難易度順 / AC15 / むずかしい / ★×8上位


議論した結果、以下の表に関するコメントは太鼓の達人 クリア難易度 議論補助Wikiで行うことになりました。

リンク


+  議論所移動前の方針について


曲名基本BPM*1属性譜面の特徴(左)
最大コンボ数(右)
おに★×10相当

×
10
+

×
10
Infinite Rebellion300高速
体力
原曲である幽玄ノ乱を更に強化したような譜面。BPM300・HS1という速さはそのままに16分が増加し、8分も複雑化している。これに加えて12分が追加されており、8分や16分と接続しているものすらある。体力面では演奏時間は減ったがノーツが逆に増えており、その分全体の密度が更に高くなっている。平均密度が8打/秒を超えるのはおに★×10でも少数であり、体力面でも非常に難易度が高い。「ばいそく」のはたラク2000(おに)と比べても遜色はないだろう。
平均密度:約8.32打/秒
920

×
10
-
幽玄ノ乱300高速
体力
まずBPM300・HS1はおにでも見られない速さで、難しい適正者が見切るのは困難。またこの速さで16分も当然のごとく出現し、★10下位〜中位の高速譜面と比べても遜色はなく、「ばいそく」のはたラク2000(おに)に近い難易度を誇る。強いて言えば16分がすべて単色であることが救い。
平均密度:約7.35打/秒
883
おに★×9相当

×
9
+
ドンカマ2000120,
270
多重SC
個人差
前半難。面が連続して流れてくる途中に縁が混じる箇所と が続く箇所がある。これを知っていれば多少は楽になる。もちろん知らずに挑めば相当な地雷譜面である。後半は穏やかになるとはいえ、速さ・リズム難要素の面で厳しく、むずかしいとしては規格外である。
平均密度:約4.77打/秒
588

×
9
まださいたま2000280高速
局所難
前半はおに★×7レベルの譜面が続くが、16分複合が頻繁に出てくるので注意。後半からはむずかしいではまずあり得ないレベルの譜面が続く。BPMは280と幽玄ノ乱に次ぐ速さであり、おにでもあまり見かけない速さである。その速さにもかかわらず後半からは16分が大量に出現し、ラストには複雑な8分複合と16分がノンストップで襲いかかるおに★×10クラスの発狂が待ち受ける。幽玄ノ乱とは違い、ゲージの半分を比較的楽な前半で稼げるのが救いか。2つめの風船の連打数をあえて59打以下にすることで普通譜面に分岐できるが、あまり難易度に変化はない。なお、玄人譜面は存在しない。
平均密度:約5.29打/秒
636
636

×
9
-
!!!カオスタイム!!!-高速BPM256の速さで大量の8分複合を叩かせる譜面。幽玄ノ乱まださいたま2000に比べると数は劣るが16分単色もかなり出てくる。後半は徐々に加速し、最後にはBPM290にまで上がる。それにもかかわらず8分複合や16分が普通に出てくる。接続難易度はおに★×9として見てもかなり高い。低速地帯もリズム難気味で、可視不可能ソフラン大音符も地味に厄介。
平均密度:約5.45打/秒
612
おに★×8相当

×
8
+
Hurtling Boys195ソフラン長めのゴーゴーと2箇所存在するソフランが印象的な譜面。2回目はまだマシなのだが問題は1回目。面のみだが、いくらかの大音符+12分3打+16分3打+黄色連打という構成なので、暗記が無難。また、かなり骨のある譜面で、速めのBPMだが、密度が高く、16分複合が何度も出てくる。そのため、ゴーゴー全体が難所と見てもいい。ラスゴーはノンストップで8分と16分が出てくるため、振り落とされないよう注意。体力寄りの譜面だが、2連打が多く、やや精度が取りにくい箇所もあるので、リズム難耐性もあった方がいい。
平均密度:約5.85打/秒
634
DEBSTEP!130リズム難
識別難
同難易度内ではBPMは遅い部類で技術寄りの譜面。BPM130にも関わらず、冒頭〜第1ゴーゴー直前と第2ゴーゴー〜ラスゴー直前は半速で音符が流れてくる。そのため、16分が見た目32分、12分が見た目24分、8分が見た目16分となっているため、非常に譜面の認識が難しい。それ抜きにしても、複雑に24、16、12分が入り乱れる譜面なので、おに★×8でも見劣りしない譜面である。
平均密度:約4.10打/秒
546

