難易度表 / おに / 快晴・上昇・ハレルーヤ


快晴・上昇・ハレルーヤ

  • アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」のOP1。

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
アニスペ★×105441184440点+連打580点140点
PS Vita1DL★×91102240点150点
真打999600点1700点-
  • BPMは230。
    • この基本BPMとアニスペでの最高BPM460は初出時はアニメジャンル最速だった。
      • しかし、PS Vita1にて配信された際にはBPM230のHS2になった。
  • 高速地帯の前半(53〜60小節目前半)がEkiBEN2000に引用されている。
  • きたさいたま2000が登場するまで、タベルナ2000と並ぶ当時の★×10最難関候補であった。但し、新基準では、タベルナ2000の方が公式評価が高い。
  • 平均密度は、約6.20打/秒

譜面構成・攻略

  • 基本BPMは前述の通り230で、きたさいたま2000(BPM222)より速い。
  • 第1ゴーゴーまでは時折16分+8分のコンボカッターが混じる程度で、高速譜面が苦手でない限り特に難所と言える箇所は少ないが、後半の高速地帯とラストゴーゴーの密度がクリア及びフルコンボ難易度を上げる要因となっている。
    • また地味ではあるが、16〜17小節目がPS2コントローラの多重判定の出やすさや特良の取りにくさのせいで少し厄介。
  • とにかく中盤の高速地帯(BPM460)が非常に特徴的な曲(踊り子にも注目)。
    • この高速地帯に配置されている音符の割合は約23%(125/544)である。全体のコンボ数が少なく一つのミスが重いので、クリアを狙う際の最大の難所といえる。
    • 配置・配色が変則的な譜面であり、高密度の3連打ラッシュも存在するため、暗記してもこの高速地帯が難所であることには変わりないだろう。
  • ラストゴーゴーは16分中心で密度が高い。
    •      ×3でリズムを崩されやすいので注意。
    • ラストは(大)とが8分で混じっており、CSで全て特良を取りきるのは至難の業。
      • 仮にこの箇所にある7個の(大)を片手で叩いた場合、16590点の失点となる。
  • 極端に暗記重視のもりのくまさん(裏譜面)に対し、こちらは暗記要素を減らした代わりに全体の技術面(特に高速処理)を強化した譜面である。

天井スコア関連

  • 連打秒数目安・・・約0.239秒×2−0.5秒:合計0.978秒
  • アニスペでは、天井スコアがかなり低く、120万到達は非常に困難である。
    • 当時のオートは大音符を片手で叩く上に連打が遅いため、オートの点数は1100280点であり、★×10の基本天井点(120万点)から約10万点も離れてしまっている。
    • 例として全良の場合、2つの短連打を11打ずつ、ゴーゴーの連打を25打入れると1184440+3300×2+9000=1200040点となり120万に乗せることができるが、前述の通り全ての大音符で特良を取ることは(全良自体そうであるが)至難の業であり、連打もかなり速くないといけないので、120万に乗せることは非常に厳しい。初出時は「不可能では」との声も上がったほどである。
  • ちなみにおにコースだけではなく、むずかしいコース以下の天井点到達にはこれよりさらに速い連打を要する(かんたん=55.72打/秒、ふつう=54.81打/秒、むずかしい=56.52打/秒)
  • そのため、理論値(60打/秒)超えによる明らかに天井突破不可能な曲*2を除き、連打がある曲で全コースを通して基本天井点超え史上最難関曲と言ってもいいだろう。
    • 上記の計算上、120万に乗せるには1本目と2本目は46打/秒以上、3本目は50打/秒以上が必要で、且つ大音符全て特良で全良しなければならない。
    • ちなみに全良且つ12-12-24でも120万に乗せることができる。ただしこの場合、いずれも50.2打/秒以上を必要とする(この場合、上記より1打多い)。
      • もしこれで全良できた場合、1200280点となり、オートの点数とちょうど10万点差となる。
  • 120万ジャストにする方法もある。
    • 50〜59コンボ目のうち1つだけ可を出し、2つの短連打を12打ずつ、ゴーゴーの連打を25打にして全良すると(1184440-640)+16200=1200000点となる。(→参考動画)
    • ただしこの場合、1本目と2本目は50.2打/秒、3本目は50打/秒であるため連打数を調整することが難しい。

その他

  • 10周年記念「思い出の曲アンケート」では、アニメ部門で3位を獲得した。
  • ドンだーからの人気が非常に高い楽曲の1つであったが、数々の理由*3から復活は絶望的だとされていた。しかし、PS Vita1での「人気曲パック9」で復活し、10年の時を越えた再収録を果たした
    • なお、このコースとむずかしいがそれぞれ1段階降格したため、全コース最高難易度ではなくなった。
    • 上述の通り、この譜面の名物でもあった「BPM460」がPS Vitaでは無くなってしまったため、このことを残念がるプレイヤーが多数いるようである。
  • アーティストは、JINDOU
    • メンバーは、宮下昌也、永田雅規(リーダー)、宮下浩司、小野武司。
    • メンバーであった宮下浩司がマル・マル・モリ・モリ!の作詞作曲をしている。
  • 曲IDは、yugio

コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は高難易度攻略wiki難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • この曲のBPM460とHS2は何が違うのですか? -- 2017-02-18 (土) 19:51:26
    • ↑HS2はBPM230のスクロール速度が2倍、BPM460は元のBPMの2倍の数値で、音符の間隔も元の2倍(例えば8分音符が4分音符になっていたり)になっているという違い -- 2017-02-18 (土) 21:37:49
    • この譜面復活願った人は大体昔からやってる人だろうな -- 2017-04-22 (土) 10:15:14
    • 高難度好きも昔の★10遊んでみたかったと思うよ -- 2017-04-22 (土) 13:56:38
    • レッドから始めたけど昔の★10はプレイしたいよ -- 2017-06-11 (日) 23:08:06
    • この曲よりBPMが速いアニメ曲も大分増えたので一部文を削除しました。 -- 2017-09-10 (日) 22:15:29
    • 当時は全然見えなくてオート見て覚えるしかなかった -- 2018-01-10 (水) 03:01:34
    • アニスぺとvitaで曲ID違うんじゃない? -- 2018-01-14 (日) 16:44:55
    • ↑同じ -- 2018-01-14 (日) 19:07:35
    • 譜面ジャーはタカハシな気がする 違うかな? -- 2018-06-16 (土) 13:02:53
    コメント:

譜面

PS Vita1譜面

yugio_vita.png

アニスペ譜面(見た目重視)

yugio_anispe.png

メニュー

 

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2018-10-21 2018-10-20

今日の25件

  • counter: 132724
  • today: 2
  • yesterday: 23
  • online: 18


*1 太字は初出
*2 MUSIC♪はPS Vita MSで天井スコアが上がり、天井点を突破できるようになっている
*3 アーティストの解散、遊戯王の版権はコナミだったりする事など