難易度順 / AC15 / おに / ★×9


リンク


  • 並びは新筐体に準拠
    • 現状、詐称・逆詐称も含み、同レベル内では難易度順にはなっていません。
  • 逆詐称、弱、中、強、詐称、詐称+の6段階評価
  • 譜面分岐曲は、分岐の条件や分岐後の譜面を踏まえて総合的に判断
  • サヨナラ済曲・限定曲の議論は除く

難易度ごとの曲数(難易度を選択すると移動します)
詐称+詐称逆詐称対象外合計
214577349282217

曲名BPM*1属性譜面の特徴最大コンボ数
詐称+
「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」(裏譜面)127.79-205.97※
(133.64-410.92)
高速
体力
ソフラン
開幕のチャンピオンロード地帯は比較的叩きやすいのでここは極力不可を出さないようにしたいところ。それ以降は常時高BPMで14〜16小節で倍速になるのでチャンピオンロード地帯で貯めたゲージを空にしないよう注意。ゴーゴータイムまでは叩きやすい配置なものの休憩が少なく、ゴーゴータイムからは一切休憩はない。67小節目から8小節は加速して16分複合15打(74小節のみ12打)の体力面で厳しくなる終盤にかなり激しいラッシュが襲い掛かってくる。体力、高速処理どちらも★×9トップクラスなので他の★×9の高速譜面、体力譜面を演奏しきっても余裕があるくらいの実力が欲しいところ。以上の事から★×9としては完全に規格外で、最低でも★×10中位で体力面では★×10強にもなり得るので適正者はプレイしない方が無難
平均密度:約7.48打/秒
744
カラフルボイス240高速
体力
譜面は単純で16分は3連打がほとんど。単色ばかりだが、BPMがかなり速いため、高速処理・体力、高速耐性が必要となる。また、BPM240という速さは★×9ではほとんど見られない速さであり、その中でかなりの量の16分を捌かなければならない。特に第2ゴーゴー、ラスゴーは平均密度8打/秒を超えるほどの高密度であるために、体力面でもレベルが高い。練習曲という譜面はほとんどなく、クリアを目指すなら体力や高速耐性をつけることくらい。以上の事から、★×9を通り越した難易度であり、★×10中クラスに匹敵すると言う人も多いが、体力に自信があれば詐称クラスに落ち着くか。
平均密度:約6.43打/秒
876
詐称
脳漿炸裂ガール(裏譜面)155総合
個人差
BPMは決して高くないが、序盤から様々な偶数連打や裏拍入りの複合、長複合が流れてくる。また、休憩地帯がほとんどなく密度も高いため体力も必須である。主な難所は20〜25小節の長複合と33〜38小節のシャッフル地帯。長複合のラストには24分16連打複合があり、★×10適正者でも繋ぐのは難しい。シャッフル地帯は、いっそのこと精度を捨てて逆餡蜜処理をするのも一つの手。ゴーゴーの複合は面の数が見切りにくいため、あらかじめ動画などで確認しておくと良い。以上のことから、★×9の中では最も地力が要求され、詐称の中でも上位と目されることが多いので、人によっては詐称+並みの難易度に感じられることもある。が、その反面、速度が遅い分ゴーゴーなどは稼ぎにすることが出来ると判断出来るならば強レベルに感じる人もいる。そのため、比較的個人差が出やすい譜面となっている。
平均密度:約7.07打/秒
710
珈琲の味と185体力
ノンストップ
24分音符は存在しないが、開幕から様々な複合が次々と流れてくる休憩地帯の少ない体力譜面。中盤以降はやや長い複合も存在する。偶数連打も多く存在し、かつBPMが速めであるために複合処理能力も要求されるため、総合力譜面と言われることもある。序盤の複合は比較的叩きやすい配置になっているため、クリア狙いの人はこの辺りでゲージをできるだけ稼いでおきたい。終盤へ向かうに連れて密度が上昇し、体力的にも厳しいため19〜21小節や63〜66小節の比較的密度の低い休憩地帯を利用して体力を温存しておきたい。クリアだけに限れば一部の★×10よりも難しく、★×9の中でも体力面で最強クラスであるため、この曲が安定してクリアできるようになれば、★×10へ挑むための体力は十分にあると判断してもいいだろう。
平均密度:約7.59打/秒
926
千鼓千鼓120-155※複合
ラスト注意
BPMは決して高くないが、配色が複雑な中・長複合が多い上、24分も絡むものがいくつもある。裏拍配置・偶数配置や1-2で始まる複合もあり、運手が乱れやすい。特に23・24・28小節の24分は逆手から入ると叩きやすくなる。技術譜面が苦手な人は★×10に挑むつもりでプレイするのが無難だが、前半は速度も遅く、落ち着いて処理すれば問題などの観点から、詐称の中ではレベルが低めで、強レベルに感じられることもある。しかし個人差もやや出やすいので、詐称+寄り詐称や詐称+との声もあるため注意。ラストは高速大音符3打であり、最初はその前の16分複合と繋がっているため注意したい。
平均密度:約5.94打/秒
776
PAC‐MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2150リズム難
24分
32分
複合
個人差