×
8
亜空間遊泳ac12.5153リズム難
複合
過去にむずかしいコースに革命を起こした譜面。今ではこの譜面より難しい譜面もあるのだが、現在でも★×8上位であることはおそらく間違いない。24分こそないものの、いきなり16分+12分がある、16分複合が多い、この曲のおにより難化している箇所があるなど、大半のおにコースと見劣りしない要素を持つ。変拍子が含まれていてリズム難でもあるので、精度も取りづらい。
平均密度:約4.61打/秒
625
DIMENSIONS252※リズム難
個人差
BPMは252だが、HS0.5がかかっているのでBPM126と見ていい。むずかしいコースではありえない複合、リズム難、中盤の変拍子などこれらだけでも難しいのだが、この譜面の最大の特徴は、わずか354しかないノーツ数。不可を連発するとノルマ落ちしやすくなるため、不可をできるだけ抑えないとクリアは難しい。ラスゴーには○○●●●○○という難解な複合まで出てくる。他にこの複合が出てくる譜面はD's Adventure Noteのおにくらいしかない。
平均密度:約3.54打/秒
354
〆ドレー2000-体力
演奏時間長
圧倒的なノーツ数、演奏時間の割に高密度など体力寄りの譜面。16分はほとんど単色の3連打で、タベルナ・EkiBEN・はたラク地帯に幾らか複合がある程度で譜面としてはやや単純。しかし、メドレー曲であり、速度変化が非常に激しく、譜面の引用もどの曲も難しい箇所を引用されている。なので、きたさいたま地帯は例の16分ラッシュ、十露盤地帯は第4ゴーゴーが存在する。きたさいたま地帯以降で稼げるか、振り落とされないかがクリアへの大きなポイント。
平均密度:約5.88打/秒
1004

×
8
-
Ridge Racer*2140※リズム難
複合
おにコースと同一譜面。そのため、むずかしいコースとは思えないほど16分複合が多く、時折複雑な複合も登場。譜面の内容は完全におに★×8だが、ゲージがおにより緩いので、おにをやる前にやっておきたい。
平均密度:約5.08打/秒
733
VERTeX237高速8分主体の譜面だが、大半はHSが掛けられていて、見た目12分主体の譜面。開幕からレベルの高い複合が次々に登場し、3-3型や複合のラッシュ、長複合も存在する。体力はさほど必要ないが、並大抵の技術力だと門前払いを食らうかもしれない。
平均密度:約4.48打/秒
511
FLOWER346体力おにとのノーツ差は僅か76。16分2〜4連打主体の体力譜面。16分の複合は後半に2回出てくるのみだが、まともな休憩地帯がほぼなく、2つの長いゴーゴーはノンストップ。おにのような叩きにくい配置は少ないが、前半の2連打絡みのリズムに関してはこちらが厄介かもしれない。
平均密度:約5.41打/秒
645
D's Adventure Note174総合
体力
FLOWERと同様に、16分が偶数含めて多く出現する全体難の譜面。BPMはむずかしい★×8にしては低めだが、おに★×8と比べるとそう低くはないため、体力はそれなりに必要。ラストはおにと同様縁のみなので、クリア目的なら逆餡蜜も1つの手。
平均密度:約5.22打/秒
648
きたさいたま2000222高速
体力
高速体力譜面である。16分は単色3連打のみだが、ほとんど8分と隣接している。また、頻繁に変拍子が絡むため、リズム難譜面とは違った意味で精度が取りにくい。全体的に難しめではあるが、特にラスゴーはかなりの難所。全体的に16分が増え、トドメに16分3連打が12連続でラッシュとして襲いかかる。16分をすべて利き手から入ろうとするのは非常に危険。ある程度逆手から入ること推奨。
平均密度:約5.14打/秒
615
束ね糸270高速16分は存在しないが、終始BPM270と高速であり、HS1である。そのため、高速譜面に慣れていないと返り討ちに合うだろう。8分はほとんど複合であり、奇数偶数が入り乱れていることも難易度を上げている。若干リズム難であるのも注意。
平均密度:約5.24打/秒
667
またさいたま2000240高速8分の複合の種類は少なく、単色が多めであるが、この譜面の最大の特徴はBPM240から繰り出される多くの16分。単色3連打のみだが、数が多く、全て8分と隣接している。特に何度も16分が出てくる第1ゴーゴー直後から第2ゴーゴー直前までは接続が難しい。
平均密度:約4.78打/秒
575
Ignis Danse246高速
12分主体
単色12分主体のハネリズム譜面。中盤は8分主体になるが、大半はハネリズム。その割にBPMは速い上、ラストには長いものが襲ってくる。休憩は少なめなので、体力はある程度あったほうがいい。
平均密度:約4.94打/秒
583
スーハー2000280,
140
高速
複合
BPM280で襲いかかる16分混じりの発狂、ふつうコース並のスカスカな道中、見た目24分*34連打が多い低速、おに★×6、7レベルのゴーゴーと譜面の内容がはっきり分かれている。BPM280でHS1地帯は面しかないが、16分が混ざっているため、かなり酷。しかし、それ以外はそこまで難しい箇所は少ないので、そこで稼ごう。ただし、発狂もある程度叩かないとクリアは厳しめなので注意。高速黄色連打や2回ある追い越し音符は覚えるのが無難。
平均密度:約4.94打/秒
506
おに★×7相当

