難易度表 / おに / チャーリー ダッシュ!


チャーリー ダッシュ!

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.6.5PS Vita1SP
Wii U3DL
3DS3DL
★×108581197480点+連打410点85点
真打999320点1040点-
iOS1191270点360点80点

譜面構成・攻略

  • BPMは49−320
    • HS1の16分音符があるBPMとしては歴代最速である。
    • 低速地帯の大部分は96、高速地帯は240-310-320-245-280の順。
  • 連打秒数目安・・・約0.573秒×4−約0.479秒:合計約2.771秒
  • 2小節目の3拍目にあるBPM108、HS0.75の48分音符(見た目64分音符)は歴代最短見た目音符間隔である。
  • スーハー2000ドンカマ2000のように、各地帯の難易度差が激しい超局所難譜面。
    • なお、ゴーゴータイムは高速地帯がほぼ全域に存在する。
  • 低速地帯は相対的に見れば難易度はとても低いが、リズム難で、48分もいくつか存在する
    • この地帯のリズムが分かりにくい場合は、オートとばいそく等を併用して譜面を予め確認しておくと良い。
  • 高速地帯が非常に難関であり、特に第1ゴーゴーとラストゴーゴーの長複合→風船連打のラッシュが鬼門。
    • この地帯をどれだけ捌けるかがノルマの分かれ目となるため、個人差が生まれやすい。
    • 高得点を狙わないなら、風船を無視することで体力を温存できる。
    • 34〜35小節の複合は●●●/○○○/●●●/○○○/●●●●/○○○○/と認識すればよい。59〜60小節の複合も配色が似ている。
    • この地帯の長複合は入り手とは逆の手の動きの方が激しいものもある。利き手とは逆の手から複合に入ることも考慮すると良いだろう。
  • 1曲を通しての平均密度は約6.69打/秒と★×10としてはそれほど高くなく、近い平均密度の曲として、きたさいたま2000(約6.71打/秒)がある。
    • が、26小節頭から41小節のドン(大)までの区間密度は約12.39打/秒、61小節頭から80小節最後のカッまでの区間密度は約12.64打/秒となる。これらに近い区間密度となるものは、幽玄ノ乱第2ゴーゴー(78小節頭から101小節最後のカッまで)約12.33打/秒がある。

対策

  • 前述同様、この曲の難所は何と言ってもBPM240・245地帯。長複合は単純なものに見えるが、どれも片手で面と縁を交互に叩かせるものばかりで、それは逆手も例外ではないため、見た目以上に忙しいものである。ロール処理にも全く向いていないため、≠MMの約3分の2のコンボ数であるが、体力と高速複合処理力に限ればあちら以上に必要になるといえる。さらにこれら2つの地帯だけでも最大コンボ数の半分以上を占めるため、ある程度叩けないとクリアさえも絶望的。

その他

  • 原曲は、ヴィットーリオ・モンティの「チャルダッシュ*2
    • ちなみに氏の曲のうちこの曲だけがとても有名で、他はあまり知られていない。
  • 編曲は、田島勝朗
  • 譜面作成は、すえP
    • 変に音を抜くと、せっかくのノリを損なうことになりそうだと思い、普段通りに素直に音を取っていくスタイルで譜面を作っていったら偶然あのような猛威をふるう譜面になったという。
  • 略称は、チャーリーチャリチャリ走など。
  • レッドVer.以降でこの譜面をフルコンボすると、称号「全力疾走の達人」を入手できる。
  • ブルーVer.段位道場の達人1曲目課題曲となった。
    • キミドリVer.〜イエローVer.段位道場の達人課題曲はナムオリ曲のみであったため、ナムオリ以外のジャンルの曲が達人課題曲に採用されたのはモモイロVer.以来。
  • 曲IDは、clscds
  • レッドVer.ではこの曲がジャンル「クラシック」フォルダの一番右端にあったが、イエローVer.とブルーVer.では美しく忙しきドナウが一番右端になった。
    • しかし、グリーンVer.で美しく忙しきドナウが移動したため、再びこの曲がフォルダの一番右端になった。


コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は高難易度攻略wiki難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • つまり狙って難しくした訳ではないと -- 2019-06-14 (金) 07:39:18
    • 曲が難しくする気満々なんだよな -- 2019-06-14 (金) 09:40:10
    • カラフルボイスのおかげでコイツの恐ろしさが改めてわかった -- 2019-06-29 (土) 23:41:20
    • クラシックのボス曲に相応しいいい譜面だと思う(クリアできるとは言っていない) -- 2019-07-08 (月) 06:13:04
    • 局 所 難 の 極 み -- 2019-07-23 (火) 08:31:16
    • 対策欄にあるギミチョコは現在2019年7月23日時点でACでは選択できないので、他の譜面に訂正したらどうでしょうか? -- 2019-07-23 (火) 11:18:55
    • ↑5 それ。原曲がBPM180くらいなのに編曲で露骨にBPM上げてるからな。つまり難しくなった原因は譜面作成者ではなく編曲者。 -- 2019-08-25 (日) 14:03:56
    • BPM280やら300やらの曲が増えて感覚麻痺してたけど240もめっちゃ速いんだってこの曲で思い知らされたわ -- 2019-09-11 (水) 07:43:10
    • ヤバイ -- 2019-09-13 (金) 20:49:19
    • 0.5倍速にして聞くと曲に忠実な譜面であることがわかる -- 2019-09-26 (木) 19:28:21
    コメント:

譜面

最初の風船は22打(小節線無し)
clscds_m2.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-10-14

今日の25件

  • counter: 168725
  • today: 65
  • yesterday: 73
  • online: 119


*1 太字は初出
*2 csárdásと書き、チャールダーシュとも読まれる。ハンガリー語であり、「酒場風」という意味のハンガリー音楽の一ジャンル。