偶数連打が多く、リズム難要素が強い譜面である。また、24分がかなり多く、32分も数回現れる。特に35〜40小節は2回ある32分のどちらかを必ず逆手入りしなければならず、適正者は要対策。24分2連打+12分単音は普通に16分3連打として処理可能だが、第3ゴーゴーで4回ある24分5連打+12分単音の6連打はかなり曲者であり、その後に8分があるため非常に精度を取りにくい。音符間隔がバラバラなラス殺しにも注意。以上のことから、★×9はおろか太鼓の達人でも特殊な譜面であり、個人差がやや出やすい。得意ならば詐称の中でも弱め(強寄り詐称)〜強、苦手ならば詐称の中でも強め(詐称+寄り詐称)、下手すると詐称+にもなりうる。
平均密度:約5.62打/秒
657
夜明けまであと3秒177-182総合
追い越し
かなり追い越しやソフランが多いものの、覚えやすいのでそれさえ覚えれば純粋な総合力譜面になる。開幕の12分複合は「3つ/6つに区切る繰り返し配置」として覚えて良い。それからは少しトリッキーな配置の長い単音+連打フレーズなので、譜面を認識しやすいヴァーナスや分業を推奨する。一番の難所である49小節目からの24分+16分+複合地帯もやや譜面が認識し辛いので、全パターンを覚えられるまでは16分を正しく叩けるようにしておきたい。
平均密度:約6.39打/秒
814
ユースフルコースター210高速
体力
24分
Princess of Donderからリズム難要素を削ぎ取って、24分や16分複合など物量要素、技術要素を加えたような譜面。BPM210でありながら、鋭い24分も多く存在し、捌けないようではクリアは困難である。繰り返しが少なく、配色変化が激しい上に道中も16分の連続が多いため、体力切れには注意したい。長複合が少ないのが救いとはいえど、★×9の中でも高レベルな譜面と言える。
平均密度:約6.37打/秒
724
CYBERgenicALICE18524分
複合
局所難
16分に接続した24分がBPMの高さによってかなり鋭くなっており、★×9適性者には接続が困難でコンボを切りやすい。道中も16分の連続で全体的にラッシュが激しく、また★×9にしてはノーツが少なめであり、一度置いていかれると、最悪の場合回復が間に合わずクリア失敗にもなりうる。短めで基礎的な複合が多いので、それらをこぼすことなく処理できるとクリアに大きく近づくだろう。
平均密度:約6.99打/秒
645
闇の魔法少女200
(100-400)
体力
ソフラン
演奏時間長
譜面は★×9にしては単純で、16分3連打が多く24分は存在しない。しかし、BPMが高い上にノーツ数が1158と★×9の中では飛び抜けて多い。そのため、体力面では★×9の範疇を超えていると言っていいだろう。相当の体力がないと完全ヴァーナスで押し通すのはかなり厳しいので、一部交互で叩くなどの対策は必須。唯一と言って良い休憩地帯は52〜67小節で、ここでしっかりと体力を回復させて後半に臨みたいところ。休憩地帯の直後に高速ソフランかかるが、ノーツ数は少ないので覚えてしまおう。93小節目以降は休憩地帯がなくなり、長複合の数も増える。ここまでに体力切れを起こしてしまうと、ゲージを削られてノルマ落ちしかねないため注意。もし体力的に厳しいなら、あらかじめWasabi Body Blow蒼の旋律といった★×9上位の体力譜面の魂クリアを安定させてから挑むと良い。この曲が出来れば★×10のネクロファンタジア 〜 Arr.Demetoriも十分出来るだろう。体力消費量に関しては★×10弱としてみても相当なものであり、詐称の中でもかなり猛威を奮っている譜面であるといえる。
平均密度:約7.91打/秒(3位)
1158
Phantom Rider(裏譜面)268※
(134-402)
ソフラン
32分
演奏時間長
ラスト注意
個人差
★×9では規格外のBPMの速さに加え、速度変化が非常に激しい。特に終盤はほぼ視認できない速度の高速HSがかかっており、面が中心とはいえ暗記は必須。異常なBPMの割に16分が多く、局所的に★×10の中でも難関寄りの配置さえ出てくる。★×9では過去に例がない譜面であり、個人差が非常に強い。闇の魔法少女Shiny Kung-fu Revivalとともに詐称の中でも特に上位に位置づけられることもあり、人によっては詐称+に感じられることもあるため注意。
平均密度:約4.96打/秒
765
Turquoise Tachometer164複合
ソフラン
物量
開幕と終盤に高速HSが存在する。見切れない事はないが 、加速しきってからの低速HSはかなり見づらいので注意。また、ゴーゴーでは奇数打・偶数打が入り交じる複雑な複合のラッシュが襲いかかる。休憩地帯が少なく、体力も必要となる。但し、24分が2回しかないのが何よりの救い。個人差はあるが、一般的に詐称の中では弱めなので強レベルに感じることもある。
平均密度:約7.66打/秒(5位)
835
春竜 〜Haryu〜(裏譜面)218※
(109-218)
高速
12分複合
★×9の中では珍しく、高速かつ12分音符が主体の譜面。非常に長い12分の複合ラッシュが多く、一度置いていかれると一気にゲージを落とすことになり危険。複合レベルが非常に高く、逆手なども多く含まれるが、ある程度パターン化されているので、あらかじめ運手を理解しておくと一気に楽になり、強レベルに感じられることも多い。詐称の中ではレベルは低めといえるだろう。
平均密度:約6.89打/秒
833
Shiny Kung-fu Revival222.2高速
