難易度表 / おに / 幽玄ノ乱


幽玄ノ乱

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.4.9SPPS Vita1DL
Wii U3SP
3DS3DL
PS4 1DL
★×1012621209610点+連打290点65点
iOS1199750点60点
真打1008830点790点-

譜面構成・攻略

  • BPMは160−300
  • 連打秒数目安・・・約1.583秒
    • 連打が1.5秒以上ある割に天井点はかなり高めの設定である。
  • ゴーゴータイムの割合がやや高く、連打を含めた演奏時間のうち、約41.1%が該当する。
  • 出だしはBPM160の12分音符が続くが、それ以降はBPM300地帯で8分構成の譜面が延々と続く。
  • 8分音符と奇数連打主体の16分音符構成のありがちな譜面であるが、速さ・物量においては★×10の中でもトップクラス。
    • 特に比較的密度が低くなる8分音符の部分でもBPM300の8分音符=BPM150の16分音符がやわらか戦車(裏譜面)のように敷き詰められている。
    • このBPMでの16分音符は20打/秒
  • 時折現れる16分長複合が非常に繋ぎにくく、さらにほとんどが8分に紛れている。
    • 29〜30小節の35連打、41〜42小節の33連打は後述の2つほどではないが、それでもCalculatorのラストが繋げられないならば話にならないだろう。
    • 72〜78小節では95連打(約4.75秒)が襲い掛かる。これは、BPM200の24分音符を隙間なく4小節分叩くのとほぼ同じである。
    • 99〜101小節の41連打も非常に過酷。ロール処理で繋げるとしても高い技術が要求される。
  • 黄色連打はラスト1本のみで、休みはないため体力切れに注意。
  • 1曲を通しての平均密度は約10.50打/秒歴代2位である。

対策

  • 同じくBPM300で譜面が流れるInfinite Rebellion第六天魔王と比べると、16分の数は少ないものの、その一つ一つが叩きにくいものとなっている。体力は勿論だが、こちらは純粋に叩く速さが求められるだろう。
    • 基本的に腕を振る速さは一朝一夕に付くものではないので、クリア狙いであれば8分や短めの16分を出来るだけ拾っていくことが重要。
  • 暗記せずに譜面を認識する力を付けるには、BPM150辺りの曲を、オプションの「ばいそく」と「でたらめ」を併用することである程度の練習になる。

その他

  • 全コース最高難易度曲である。
  • 24分のないおに★×10譜面のひとつである。
  • 3DS1のリーフレットで曲の存在が判明*2してから一般解禁*3されるまで、約2年の歳月が経っている。
  • 太鼓の達人 ドンだー!日本一決定戦2013で、優勝者がこの譜面をプレイするという形で公開された。
    • 優勝者は初見プレイでこの譜面をクリアした。
  • 公開当時はその前例のない譜面傾向と難しさで、大きな衝撃をもってプレイヤーに迎えられた。
    • 2014年6月当時の新筐体収録曲において「BPM300以上の等速」という条件に該当する楽曲は存在せず、BPM変化を含んでもCalculatorのラスト程度しか存在しなかった(Purple Rose Fusionのラストでさえ速すぎると言われていた。なおHS変化も含めると見た目BPM300を超過する譜面は数多く存在する)。
    • 当時のBPM300越えの代名詞でもあったはたラク2000はまだ新筐体に収録されておらず*4、練習になる曲もほとんどなかったため、「BPM150前後の曲を『ばいそく』でプレイ」などの対策を取らざるを得なかった。
    • コンボ数においても、当時4桁に及ぶコンボ数は〆ドレー2000(1414コンボ)が存在する以外は1000コンボの楽曲が2曲あったのみ。平均密度も長らくRotter Tarmination(裏譜面)(約8.93打/秒)が首位にあった背景もあり、当時のプレイヤースキルの水準を大きく上回る譜面であった*5
    • またこの曲が公開された2014年6月は、この月のドンチャレによる先行解禁曲であったドンカマ2000が登場したばかりで、新しいタイプの難関が立て続けに出現したという意味も含めて大きな話題を呼んだ。
  • 初日でフルコンボ達成者*6が現れなかったのは、新筐体ではドンカマ2000に続いて2例目のことである。
  • 作曲・譜面作成は、阿弥。譜面の一部分はエトウも関わっている。
    • 制作中の仮タイトルは「戦国時代」だったという。
    • 幽玄ノ乱は『「未来からやってきた超難易度譜面」というテーマで制作されたもの』と説明されている。
    • 2014年のコミックマーケット87で頒布されたTatshのアルバム「FRONTIER」に「幽玄ノ乱 -Album New Mix-」*7が収録されている。
    • 余談だが、2017年7月17日に、元コナミ社員の黒沢ダイスケ(別名義では96などが有名)によるリミックスとして「Infinite Rebellion」がサプライズ動画としてアップされた。
      • Tatshも元コナミ社員だが、96の入社に近いタイミングで退社したため、直接の絡みはこれが初めてだったりする(IIDXの19作目のボスフォルダでフリー枠からの参加での共演など、間接的な繋がりはあった)
      • 後日太鼓の達人公式ブログでは、サウンド制作スタジオ「INSPION」とはコラボの一環である事を判明し、同曲に2017年8月17日に太鼓の達人へ配信が決定した。
  • 新筐体(モモイロVer.〜ホワイトVer.)、PS Vita1、Wii U3ではサブタイトルがついていなかったが、新筐体(レッドVer.以降)、3DS3では「幽玄ノ乱 世阿弥」とサブタイトルが追加された。
  • 曲IDは、yugen
  • 新筐体でこの譜面をフルコンボすると、称号「幽玄を極めし者」を獲得することができる。
  • 段位道場のラスボスのような立ち位置であり、キミドリVer.段位道場ムラサキVer.段位道場ホワイトVer.段位道場レッドVer.段位道場と、4連続で達人3曲目課題曲となった。

