難易度表 / おに / パリのアメリカ人


パリのアメリカ人

詳細

バージョン*1ジャンル難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
3DS1クラシック★×84631049080点+連打670点175点
iOS1043790点610点150点
AC16.1.0SPポップス999820点2140点-
クラシック

譜面構成・攻略

  • BPMは約62〜112。
  • 平均密度は、約3.77打/秒
  • 譜面構成としては序曲「フィガロの結婚」を遅くしたような感じでHSをかければ逆詐称クラスに感じる人もいるだろう。但しラストの一打には注意。
  • 途中にRare Heroのような形の複合が表れる。

その他

  • 作曲は、ジョージ・ガーシュウィン
    • 彼が1920年代に過ごしたパリの活気に触発されて作曲された大掛かりな標題音楽。いわば音楽によるフランス紀行文のような曲である。
    • 映画「巴里のアメリカ人」のクライマックスシーンで流れた他、NHKの「音楽ファンタジー・ゆめ」でもトラウマ映像と共に紹介されたことがあり、聞き覚えのある人もいるだろう。
  • 曲IDは、clsaip(Amarican in Paris)。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アレンジ系じゃないの久々じゃね? -- 2020-04-18 (土) 09:13:13
  • ↑3 わんにゃーとゴーストマスク、 Eternal bondはどれも人とボカロのデュエット(カルテット)だが、どれも描き下ろし曲なのでボーカロイド&ナムコオリジナル。 -- 2020-04-18 (土) 10:14:21
  • 実はガーシュウィンの曲は今年の1月1日に著作権が消滅している。他の曲も今まで以上にAC入りさせやすくなっているかもしれない -- 2020-05-14 (木) 10:28:19
  • ジャンルが意味がわからない -- 2020-06-04 (木) 12:53:36
  • クラシックの曲なのになぜポップスにあるんだい -- 2020-06-04 (木) 12:55:23
  • ↑有名なクラシック、一般受けしそうなナムオリ=ポップスという解釈で最近通した。 -- 2020-06-04 (木) 13:17:28
  • 有名なクラシックはポップスに入るという認識が広まってるけどこれはどう考えてもクラシック音楽の中ではマイナー -- 2020-08-26 (水) 05:10:02
  • クラシックは全て他ジャンルにも被る、アレンジの場合はナムオリ、原曲の場合はポップス。原曲の中で小さい子でも知ってるような曲はキッズにも入る -- 2020-08-26 (水) 13:40:05
  • 通りで超有名なメヌエットやサーフ・サイドサティがポップスではないのか。 -- 2020-08-26 (水) 14:16:40
  • 難易度順のところにヴァーナスと分業が十分可能と書かれてるけど分業が通用するのは分かるけどヴァーナスはかなり酷だぞこれ -- 2020-09-13 (日) 05:14:15
コメント:

譜面

clsaip.png

メニュー

収録曲リスト

作品別情報




ジャンル別(新基準)

ジャンル別(旧基準)

コース別難易度別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

その他

更新履歴

最新の25件

2020-10-01

今日の25件

  • counter: 12975
  • today: 2
  • yesterday: 4
  • online: 47


*1 太字は初出