トリッキー
複雑な複合は少ないが、とにかく速い。ゴーゴーは16分のラッシュが襲い掛かってくるため、一度置いていかれると危険。また、所々に追い越し大音符がある。激しいラッシュについていけないとクリアは絶望的なのでVenomousなど高速曲を安定して魂到達できるくらいの実力を付けてから挑むといいだろう。平均密度こそ高くないものの、このBPMで激しい16分ラッシュがノンストップで襲ってくるためかなり厳しいものがある。詐称の中でも上位に位置するので、選曲時は注意すべし。
平均密度:約6.30打/秒
765
イオシス秋の肉食祭2014132-180複合
体力
局所難
全体的にリズム難要素が多い譜面。序盤は緩めの譜面が続くが、ゴーゴーに突入すると24分が増え密度が高くなる。また、そこにはミュージック・リボルバー(裏譜面)に似たような複合があり、24分を挟むごとに逆手になるため叩きにくい。その後低速になりボクハシンセに似たリズム難譜面になる。リズム難が苦手だとここで不可を量産しやすいので注意。その後元のBPMに加速し、更に密度が上がり、複合が大量にでてくる。体力的にも技術的にも★×9の中では強めの譜面だといえる。
平均密度:約6.18打/秒
848
はやさいたま2000250高速
繰り返し
さいたま2000を1.25倍にした曲。原曲が★×7だがBPMが速く★×7では詐称クラスの譜面。こちらは更に譜面分岐は無く、原曲の達人譜面固定となるため、原曲における普通譜面に逃げることはできない。クリアするには終盤の複合ラッシュをどれだけ捌けるかが鍵である。先に原曲をフルコンボしておくとよいか。BPMがとにかく速く★×10に匹敵する難易度を誇るが、原曲に慣れていると体感難易度は非常に下がるので、やや個人差の強い譜面である。
平均密度:約6.81打/秒
570
シン・ゾンビ(達人譜面)180-360※
(180)
体力
32分
局所難
★×9はおろか太鼓の達人最強クラスの接続難易度を誇るBPM360の16分7、33連打発狂が非常に目を引くがそれ以外は普通譜面とほぼ変わらない素直な譜面。但し発狂地帯をスルーしてしまうとゲージにはかなり影響するため、不可を連発すること前提でも多少叩くことでゲージへの影響は激減する。
平均密度:約7.56打/秒
794
バイオレンストリガー196体力一部に高速24分も存在するが、大体は16分3連打や5連打をひたすら処理する比較的単純な体力譜面。しかし、この曲の最大の特徴は、曲が短く、コンボ数が少ないため、少しのミスが一気にゲージに影響することにある。そのため、1度崩れて不可を量産すると危険。生半可な実力で挑むと地獄を見る可能性が高いので注意。
平均密度:約6.42打/秒
520
ゴーストルール(裏譜面)105-210高速
体力
ソフラン
BPM210で休みなく3〜5連の高速高密度フレーズが流れてくる上、ラストには更に高速HSの中で長複合が2本流れてくる、16分のラッシュが激しい体力譜面となる。複合は比較的単純だが、BPMが速い上、ゴーゴーでのフレーズの始まりが偶数打で始まることも多く、そこで崩れると一気にゲージを持っていかれることがあり危険。体力消費量に関しては★×9詐称の曲と大差ないかそれ以上ある。強の中ではレベルが高いので注意。
平均密度:約7.04打/秒
798
ルカルカ★ナイトフィーバー(裏譜面)160複合
追い越し
演奏時間短
いきなりHS3の大音符が飛んでくるので、出落ちには要注意。ノーツ数は★×9にしては少なめなものの、曲が短い上に多くの複合が休みなしに流れてくるため密度は高い。複合そのものも長めのものだったり、24分と繋がっているものが多く複雑。開幕と終盤に2回ずつ24分から入る長複合がある。●●●●(24分)/○○//○○/と分けると良い。
平均密度:約7.33打/秒
636
愛×愛ホイッスル (カレーメシ公式曲)160-240総合
演奏時間長
開幕は中速偶数連打リズム難。中盤は16分3連までしかないが超高速。残りは素直なBPM180の譜面だが、時々複合やHSがかかっている。このように、様々な譜面処理能力が要求される総合譜面の一つであり、苦手な要素があると苦戦する可能性がある。
平均密度:約6.36打/秒
949
EDY -エレクトリカルダンシングヨガ-132低速
リズム難
演奏時間長
DEBSTEP!からHSを無くし、配置を大幅に単純化させた下位互換に近い譜面。低速な上にリズム難であり、12分、24分が多く見られる。一番の難所は24、32小節目に訪れる12分・16分・24分混じりの3-3複合。これはあまり見られない複合なので対策が必要。とにかくリズム難に特化した譜面であるため、そのような譜面傾向が苦手だと強の中では強く感じることがある。
平均密度:約5.34打/秒
765
おにぎりはどこかしら♪176総合
複合
そこそこ速いBPMでひたすら複合、奇数偶数連打、12分、24分が流れてくる総合力譜面。密度も高く、技術と体力がどちらも必要になってくるので注意が必要。最初のゴーゴーまでは比較的捌きやすい複合が多く、ゲージは比較的伸ばしやすいが、曲が進む度に厄介な複合が増えたり物量も強化していったりと難易度が上がってくるので、いかに終盤に食らいつけるかがクリアへの鍵となる。Scream out! -達人Edit.-(裏譜面)などのように技術力、体力がバランスよく問われる譜面である。
平均密度:約6.95打/秒
