難易度表 / おに / ≠MM


≠MM

詳細

バージョン*1難易度最大コンボ数天井スコア初項公差
AC15.7.3*2
AC15.8.2*3
AC15.9.0SP
PS Vita1SP
PS4 1DL
★×1012901205680点280点65点
真打1003900点750点-

譜面構成・攻略

  • BPMは92〜252。
    • 前半のBPM220地帯にはHS0.5がかけられている。
  • 精度曲のひとつ。
  • 非常に速い速度の中で様々な種類の複合の処理を求められる。前半はBlack Rose Apostleの低速地帯を速めて強化したもの、後半はPurple Rose Fusionの後半の高速地帯を強化したものと捉えることが出来るか。
    • 低速32分譜面→例の縁地帯→HS1の16分大量譜面の流れはまださいたま2000と共通するものがある。
    • そのためこの2曲はいろいろと比較されがちである。ちなみにあちらよりBPMは低いが、ノーツはこちらが291も多い。
  • 前半は万戈イム−一ノ十などとほぼ同速の16分音符複合をHS0.5がかけられている中で捌いていく。
    • この前半の時点ですでに★×10中〜上位に相当する処理力を求められる。ここでしっかり稼ぐことが出来なければクリアは絶望的。
    • 33〜41小節は縁のみで構成されているが、奇数・偶数打と単音、さらに変則的な休符が入り乱れており、HS0.5も相まって非常にリズムが取りづらい。
      • なお、この地帯の譜面はモールス音に合わせられているため、その音をよく聞いてリズムを覚えるのもよいだろう。
    • まださいたま2000の縁地帯ほど詰まってない分、ゴリ押しがそちらの縁地帯よりもしづらい。むしろ下手にゴリ押しすると不可を量産する可能性があるので出来れば冷静に繋ぎたいところ。
  • 後半のほぼ全域がクリア・フルコンボの難所と言っても過言ではないだろう。BPM250オーバーという速さで今までにない量の音符を叩くことになる。半端な体力、高速処理力では返り討ち必至。
    • 特に83〜86小節がフルコンボを狙う上で最大の正念場。配色は単純なものの、先述の速さの中で23連打を2回捌かなければならない。さらに直後は大音符であり、CSでは特良を取るのも困難。
    • 74〜76小節も要注意。16分4連打からの6分音符で、不可や可を出しやすい。
    • 87〜100小節の譜面難易度は51〜66小節とあまり変わりは無いが、前述の23連打もあって残された体力によっては体感難易度は一気に高くなる。そのためどれだけ体力を温存できるかがカギとなる。
    • 105、107小節には難解ではないが24分もある。フルコンボや全良を狙う際には注意。
  • BPMの速さに加えて音符の数も非常に多いため、逆手をどれだけ上手く使いこなせるかがカギ。一定区間を交互で叩いて利き手の体力を温存するのも有効。
    • クリアを目指す場合、やはり重要なのは前半の低速地帯。ここでどれだけゲージを稼ぐかによって、後半でのミスの許容範囲が大きく変わる。前半の速度・密度に慣れていないと門前払いを食らう。低速化HSが使われている曲を見切る力をつけたり、低速技術譜面で速度に慣れるのも有効。
  • 後半の速度を考えると、ばいそくはオススメできない。余程のことがない限りはばいそくは使わない方が無難。
  • 平均密度は、約8.22打/秒。
    • これはBlack Rose Apostle(約8.23打/秒)や双竜ノ乱(約8.22打/秒)とほぼ同じである。
    • また、曲のメインである6小節~102小節(BPM220及びBPM252地帯)の平均密度は約9.23打/秒と極めて高い。 特に密度が高い51小節~100小節では約11.25打/秒の譜面が約45秒間続く。
  • 総ノーツ数が非常に多く、 休憩地帯がほぼないため、体力切れには注意。
  • BPM250を超える速さでの16分の3連打や5連打、長複合が大量に出てくる。幽玄ノ乱Infinite Rebellion等と違い、8分メインの譜面に時折16分が混ざるのではなく、こちらは16分メインのラッシュが際限なく流れるためまた違った難しさがある。
    • 安定してこの曲がクリアできるようになれば、これらの最難関曲に立ち向かえるほどの体力が備わったと考えてよい。

