難易度表 / おに / 冷凍庫CJ 〜嗚呼面太鼓ブラザーズ〜


冷凍庫(れいとうこ)CJ 〜嗚呼(アー)(メン)太鼓(たいこ)ブラザーズ〜

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.7.93DS3DL
PS4 1DL
NS1DL
★×107871202430点+連打460点113点
iOS
AR
1197290点430点100点
真打1004640点1230点-
AC16.1.01002490点1270点-

譜面構成・攻略

  • BPMは240
  • 連打秒数目安・・・約0.854秒
  • 高速処理能力が問われる譜面。高速譜面が苦手だと門前払いの可能性が高いので要注意。
    • 少なくとも同じBPMであるまたさいたま2000白鳥の湖〜still a duckling〜(裏譜面)を余裕でクリアできる程度の実力は欲しいところ。
    • この譜面の難しいところは、上記2曲のような単色ゴリ押しでの回復地帯が非常に少ない点にある。また、ヴァーナス対応も無理に近いBPMなので、交互で面と縁を的確に捌ける能力がほぼ必須となる。
  • 前半を中心に、BPM240の24分音符(24打/秒)が何ヶ所か配置されている。また、28小節目の配置はこれまでに見られることがあまり無かった珍しい配置。
  • 中盤で低速のソフランが掛かる。8分複合は複雑そうに見えるが、繰り返し配置や似た配置が多い。51小節目末尾の24分のみ、見た目48分の配置がある。
  • 低速地帯の最後にHS1.4が掛かっている音符がある。HS1より速いソフランはここだけ。
    • _●●の0.125秒後に_●●___●●_...と続く。見てから反応するには厳しめなので、ここの配列はあらかじめ覚えておきたい。
  • 16分長複合はそこまで多くないものの、8分複合と混じって休みなしに流れる箇所が多く、前半と終盤には偶数連打も多い。この速さでは利き手始動の叩き方は厳しいため、交互打ちが出来るだけでも違ってくるだろう。
  • 19〜20小節は24分が多く、腕が追いつかないと不可を出しやすい。
  • 65〜66小節と、84小節目に長めの16分複合がある。
    • 65〜66小節は、●●●●●×4+●●●/●●●という区切り方が一例。
    • 84小節目は配色こそ単純であるが、体力を使い切ってしまうと捌けなくなってしまうので注意しよう。
  • 67小節に存在する18打風船は、割り切るのに約21.08打/秒以上が必要。BPMを考えると非常に重い部類であり直後にも音符が迫っているため、ロールやダブル等で素早く割る必要がある。スコアを気にしないようなら、スルーも手段の一つ。
  • 77小節以降は偶数打配置が主体となるので、最後までリズムを崩されないように注意したい。
  • 平均密度は約8.93打/秒とかなり高い。それに対して演奏時間は約1分35秒とナムコオリジナルの中ではかなり短い。
    • この数値は、歴代トップクラスの高密度譜面として知られるRotter Tarmination(裏譜面)とほぼ同じだが、BPMの速さと演奏時間が30秒近く短いこともあり、こちらの譜面の方が体感的な密度は高く感じるだろう。
    • 上記のような高密度に加え、全体的に明確な休憩地帯がほぼ無い。特に低速地帯以降は、60小節目の黄色連打を除けば最大でも1拍分(0.25秒)の休みしかない。歴代トップクラスの体力譜面を連奏しても耐えられる程度の圧倒的な体力は必要だと思った方が良いだろう。
    • 因みに、風船連打の計30打を加味すると約9.27打/秒となる。

その他

  • 全コース最高難易度曲である。
  • 略称は、冷凍庫嗚呼面明太子など。
  • アーティストは、DJKurara
    • 投稿時は「冷凍庫CJ 〜"アーメン"太鼓ブラザーズ〜」という曲名であったが、正式発表時に本タイトルに変更された。
      • 曲名変更の理由については、「(変更後は)アーメン要素が皆無だから」とコメントしている(ツイート)。*2
    • 間違われやすいが、「冷庫CJ」ではなく、「冷庫CJ」である。混同に注意。
    • なお、曲中のサンプリングボイスは全てLindaAI-CUEのボイスに変更されている(ツイート)。理由はRare HeroBLUE TOPAZと同じくサンプリングボイスの権利上の問題と思われる。
  • 新筐体におけるフルコンボ称号は実装されていない。
  • 譜面作成は、ヤマグチ
  • 曲IDは、retoko
  • レッドVer.段位道場の超人3曲目、イエローVer.段位道場 外伝の「挑戦!世界大会2016決勝」の2曲目課題曲となった。
    • 余談だが、超人3曲目の課題曲として登場した楽曲の中で、フルコンボ称号が実装されていないのはこの楽曲のみで、レッドVer.超人に限っては全ての課題曲でフルコンボ称号が実装されていない楽曲が使われている。

コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • その短さを救いと見るか脅威と見るか -- 2020-03-31 (火) 12:40:24
    • 個人的にはデッダイより圧倒的に簡単に感じます -- 2020-04-21 (火) 18:43:57
    • というかそもそもこいつが超人3曲目っていうのが理解できない。複合レベルがもはや超人レベルではない。 -- 2020-04-23 (木) 03:15:39
    • 高速に慣れてる人は楽しいやつ -- 2020-05-19 (火) 06:58:26
    • ゴーゴーと音程がまたさいたまと似てる気が -- 2020-05-19 (火) 10:48:05
    • 19-20か65-66が個人的最難関 -- 2020-05-19 (火) 13:53:19
    • 他の公募曲の一部に収録するに当たって音圧や音色などを修正されてるものがあるし、この曲のサンプリングボイスが消えてるのって収録する上でのアレンジなだけで権利上の問題は関係ないように思えるのだが -- 2020-06-11 (木) 03:15:12
    • この曲 -- 2020-07-17 (金) 06:49:07
    • この曲、DJKuraraとリンダの合作のはずなのにどこかとぱぞの「cheatreal」って曲に曲調が似てる。BPM大分違うからremixみたいに聴こえる。 -- 2020-07-17 (金) 06:51:11
    • 超人三曲目の中では基本BPMが最速というね -- 2020-08-01 (土) 13:59:06
    コメント:

譜面

ノるどん2000以来のご無沙汰です.png

低速地帯BPM120表記

大体見た目.png

メニュー

収録曲リスト

作品別情報





ジャンル別(新基準)

ジャンル別(旧基準)

コース別難易度別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

その他

更新履歴

最新の25件

2020-08-15

今日の25件

  • counter: 103366
  • today: 10
  • yesterday: 39
  • online: 100


*1 太字は初出
*2 ちなみに、アーメンとは「アーメンブレイク」のことで、The Winstonsの曲「Amen, Brother」の曲中に挿入される特徴的なドラムソロを指す。DJ素材としての使い勝手の良さから様々な曲にサンプリングされた歴史を持つ