854
初音ミクの消失‐劇場版‐200-240高速
リズム難
12分と16分が入り混じった高速リズム難譜面で、非常に精度が取りづらい。基本的には、序盤とラスゴーに多い+●●●●●(16分)や●●●●(12分)の打ち分けがカギとなる。特に前者は縁の単音を順手で叩くと16分5連打を逆手から入ることになるため注意。第1ゴーゴー、第二ゴーゴーは比較的単純な譜面だが、ヴァーナスだと体力消費が激しいので交互を推奨。16分の長複合も叩けるようにしておきたい。問題はラスゴーで、前半を強化したリズム難譜面が続く上BPMが加速していくため可や不可を量産しやすい。あらかじめ運手を決めておくと良い。
平均密度:約6.63打/秒
765
B.B.K.K.B.K.K.170総合
偶数連打
Scream out! -達人Edit.-(裏譜面)おにぎりはどこかしら♪のような強屈指の総合力譜面であり、終始様々な偶数打がほぼ休み無しに襲いかかる。これらの譜面のように激しい難所や★×8レベルの稼ぎがある訳ではなく、ほぼ16分で構成されているため、全体難ともいえるか。とにかく偶数打が苦手だとかなりキツイ譜面なので、実質★×9中〜強中堅クラスの夜桜謝肉祭(裏譜面)などをこなせるようになってから挑むのが無難。24分は少ないものの、あちらより密度、複合レベルともに上回る。
平均密度:約.打/秒
853
Asteroid144-288
(144)
複合
偶数連打
32分
多重スクロール
偶数連打が多いので一度崩れると立て直しがし辛く、更に見た目24分・32分が16分に混ざって出てくるため見切り辛い。さらに、中盤には多重スクロール、終盤には長複合があり非常に癖の強い譜面である。運手を決めるなどの対策をして挑むように。
平均密度:約5.58打/秒
784
Scream out! -達人Edit.-(裏譜面)165総合
偶数連打
物量
ある所は長複合、ある所は偶数連打+裏拍と総合的に難しく、休憩はあるもののそれ以外は叩きっぱなし。★×8レベルの叩きやすい配置も多いとはいえ、24分の連続や裏拍地帯など叩きにくい配置も多いので苦手潰しとある程度の慣れが必要。なお、複合は3-3-2の型が多いので注意。また偶数連打も配色が複雑。24分連打も存在し、技術、体力ともになかなかのレベルを誇る総合力譜面。
平均密度:約7.15打/秒
999
ケロ⑨destiny172長複合
体力
局所難
速いBPMで異なるパターンの長複合数本を叩かされるので、譜面認識力と複合処理能力は必須。長複合以外は正統派譜面で叩きやすいが、長複合で不可を量産すると、魂ゲージの回復が間に合わないため注意。長複合が理解出来ていない段階で挑むのは危険だが、逆に言えば長複合をしっかり理解出来れば体感難易度はかなり下がる。
平均密度:約6.57打/秒
769
元祖!天才チルノちゃん☆185体力1〜8、33〜40小節にある5連打ラッシュが特徴的な体力譜面。配色が様々なので、全て叩けるようにしておきたい。後半からは休憩地帯がほとんど無くなるので、前半で体力を使いすぎないよう体力配分には気をつけたい。ところどころにある偶数連打や24分、中盤の12分にも注意。
平均密度:約7.30打/秒
859
練習曲Op.10-4125-177
(167)
複合
BPM揺れ
縁の単色がかなり多く、特に3連打は57回もある。そのため、縁の割合は約60.56%(516/852)と非常に高い。全体的に16分の長複合やBPM変化が多い。長複合は逆手から入ると叩きやすくなるものも多いので、あらかじめ運手を決めておくと良い。39〜44小節には16分複合ラッシュがある。○○/○○の連続と考えるとやりやすくなる。複合の厄介さが強調されがちだが、休憩地帯は少ないため密度が高い。BPMも決して低くはないので、体力切れに注意が必要。
平均密度:約7.14打/秒
852
Extreme MGG★★★(裏譜面)120-240総合
複合
速度変化
表譜面同様速度変化が激しい曲。序盤は偶数連打主体でたまに長めの複合が登場する。BPM240、200地帯は8分中心だが、速度が一気に変わるためリズムを崩されやすい。ゴーゴーは休みなしで長複合をひたすら叩かせてくる。体力も必要だが、それ以上に技術が必要になる譜面である。速度変化が多いので、ペースを崩されると危険。予め速度変化がある場所や配置を記憶しておくと楽になる。
平均密度:約6.30打/秒
757
SHOGYO MUJO(玄人譜面)148複合
連打曲
演奏時間長
偶数、長複合、リズム難、ソフランと総合力が問われる譜面。休憩は多いが、風船連打も重い為、体力も使う。第2ゴーゴーでは24分音符が複合に絡み合い、HSも掛かっている為、識別が難しくなっている。全体的に達人譜面と大差ない難易度であるが、3譜面の中では玄人譜面が一番難しいという声が多く、★×10に匹敵するという声もある。また、人によっては詐称の中でも強めに感じられることもあり、やや意見が割れやすい。
平均密度:約4.95打/秒
765
SHOGYO MUJO(達人譜面)148複合
連打曲
演奏時間長
演奏時間が長い上、重い風船や連打で非常に体力を持ってかれがち。更には一部SHOGYO MUJO(玄人譜面)よりパワーアップしている箇所がある。あちらと違って序盤からいきなり裏拍配置主体の譜面なので注意。
平均密度:約4.95打/秒
765