その他

  • 全コース最高難易度曲である。
  • 演奏時間は約2分37秒と長め。
  • 作詞・作曲・編曲は、LindaAI-CUE
  • 歌唱は、Shokoある☆まじろう
  • 譜面作成は、マツモト
  • 曲名の読み方は「ではないにせん」。
    • 「≠」は数学記号で「ではない(not equal)」、「M」はローマ数字で「1000」を表し、2つで「2000」を意味する。
  • 曲IDは、vt1b2x
  • 曲名の通り2000シリーズではない*4
    • 「2000シリーズではないボス曲」「様々な憶測が飛び交うような曲名」という点を考慮して曲名が付けられたとのこと。曲名案としては他に「≠2000」が存在したという。
  • 34〜42小節(縁地帯)にモールス信号がある。こちらも参照。
  • 1ヶ所目:I can no longer make up with you.
    • 訳は「私はもはやあなたと和解することは出来ない」。
  • 2ヶ所目:I aever accept you !!
    • 訳は「私は決してあなたを容認しない!!」。
  • 2ヶ所目のaeverはneverの誤植である。
  • PS Vita1のストーリーモードの最終曲である為、当分AC収録はしないと公言されていたが、わずか半年でホワイトVer.段位道場の達人2曲目課題曲として電撃的なAC初収録を果たした。
  • イエローVer.で「かつメダル ごほうびショップ」のコンテンツとして追加された。これにより、常駐させることが可能となった。
    • 曲選択画面では縦書きであるため曲名の「≠」の向きが90°傾いて表示されている。
    • かつメダルは実に10000枚必要。現時点で1番高額である。次点は5000枚。
  • イエローVer.以降でこの譜面をフルコンボすると、称号「≠MMの達人」が獲得できる。
  • イエローver.ではこの曲がフォルダの一番右端にあったが、ブルーver.ではInfinite Rebellionがフォルダの一番右端になった。しかし、グリーンver.のアップデートでInfinite Rebellionがフォルダの別の場所に移動したため、再びこの曲がフォルダの一番右端になった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最初の5小節と最後の低速が無かったら平均密度9打くらいありそう -- 2019-08-16 (金) 16:16:24
  • この曲出来ると本当に楽しいから皆是非やってほしい -- 2019-08-17 (土) 20:29:30
  • ↑確かに。かんたんとかふつうとか、全良狙いならもうドキドキが止まらないねっ! -- 2019-08-17 (土) 21:14:53
  • 箱とかAIバトルやってない人できないやん -- 2019-08-19 (月) 12:21:14
  • 超人に来るかもしれない.....!? -- 2019-08-28 (水) 16:48:31
  • 段位にくるとすれば達人でしょうね。 -- 2019-08-28 (水) 21:31:00
  • 疾風怒濤裏よりは簡単かも? -- 2019-09-05 (木) 10:43:44
  • 縁地帯でミスるとえらいダメージでかい -- 2019-09-08 (日) 03:59:06
  • トップ層が軒並み高BPMやら24分32分地獄やらの中30遅いBPMなのに食い込んでるコイツとチャーリーは異常 -- 2019-09-08 (日) 11:53:43
  • 幽玄やドンカマが出る前にこれが出てれば現環境はもうちょっと穏やかだったかも知れない -- 2019-09-08 (日) 12:31:55
コメント:

譜面

vt1b2x_m.png

低速地帯見た目重視

mm修正低速.png

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-10-15

今日の25件

  • counter: 228280
  • today: 37
  • yesterday: 66
  • online: 119


*1 太字は初出
*2 段位道場内でのみプレイ可能
*3 段位道場内でのみプレイ可能
*4 公式Twitterソース