この曲の解禁方法(AC)

  • 解禁済みのプレイヤーとこの曲でセッションし、称号「幽玄の使者」を獲る(いわゆる伝導方式)。
  • 段位道場の超人に合格する。
  • かつメダルごほうびショップで5000メダルとの交換。
  • 〜ノ舞シリーズ薔薇シリーズ全ての曲の難易度おに表をクリア*8し、称号「幽玄に至りし者」を獲得する。

コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は高難易度攻略wiki難易度等議論Wikiにてお願いします。
  • 難易度比較のコメントが特に発生しやすいページなので注意してください。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • そういうこと言うならソース貼りなよ -- 2019-07-28 (日) 19:02:38
    • 無限=第六>幽玄 -- 2019-08-02 (金) 22:51:40
    • https://m.youtube.com/watch?v=uYSBKUQjNek iOS幽玄フルコン -- 2019-08-04 (日) 13:29:41
    • ↑運指見るとタタコン使ってるのかな -- 2019-08-04 (日) 13:32:42
    • ↑コメント欄で本人が「指です」と言ってるぞ -- 2019-08-04 (日) 13:52:07
    • ↑4第六と幽玄無限はどれがムズイか変わるからそういうことここで言うな -- 2019-08-07 (水) 09:02:28
    • 太鼓+曲別ランキング今日見るとフルコンいなそうだったしまだフルコン一人しかいないのかね -- 2019-08-08 (木) 18:25:28
    • 新筐体が旧式ダブルできない仕様だったらこの曲未だにフルコン者数一桁だったりしたのかな? -- 2019-08-11 (日) 11:33:33
    • ↑その場合は譜面のインフレ自体がある程度抑えられていたんじゃないかな -- 2019-08-11 (日) 13:44:33
    • この曲って全良中は1000コンボで魂ゲージMAXだったっけ -- 2019-09-05 (木) 20:46:02
    コメント:

譜面

yugen_2.png

半速表記 y.png

ロール処理の参考用 幽玄ノ乱ロール処理.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-09-17

今日の25件

  • counter: 618284
  • today: 120
  • yesterday: 268
  • online: 143


*1 太字は初出
*2 2012年7月
*3 2014年6月
*4 収録されたのはこの曲が登場した5か月後の2014年11月23日
*5 モモイロ終了時点のドンだーひろばにおけるスコアランキングでは、可78不可1の1179630点が1位を記録している
*6 備え付けのバチ以外を使用したものも含む
*7 「真・燎原ノ舞」と同様、太鼓音がミックスされた状態で収録されている。なお、この譜面とはやや異なる。
*8 実際には全てに王冠をつけた状態で称号画面に行くことが条件