Pastel Sealane140.1リズム難
演奏時間長
24分が多く、12分や16分との絡みが比較的多いが配色はそこまで複雑ではない。全体的に癖のあるリズムなので、慣れないうちは翻弄されやすく危険。12分や24分をできるだけ捌きつつ、16分等相対的に簡単なところで確実に稼ぐことを意識すれば楽になる。慣れれば★×9強の中では弱めに感じるだろう。
平均密度:約5.84打/秒
850
Venomous224※高速
8分主体
開幕から8分複合のラッシュだが、BPMが224と速め。Punishment同様、複雑な複合や長めの16分はないものの、速いBPMで襲ってくる。ゴーゴーに入ると16分の数が増えるので、遅れないように注意。裏譜面とは違って技術要素が多く、体力やHSに凝ったあちらより難度が高いという声も多い。
平均密度:約6.42打/秒
765
Wasabi Body Blow180体力複合のレベルは低く譜面は非常に単純だが、速めのBPMの中で短めの複合が休みなしに襲いかかるため、かなりの体力が必要である。めたるぽりす(裏譜面)から変拍子を抜いたものの強化版といった感じだろう。体力譜面が苦手であれば完全に門前払いになり得る。最長音符間隔が約0.33秒と非常に短く、4分音符より長い休みが無い。1曲を通しての平均密度は★×9の中では歴代2位であり、★×10上位に匹敵する高さである。
平均密度:約8.19打/秒(2位)
959
Abandoned Temple Final 2nd276
(138-220.8)
ソフラン
32分
低速でスタートし、加速と減速を繰り返しながら展開していく。1回目の低速は32分は2打のみで、16分は偶数が多め。2回目の低速は前半が1回目とほぼ同じ、後半から16分の長複合と32分3打と16分隣接。休憩後の低速は32分3打と16分隣接。加速地帯は32分が見た目24分に近くなる。加速地帯の配色は単純なため、慣れれば稼ぎ地帯となるか。それでも全体的に稼ぎ地帯は少なく、いかに逆手を含む低速地帯で良を多く出せるか、32分で崩されないかがクリアの肝となる。
平均密度:約5.60打/秒
614
TOKIMEKIエスカレート(裏譜面)140長複合
局所難
個人差
長複合ゲー。クリアはラストの192連打にも及ぶ長複合が大きく影響する。それ以外は繰り返しが多く、難解な複合も少ないため簡単だが、総ノーツ数がそれほど多くないため長複合の割合が高い。よって、長複合が全く叩けないとほぼ門前払いである。BPMが遅めなのが救いではあるが、何れにせよ、長複合が叩けるか叩けないかで体感難易度が大きく変わる譜面である。比較的捌ける人なら中はおろか、弱クラスにまで感じ取れることもあるため、かなり個人差が出やすい
平均密度:約5.64打/秒
667
Honey Heartbeat 〜10 Stars Mix〜142-284※
(142)
複合
連打曲
演奏時間長
SMOKY THRILLの強化版といった感じのリズム難譜面。一部を除き複雑な複合はないものの、16分の奇数と偶数が入り乱れている。ゴーゴーでBPMが284に跳ね上がる。スーハー2000より速いが、常時HS0.5がかかっているため、実質BPM142の譜面として見ても差し支えない。しかし96〜111小節および122〜129小節に登場する長複合が厄介で、複合処理が苦手だとゲージを根こそぎ持っていかれる恐れがあるので注意。
平均密度:約5.22打/秒
765
Got more raves?266
(172.9-218.12)
変拍子
8分主体
BPMはかなり速いものの低速HSがかかっている。8分音符が中心だが、複合がかなり多彩であり、BPM133の16分と同じ速さであるため、運手をしっかり理解していないと厳しいものがある。16分は縁の単色が4回しかないが、5小節の9連打には注意。BPM177.33の24分とほぼ同じ速さである。低速HSで見た目が変化しており、そこに変拍子が合わさって叩きにくい譜面となっている。むずかしい以下であらかじめ曲のリズムを把握しておくといいだろう。ラスゴーは16分はないが、SORA-VI 火ノ鳥のラストにある12分ラッシュのような複雑な配置。あらかじめ運手は決めた方が良い。
平均密度:約5.97打/秒
702
FLOWER346
(173)
偶数連打jubeatのEXTREME譜面のリズムを元に作られた譜面。前半は2連打などの偶数連打や短複合が全体的に多く、配色も独特。ゴーゴーは繰り返しであるが、リズムが掴めないと歯が立たない可能性もあり、下手すると地雷になり兼ねない。後半はその偶数連打に加えて中複合も全体的に増えているが、中複合の配色は幸い単純なものが多いのでまだ捌きやすい方ではあるか。明確な休憩地帯も少ないため、体力配分にも注意しておきたい。
平均密度:約6.04打/秒
721
New World177※総合
リズム難
BPM揺れ
★×9強にしては難しい配置は少なく、体力をかなり使う訳でもないが、リズムが非常に独特でありBPM揺れも激しいため、可がかなり出やすい。中盤に出てくる長い12分複合にも要注意。最後の107小節にあるコンボカッターにも注意が必要。
平均密度:約6.20打/秒
725
