難易度表 / おに / 聖徳たいこの「日いずるまで飛鳥」


聖徳たいこの「日いずるまで飛鳥」 コバヤシユウヤ(IOSYS) feat.miko

詳細

バージョン*1難易度譜面*2最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.6.73DS3★×9達人814
803
785
1100990点+連打400点95点
玄人1089830点
普通1057350点+連打
真打達人1004120点+連打1160点-
玄人992960点
普通970480点+連打

譜面構成・攻略

  • BPMは100~200。基本BPMは160。
  • 前作同様、開幕は低速地帯となっている。
  • 連打秒数目安・・・約0.344秒×3:合計約1.031秒(達人譜面)合計約0.688秒(普通譜面A)
  • 序盤に譜面分岐が存在する。分岐条件は序盤に存在する3本の黄色連打の打数であり、連打ごとに分岐判定がなされる(連打後から数えて2つ目の小節で分岐)。各譜面への分岐方法は以下の通りとなっている。
    • 普通譜面1度普通譜面へ分岐すると、その後の連打が何打であっても普通譜面が維持される
      • A:1本目の連打で4打以下の場合。
      • B:1本目の連打で玄人譜面に分岐し、2本目の連打で6打以下の場合。
      • C:1本目の連打で達人譜面に分岐し、2本目の連打で7打以下の場合。
      • D:2本目の連打が終了した時点で玄人譜面であり、3本目の連打で3打以下の場合。
      • E:2本目の連打が終了した時点で達人譜面であり、3本目の連打で4打以下の場合。
    • 玄人譜面十露盤2000(玄人譜面)のような隠し譜面。
      • 「1本目の連打で5打、2本目の連打で7打、3本目の連打で4打」という組み合わせを満たした時のみ
    • 達人譜面
      • A:1本目の連打で6打以上、2本目の連打で8打以上、3本目の連打で5打以上入れた場合。
      • B:1本目の連打で玄人譜面に分岐し、2本目の連打で8打以上、3本目の連打で5打以上入れた場合。
      • C:2本目の連打が終了した時点で玄人譜面であり、3本目の連打で5打以上入れた場合。
  • 以上をまとめると、下の表のようになる。
    1本目17〜18小節2本目19〜20小節3本目21〜25小節
    〜4普通譜面A普通譜面A普通譜面A
    5玄人譜面〜6普通譜面B普通譜面B
    7玄人譜面〜3普通譜面D
    4玄人譜面
    5〜達人譜面C
    8〜達人譜面〜4普通譜面E
    5〜達人譜面B
    6〜達人譜面〜7普通譜面C普通譜面C
    8〜達人譜面〜4普通譜面E
    5〜達人譜面A
  • 短くまとめると、「5-7-4打でのみ玄人譜面5-7以上-5以上または6以上-8以上-5以上で達人譜面それ以外は普通譜面に分岐する」ということである。
  • 実際に譜面が変わるのは22~25小節の4小節のみ。17~21小節は分岐しても譜面が同じで、26小節目以降は強制的に普通譜面になる。
  • なお、全ての分岐判定で達人譜面を維持することは少々難しく、2本目の連打に最低限必要な8打を入れるには、約24打/秒の連打速度が必要。叩き方を事前に決めておいた方が良いだろう。
    • 譜面が変化する部分だけ達人譜面にすれば良いというプレイヤーは、上述の説明文で言うところの「達人譜面C」のパターンに持ち込むと良い。ただし、2本目の連打に必要な7打は約20.3打/秒の速さが必要である。
  • 玄人譜面は、ドンカマ2000に似た各音符にバラバラなHSが掛けられているギミックが仕掛けられており、何も知らずに玄人譜面に分岐すると痛い目に遭うので注意。
  • スコアルートは達人譜面。なお、分岐のための打数が決まっている玄人譜面精度譜面である。
  • 玄人譜面のインパクトに目が行きがちであるが、52小節目から67小節目には注意。BPMが200に跳ね上がり、16分の短複合が飛んでくる。24分は無いものの、この地帯だけ見れば★×10下位でも通用するレベルなので適正者は要注意。
  • 達人譜面の平均密度は、約5.97打/秒

その他

  • 2015年10月のドンチャレによる先行解禁曲である。
  • 作編曲は、コバヤシユウヤ。作詞は、七条レタス
  • 譜面分岐ありのナムコオリジナルの新曲としては、AC14のタイコタイム百鬼夜行以来であり*3実に5年ぶりとなる
  • 玄人譜面の分岐条件になっている「574」は、この曲の元ネタである聖徳太子が誕生した年である。
    • また聖徳太子には「10人の声を同時に聞き分けた」という故事があり、玄人譜面のギミックはこれをもとにして作成されたものと思われる。
  • BPM100地帯の元ネタはおそらく「Bittersweet Samba(『オールナイトニッポン*4』のOPテーマ)」。タイトルの『日いずるまで飛鳥』は『オールナイトニッポン』(日いずるまで=日が昇るまで=徹夜=オールナイト)である。
  • 譜面作成は、アリーホット
  • 曲IDは、shoto9

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 普通普通→連打→玄人譜面→連打→普通譜面 -- 2016-06-18 (土) 16:28:06
  • 8打入れる部分、なんでロール前提みたいな書き方してるの? -- 2016-07-18 (月) 18:59:30
  • ↑ 少し変えてみた。 -- 2016-08-13 (土) 22:33:57
  • ん?普通譜面ってむずかしいと同じ? -- 2016-09-17 (土) 18:56:23
  • オールナイトニッポン成分のほかに、最後のあいさつ「おやすみ、バイバイ」から、林原めぐみのTokyo Boogie Night成分が2%ほど含まれているのではないでしょうか -- 2017-03-07 (火) 22:22:28
  • 玄人譜面ドンカマと違って音符の流れてくるスピードが面と縁で分けられてないんだな -- 2017-10-01 (日) 19:11:13
  • 聖徳太子の生まれた年が574年だからこうなったのか -- 2017-11-20 (月) 02:11:16
  • ↑4あー、同じ配置ですね。 -- 2017-11-20 (月) 09:42:08
  • 結局、スコアルートが達人譜面なため玄人譜面は通の嗜みにしかなってない -- 2018-08-20 (月) 03:13:23
  • ↑画竜点睛シリーズとかにも言えるけどねw -- 2018-10-28 (日) 22:38:09
コメント:

譜面

最初のふうせんは10打

22〜24小節のHS変化の仕方は以下です。
22小節目:1.25→1→1.5→1→1.25→1→1.5→1→1.25
23小節目:1→1.5→1→1.25→1→1.5→1.25→1→1.25→1.5
24小節目:1→1.25→1.5→1.25→1→1.25→1→1.25→1→1.5→1→1.5

shoto9_m.png

玄人譜面の例の場所のHS確認用

普通譜面がHS1の場所、玄人譜面がHS1.25の場所、達人譜面がHS1.5の場所。

玄人譜面の例の場所確認用.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-06-25 2019-06-24

今日の25件

  • counter: 45301
  • today: 1
  • yesterday: 17
  • online: 18


*1 太字は初出
*2 太字はスコアルート
*3 むずかしいのみの分岐や復活曲、CSからの初移植を除く
*4 45年以上続く長寿ラジオ番組