難易度表 / おに / てんぢく2000


てんぢく2000

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC10,11
AC12増~14
AC11亜
DS1SP
Wii1SP
★×108311201560点+連打400点100点
真打モード1207600点1400点-
AC15.3.6Wii U3SP1198920点450点108点
真打1005040点1160点-

譜面構成

  • BPMは180。
  • 連打秒数目安・・・約0.472秒×4:合計約1.889秒
    • AC10~14では、全良+62打(約33打/秒弱)で122万点に到達可能。
  • 縁の割合がかなり高く、約58.84%(489/831)ある。
  • やや速めのBPM(エンジェル ドリームなどと同速)で24分音符が大量に襲いかかってくる。
    • 24分音符の割合は約30.32%(252/831)。低速ハネリズム譜面を除けば最高クラスである。
    • ちなみに24分音符は16分音符換算するとBPM270となり、束ね糸(BPM270)の16分音符と同速である。Phantom Rider(裏譜面)の16分音符(BPM268)にも近い。
  • そのため、クリアはまだしもフルコンボ及び全良難易度はかなり高く、またフルコンボ難易度に比べて全良難易度は格段に高い。
    • 初出したAC10では、当時最難関だったきたさいたま2000よりもフルコンボ及び全良は難しいとの声が多かったほどであり、AC14稼動終了時点で、ACでは全良者は4人、NN達成者は2人しか知られていなかった。
    • 今でもクリアとフルコンボと全良との壁がそれぞれ共に非常に大きい曲のひとつとされている。
  • 前述の通り24分音符が多く、至るところにコンボカッターが配置されており、コンボが繋がりにくい。
    • そのため、スコアを伸ばすことが難しい。2000シリーズの中でも自己ベストが低い人も多いだろう。
  • 平均密度は、約6.48打/秒
    • 一見すると休憩が多く低密度に見えるが、24分音符で詰まっている所は相当体力を削られる。そのため、旧基準では体力面を考慮しても★×10のなかで上位に位置するという声が多かった。

攻略

  • 基本的に24分が叩ければノルマは見えてくるものの、前述の通りBPMが速い。
    • 最悪の場合、24分の4連打を16分3打のリズムで叩いて、敢えて音符一つを流すのも手だが、その場合そもそもクリアすら圧倒的に程遠い可能性も高い。少なくとも単色の24分の4連符は当然叩けるようにはしたい。
    • また、簡単な箇所でなるべく良を出すことも意識したい。
    • 特に第2ゴーゴーは回復地帯だと思うべきだろう。クリアするなら絶対にミスしたくない箇所である。
  • フルコン挑戦者の難関は73小節であろう。焦らず音符をよく見て叩くと標準的でありそこまで難しくない。
  • ほとんどの24分に縁が絡んでいるためメンテの悪い台だとかなり無反応や誤反応が起きやすい。「あべこべ」を掛ける方が叩きやすく感じる人も多いだろう。
  • フルコンボ狙いならば、少なくともはやさいたま2000またさいたま2000のような高速譜面の16分の一つ一つの複合を全良で捌けるぐらいの腕前があれば問題ないだろう。
  • 105小節目辺りの24分偶数打には注意。気を付けないとここでコンボが途切れる。

その他

  • DS1では全コース最高難易度であった。
    • しかしDS1発売と同時に稼働したAC10ではかんたんが★×4であり、現在までそちらの難易度が引き継がれている。かんたんコースだけ最高難易度でないのは珍しい。
    • ちなみに、ふつうはAC11で一度★×6に降格したが、Wii1とAC13以降は★×7に戻っている。
  • DS1では風船音符がでんでん音符になっている。また、小節線がひとつ増えている(103小節3拍目)。
  • DS1のみ選曲画面の曲の流れ出しが28小節目(他は6小節目)になっている。
  • AC12増量版では裏譜面コマンドを入力したときよくでる2000の裏譜面として出現する。
  • AC14を最後に削除されたが、2013年10月のドンチャレ先行解禁曲として、新筐体で復活した。AC収録は約1年10ヶ月ぶりのことである。
    • ドンチャレの先行解禁曲が復活曲であるのは、Kamikaze Remixに続いて5曲目。また、先行解禁曲が2000シリーズの曲は初めてである。
    • 新筺体でも★×10に残留となった。強めの★×10が増えた現在では弱く見られがちであり、24分音符は多いものの最低限のレベルと言えるだろう。
    • 新筺体では配点が下がり、24分音符が多く精度が取りにくいことも相まって120万点到達がより厳しくなった。
  • 90小節2拍目〜100小節が〆ドレー2000の93小節5拍目〜103小節に引用された。
  • 亜州版では天竺2000と表記されている。
  • 新筺体ソライロVer.ではフルコンボ称号がなかったが、モモイロVer.以降はこの譜面をフルコンボすると、称号「ちょっと休憩」を獲得できる。
    • ちなみにドンチャレによる称号は「お休憩」である。間違えないように。
    • 曲中の歌詞にちなんでいる。
  • モモイロVer.段位道場の八段2曲目課題曲、ムラサキVer.段位道場の十段3曲目課題曲となった。
  • 作詞・作曲・編曲は、LindaAI-CUE
    • 第2ゴーゴーのバイオリン演奏は、高田龍一
  • ボーカルは、LindaAI-CUEギンギツネ
  • 譜面作成は、タカハシ
  • 曲IDは、10jiku
  • 余談だがこの曲は「『song_no』が1」である。https://donderhiroba.jp/score_detail.php?song_no=1&level=4 (リンク先を見るにはドンだーひろばにログインする必要あり。level=4は「おに」。)
    • そのためか、太鼓塾の曲に明らかに不相応なてんぢく2000のかんたんが表示されたことがある。
      • おそらく「曲が未設定だけど何か表示させたい」→「とりあえず最も番号が若いものを表示させておこう」という処理のためと思われる*2


コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意に目を通してからコメントをするようにしてください。
  • 難易度に関する話題は難易度等議論Wikiにてお願いします。

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • 某I氏が理論値近くを出していますが この曲の連打の理論値は計算上は29打なので実質天井は1210520点になりますかね? -- 2018-05-27 (日) 01:25:17
    • ↑9山ほどある -- 2018-05-27 (日) 09:55:44
    • ↑星10全良難易度最下位なんてだいたいそう。旋風ミンティアチルノさちさちドッペルゲンガーとか -- 2018-05-27 (日) 09:57:15
    • 曲の長さに対してゴーゴーが割と短い -- 2018-10-01 (月) 16:31:41
    • メンテゲー -- 2018-12-18 (火) 23:06:47
    • クリアは以外と簡単だったりする -- 2019-02-19 (火) 07:32:56
    • 人生で初めて星10クリアしたのがこれ -- 2019-04-28 (日) 23:06:02
    • これ10段三曲目に来るかな -- 2019-05-23 (木) 22:40:26
    • 新曲だったな -- 2019-06-03 (月) 17:20:38
    • 注釈2の処理って、いわゆる「ぬるぽ」ですか? -- 2019-06-16 (日) 16:31:50 New
    コメント:

譜面

1.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-06-17

今日の25件

  • counter: 167348
  • today: 11
  • yesterday: 45
  • online: 65


*1 太字は初出
*2 このような処理を入れておくとフリーズ等の致命的な不具合を回避することができる。level=1は「かんたん」。