Dragoon200体力譜面傾向はユースフルコースターに似ており、やや技術面で劣る代わりに、体力面で特化した譜面であるといえる。曲の前半には16分3連打ラッシュ、後半には24分が待ち構えている。あちらよりもやや遅めだが、その分16分や24分の数が増えている上、最後には24分7連打もあるため、最後まで気を抜かず、体力をいかに温存して叩くかを意識することが肝要である。体力に自信がないと★×9強の中でも高レベルに感じられることもある。
平均密度:約6.71打/秒
765
GO GET'EM!(裏譜面)146リズム難
24分
複合
表譜面とは対照的にドラムの音を主に拾った譜面。全体的に24分が多く、リズム難な配置もあるため精度がとりづらい。特に39・40小節の配置は非常に厄介で、強力なコンボカッターになり得る。逆手を強いられる複合もそれなりにあるので油断しないように。
平均密度:約6.64打/秒
648
マオウのショウタイム120-222総合
ソフラン
全体的に素直な複合が多いが、時折3-3型複合や捌きにくい16分3連打ラッシュがある。また、速度変化が特徴的な譜面であり、加速HS地帯ではBPMも上昇している箇所がある。特にラスゴーに関しては1小節ごとにBPMが上がり、最終的に222とGloriaと同じ速度となる。ここだけ見れば★×10と大差ない。速度についていけずに振り落とされる危険があるため注意。24分がないのが救いか。
平均密度:約6.58打/秒
888
ガンスリンガーシンデレラ167エンドリ譜面
複合
24分
追い越し
偶数連打・複合・24分がそこそこ入った技術譜面。ノーツ数と16分の比率が多い為、クリアを目指すなら16分をある程度叩けることが必要。複合は2・4つ区切る基礎なものが多いが、逆手から入るものもそこそこあるので、注意が必要。レベルの高い譜面の一つで、人によっては詐称並みの難易度に感じられることもある一方で、24分絡みは最初と最後しかなく、道中の16分は比較的基礎的な配置が多く大体は稼ぎ地帯に出来る、と判断することが出来れば強の中でも弱めに感じられることも多いので、やや個人差が出やすい。とにかくまずは襲い掛かる複合ラッシュを確実に捌き切るための複合処理能力を備えておくべきだろう。
平均密度:約6.83打/秒
861
さよならワーリャ60-240(120-240)変速複合
ソフラン
個人差
BPMが120と240で数回変化する。BPMが240であるところは16分(BPM120の32分)があり、BPMが120のところは24分が厄介。似た譜面が多く練習曲が多いのが救いだが、ノーツがかなり少ないので、少しの不可がゲージに大きく影響する上、この手の譜面が苦手だとほぼ全域が難所になる。ラスゴーで振り落とされないよう注意。
平均密度:約5.37打/秒
546
天狗囃子92-226低速
リズム難
演奏時間長
とても癖のある譜面で、がしゃどくろ魔方陣 -サモン・デルタ-にかなり似た譜面構成。こちらの複合と24・32分はその2曲より多くなっている。あらかじめそちらの曲をプレイしたり、動画などを見て研究していれば心強い。ただし、イエローでは中レベルの魔方陣より下の七段に選出されており、あちらより叩きやすいという声もある。
平均密度:約4.86打/秒
734
カグツチ155リズム難
局所難
★×9の中ではかなり骨のある譜面。リズム難、24分、長複合など様々な要素が問われる。序盤は付点配置が多く、リズムを崩されやすい。第1ゴーゴー以降からさらに難易度が上がり、24分音符はほとんど16分音符と隣接して配置されているため、認識がかなり難しい。
平均密度:約6.41打/秒
716
KUSANAGI180物量
24分
縁の割合が高く、約55.0%(410/745)が縁。縁がらみの長複合も存在し、24分音符はほとんどが縁である。24分音符が多数存在しており、長複合の中に組み込まれているものもある。この24分音符は16分音符換算でBPM270(18打/秒)となり、★×9としてはかなり速めである。特にゴーゴータイムは16分3連打と24分4連打が交互に来る箇所もあり、しっかり打ち分けが出来ないと置いていかれることもある。87〜88小節の長複合はこのレベル帯ではあまり見かけないタイプの複合となっており、さらに24分音符も絡んでいる。一拍ごとに区切ると、●●/○○/●●/○○●●/●●/○○/(○○○○○○)/●●●となる。独立した縁は逆手で叩き、2連打の縁は入り手から叩くことになる。
平均密度:約6.34打/秒
745
Heaven's Rider150偶数連打
リズム難
非常に偶数連打が特徴的な譜面。途中にウルトラマンX(裏譜面)に似た複合が出てきて、適正者には繋ぎにくいが、縁を挟むたびに面を叩く手が逆になると考えるのが無難。それ以外にも偶数打と裏拍、24分の弊害により、全体的に精度が取りづらい。クリア狙いなら発狂以外をしっかり捌きたいところ。
平均密度:約5.86打/秒
714
食らいむ!まうんとぱふぇ186偶数連打
複合
ラスト難
イントロ〜Aメロは素直なパターンだが、繰り返し譜面ではないので細々とした違いに惑わされないように。Bメロ〜サビはプレイヤーの高速偶数連打&複合処理能力が求められている。曲のラストはかなり不規則な複合が連発し、複合が上手く叩けないと、ここで魂ゲージが一気に削られやすいので要注意。
平均密度:約6.46打/秒
765
セイクリッド ルイン186体力
複合
