節が最初の難所。
  • 39小節からBPM190に戻る。
    • 47〜49小節は割と単純な組み合わせ。
  • 52〜66小節は前半同様★×10標準的な譜面である。できればミスは避けたい。
  • 67小節以降がクリア、フルコンボ共に最大の難所であると言っても過言ではないだろう。
    • 延々と長複合を叩かされる。1本目から125連打、36連打、32連打、50連打。2、3本目は24分を含む。
    • 風船後もHS2がかかり、24分が連続して襲いかかる。いわゆるラス殺し。
      • 24分5連打×4、24分2連打×4、16分4連打+24分7連打となっている。
    • 67小節以降だけで全ノーツの3割弱ある。

その他

  • 全コース最高難易度曲である。
  • アーティストは、DJ MyosukeHARDCORE TANO*C)。
  • この譜面をフルコンボすると、称号「邪獣の討伐者」を獲得できる。
  • 曲名の読みは「ベヒーモス」(ソース)。
    • ビヒモスやベヒモスではない。

コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • FFにベヒーモスっているけど強いよねあれ -- 2018-10-03 (水) 00:18:22
    • 名人三曲目に来る予感 -- 2018-10-03 (水) 09:37:54
    • 個人的に超人でもいい -- 2018-10-03 (水) 13:39:36
    • 上の説明にある「ゴッドコレクション」のひとつ。ゴッドコレクションではない っていう文がおかしいです -- 2018-10-03 (水) 15:09:35
    • ↑ 修正しました。 -- 2018-10-03 (水) 15:17:24
    • BPM320の16分相当でさえそんな速くないと言われる時代なのか… -- 2018-10-09 (火) 16:57:10
    • ↑一応旧筐体からあったし…(はたラク) -- 2018-10-09 (火) 17:08:05
    • ↑2「近年の」ってあるから・・・ -- 2018-10-12 (金) 13:42:28
    • ラストの複合の区切り方わかってても叩き間違えやすい -- 2018-10-16 (火) 22:06:17
    • 68からの長複合分かってても叩き間違えるんだよな… -- 2018-10-23 (火) 08:17:06 New
    コメント:

譜面

鬼ベヒんもス.png

メニュー

 

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2018-10-24 2018-10-23

今日の25件

  • counter: 16093
  • today: 19
  • yesterday: 149
  • online: 43


*1 太字は初出
*2 https://twitter.com/Myosuke/status/1040161237026258945https://twitter.com/Myosuke/status/1040152223676678144 より、この視聴音源は筐体に収録されている音源よりも単品で聞こえやすいミキシングである可能性が高い。