×
7
+
チャーリー ダッシュ!-高速
8分主体
おに同様、ゴーゴーにノーツの多くが詰まっている。ゴーゴーはひたすら8分複合を叩かされる。配色も複雑なものが多く、ここを全く叩けないとクリアは不可能。総ノーツ数も多いとは言えないため、低速地帯でもある程度稼ぐべし。低速地帯も早く叩きすぎて不可を出さないように。
平均密度:約5.08打/秒
481
Calculator-高速ラスゴーが特徴的な譜面。BPM300でノンストップで8分が流れてくる。非常に認識が難しいが、逆手始動する複合ではないのが救い。ただし、それ以前はBPM166の物量譜面であるので体力切れには注意。低速ソフラン後の追い越し大音符や12分複合にも気をつけたい。
平均密度:約5.29打/秒
555
女帝 〜インバラトゥーラ〜244リズム難9991という配色のラス殺しがかなり強烈。しかも、音符1つ1つにHSが掛けられているため、認識が非常に困難。道中は8分主体のリズム難。時折コンボカッターが現れるが、厳しい配置は少ないので食らいついていくしかない。
平均密度:約3.47打/秒
503
≠MM220,
252
総合
8分主体

平均密度:約4.49打/秒
704

×
7
Garakuta Doll Play256高速
8分主体
曲自体のBPMは256と、高速曲の多い★×8の中でもかなり早い。しかし、HS0.75が掛かっており、8分までしかないので、実質BPM128-HS1.5の譜面と見て良いだろう。複合は単純だが長いものが多く、特に分業では体力切れが心配。サイレントマジョリティーがこの譜面の練習に良い。この譜面が安定してクリアできるようになれば、SaikaPERFECT HUMANなどのおに★×8の一部にも手が出せるようになるのでは。
平均密度:約4.83打/秒
570
Got more raves?266高速
8分主体
8分音符までしかないが、BPMは266と高いため、BPM133の16分とみてよい。曲自体が変拍子なことによりリズムがとりづらいため要注意。また、偶数の複合も多いが、Garakuta Doll Playに比べると長複合がなく、大音符も少ないため1つ1つ処理していこう。Dance My Generationとは譜面傾向が近く、お互いに練習曲として機能する。第2ゴーゴーとラストゴーゴーはふつうと違い面だけなので、クリア目的ならここは稼ぎにしたい。
平均密度:約 打/秒
546

×
7
-
初音ミクの消失‐劇場版‐200高速
12分
達人譜面と玄人、普通譜面とで難易度差がかなり大きい。達人譜面は16分が多く、配置も複雑なので実質★×7中〜強クラス。しかし、8分12分が入り混じるため精度が取りづらく、分岐条件がかなり厳しいため、達人維持は難しい。そのため、フルコン、全良難易度に比べると、クリア難易度はそんなに高くない。ただし、高速譜面についていけないと門前払い。
平均密度:約3.47打/秒
536
486
468

旧コメント

+  クリックで開きます

コメント

太鼓の達人 クリア難易度 議論補助Wiki

メニュー

 

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2018-09-23 2018-09-22

今日の25件

  • counter: 42614
  • today: 2
  • yesterday: 45
  • online: 74


*1 ※があるものは細かなBPM変化がある
*2 おにと同一譜面のため、リンク先はおに
*3 正確には見た目約21.33分音符