譜面傾向は珈琲の味とに近いが、こちらの方が偶数連打は少なくリズムは取りやすいため、難易度は少し易しめ。ゴーゴーは全体的に密度が高く忙しいが、ゴーゴー前などスカスカな部分もあるのでそこを上手く休憩地帯にしたいところ。47〜49小節と62〜64小節に長複合がある。●●●○○●●の繰り返しと意識するとやりやすくなる。
平均密度:約6.72打/秒
876
ピコピコ ルイン186
時空庁時空1課180体力かなり純粋な体力譜面。第1ゴーゴー直後の16分ラッシュやいきなり出てくる、12分音符や○○○●●●○○○に注意が必要。16分ラッシュはかなりの時間を叩かされる上に捌きにくい配色となっている。集中力と体力切れにならないように。
平均密度:約7.49打/秒
836
3piece-JazzParty!160複合短い演奏時間の中で、多くの複合を叩かされる譜面。また、偶数連打が多くややリズム難気味。長めの複合は逆手から入ると叩きやすくなるものが多いので、複合に苦手意識のある人はあらかじめ譜面研究をしてから挑んだ方が良い。1小節目からいきなり○○○●●●という叩きにくい複合があり、序盤と終盤に8回現れる。また、これに+αした複合も現れる。複合も36〜37小節の見切り辛い長複合は、/○○○○○○○○/○○○●●●/○○●●と区切ると良い。57小節目の24分混じりの複合に注意。
平均密度:約6.21打/秒
552
DIMENSIONS252※
(138.6)
リズム難
局所難
かなりの高BPMだが、譜面全体に低速HSがかかっているため見た目BPMは138.6となっている。全体的にリズムが複雑で、複合も厄介なものが多い。ノーツ数も★×9にしては少ないため、複合がある程度捌けないとゲージがみるみるうちに下がってしまう。あらかじめこの曲のむずかしいで練習してから挑むのも手。
平均密度:約5.35打/秒
535
蒼の旋律196体力譜面傾向は天妖ノ舞(★×9逆詐称)やBlue Rose Ruin(★×8詐称)に近く、時々出てくる偶数連打に気を付ければそこまで技術は求められない。しかし、BPMが高くノーツ数も多いため、体力に自信がなかったり叩き方に無理がある人には辛い譜面。また、所々に面の長連打が現れるため、単色の高速長連打が苦手な人にとっては体感難易度は上がるかもしれない。譜面自体は単純なので、体力をつけたり疲れにくい叩き方を探るのが攻略への近道となる。
平均密度:約7.32打/秒
933
夜桜謝肉祭145※-170体力
偶数連打
旧基準★×10なだけあってかなり体力を使う譜面。単純な複合が休みなく流れるのだが、ゴーゴーでは複合のほとんどが偶数となりややリズムが取り辛くなる。他にも12分音符でリズムを崩してくるなど単純な複合だけでないので注意すること。★×10である裏譜面より難しいという声も多い
平均密度:約7.26打/秒
986
The Carnivorous Carnival168総合
複合
ゴーゴータイムを中心に短めの複合が絶えず流れてくる。バリエーションは非常に豊富で、叩きやすいものばかりではない。基本的な複合処理能力は勿論、これだけの密度とBPMに耐えられる体力も必要になってくる。様々な要素がバランスよく試される、★×9としては骨のある総合力譜面。
平均密度:約7.26打/秒
777
亜空間遊泳ac12.5153リズム難終始リズムが非常に取りにくい中難解な複合を叩かされるため、可や不可が出やすい。24分や逆手を使う個所もあり不可量産によりゲージが全くたまらず終了となることもある。複合は縁から始まるものが多いのであべこべの使用もあり。
平均密度:約5.74打/秒
777
冬竜 〜Toryu〜(裏譜面)110
(110-220)
48分
複合
低速
局所難
終盤の見た目12・24分地帯はとても★×9とは言いがたく、適正者は返り討ち必至。高速であり腕が追いつかなかったり運手に苦労することだろう。ここばかりが取り上げられることが多いが、ゴーゴー以前も難配色長複合、裏拍配置や偶数連打のオンパレード。高速地帯前で辛うじてノルマというレベルではこの譜面はまだ早い。★×9適正で挑むなら、せめてある程度の長複合を叩けてからにしよう。低速でいかに稼げるか、ゴーゴーでどれだけ耐えれるかがポイントであり、苦手な場合は詐称、下手すれば詐称+に感じることもあるので注意。やや個人差の強い譜面とも言える。
平均密度:約6.30打/秒
687
夏竜 〜Karyu〜(裏譜面)136
(68-272)
複合
偶数連打
ソフラン
変拍子
演奏時間長
個人差
前半は24分が次々に襲いかかる技術的な譜面。16分に接続しているものや、裏拍から叩き始める複合もあるので注意。BPMは遅いのが救いだが、ひっくり返せばかえって精度が取りづらい。また中盤には低速HSがかかるため、譜面傾向は前半と変わらないが可や不可を誘発させやすい。その後見た目BPM272まで加速する。高速8分複合かつ5拍子が混じるので、プレイヤーの長複合処理能力と見切り能力が求められる。その能力次第でクリア難易度が大きく変わるため、個人差が出易く、詐称レベルに感じられたり、強の中でも弱めに感じられることも少なくない
平均密度:約5.69打/秒
800
Princess of Donder200-210高速
総合
200という速いBPMの中で、かなりリズム難要素が含まれている譜面。前半はそこまで難しくはなく、ここでゲージを稼いでおきたい所だが、前述の通りリズム難要素が多く、偶数複合や12分が多く使われている分やや叩きにくくなっているので注意したい。ラスゴーの後半はBPMが210になり、大量の16分音符が飛んでくるので体力も必要になる譜面。ここだけ見れば一部の★×10よりも難しく、適性者はここでゲージを落としやすい。ゴーゴー地帯の後もノーツ数が少なくゲージは稼げないので、ここを確実に捌き切ることが出来るならクリアが大きく近づくだろう。これからの事を考えて、16分はヴァーナスではなく、交互で処理しておきたいところ。
平均密度:約6.85打/秒
765
G意識過剰200体力
ラスト注意
BPMが200と、かなり速い上に様々な複合が飛んでくる体力譜面。しかし所々にトリッキーな配置があるので注意が必要。最後に少し複雑な複合が流れてくるが、●●●/●●●●/●●●/面21連打と区切るのが無難だろう。ラストの6打を忘れないように注意。
平均密度:約6.78打/秒
790
ケチャドン2000(玄人譜面)110-426高速
8分主体
第2ゴーゴーは他の譜面より簡単だが、第3ゴーゴーは終始ノンストップのBPM250の高速8分複合(+16分)となるので、高速8分でたらめの見切り能力or暗記力のいずれかが必須。
平均密度:約5.26打/秒
502
華振舞162※体力
局所難
演奏時間長
(★×8強)から長複合を減らして、代わりに24分を入れたような譜面。最初の難所は7小節目の複合で、どちらかの24分はかならず逆手から入らなければならない。しかし、長い複合ではないため逆餡蜜で繋ぐことも可能。そこからはしばらくのような譜面が続くので、ここは確実に叩けるようにしておきたい。あちらと同様に休憩地帯がほとんどないため、体力配分には気を付けよう。第1ゴーゴーが終わると、70〜78小節に24分の発狂地帯がある。逆餡蜜で無理矢理繋いでも良いが、24分で体力が削られやすいので注意。第2ゴーゴー以降はほぼウイニングランだが、少し偶数連打が増える。また、85〜86小節に2つ長複合がある。○○○/○○/○○○○/○○と区切ると良い。
平均密度:約6.50打/秒
932
シン・ゾンビ(普通譜面)180-360※
(180)
体力
繰り返し
前半は繰り返しが多めなのでそこで稼ぎたいところ。しかし、偶数連打は多めで、12分など、コンボカッターになるところもある。60小節目からBPM360になるが見た目速度は変わらないため落ち着いて叩こう。
平均密度:約7.29打/秒
765
ヒカリアレ178体力
追い越し
そこそこ速いBPMで大量に押し寄せる16分をほぼノンストップで捌く体力譜面。特にゴーゴーからは休憩がほとんどなく、叩きっぱなし。16分も複雑ではないが、ほぼ複合であり、5連打以上の長めのものが多い。「光あれ」という歌詞に合わせて大音符が4個4分間隔で飛んでくるが、短いため、休憩にならない。後半には、縁が多い16分複合ラッシュが待ち受ける。とにかく体力がないと厳しいので、弱や★×8詐称の体力譜面を一通りクリアしてからプレイした方がいいかもしれない。
平均密度:約7.14打/秒
639
XY&Z254高速16分は単色の3連打しかない単純な譜面だが、BPMが速いため高速処理が問われる。そのため、高速譜面が苦手な人は注意が必要。★×7のともにに毛が生えた程度の譜面であるといえる。40〜47小節にある8分長複合と、79〜82小節にある16混じりの長複合に注意。80小節と82小節にある16分のどちらかは、逆手入りを求められる。演奏時間が短く、コンボ数も少なめであるため、ある程度叩けないとクリアは厳しい。
平均密度:約6.37打/秒
550
ウルトラマンギンガの歌185連打曲
局所難
演奏時間長
16分の複合ラッシュが多い譜面。BPMも高めで全体的に忙しいが、密度の低い地帯もあるので有効に使おう。66〜69小節にある24分混じりの長複合が最大の難所。どちらの手から入っても24分を逆手入りしなければならない。★×10適正者でも繋ぐのは難しいので、いっそのこと24分を捨てて16分を繋げることに徹するのも手か。
平均密度:約5.78打/秒
818
残響(裏譜面)140‐280
(140-210)
ソフラン
リズム難
リズム難要素が強い譜面。24分も多く、16分とつながっているものもある。34小節にBPM140の32分(BPM280の16分相当)が存在する。さらに利き手から入った場合、最後の面は逆手で叩くことになる。ゴーゴーで加速し、BPMが280に上昇する。コンボ数が少なめなので1ミスが響きやすい。
平均密度:約6.07打/秒
532
六兆年と一夜物語53.35-186※体力裏譜面よりもノーツ数が多く、技術力よりも体力が必要となる譜面。ゴーゴーは16分の奇数連打が多く密度が高いが、それ以外はスカスカな所も多いので、そこで体力を回復しておこう。58〜60小節にある16分43連打複合が難所。配色は単純だが、BPMがやや速め。また、89小節に減速があるので、タイミングを崩されないように注意。
平均密度:約6.66打/秒
846
六兆年と一夜物語(裏譜面)53.35-186※偶数連打奇数連打・ノーツ数が多く体力が求められる表譜面とは対照的に、偶数連打が多く技術力が求められる。ゴーゴーは密度が高いが、それ以外はスカスカな所も多いため、そこでしっかりと回復出来れば体力は持つだろう。58〜60小節の16分36連打複合と89小節目の減速に注意。特に減速はタイミングを崩されやすく、可や不可が出やすい。
平均密度:約5.94打/秒
753
ダンスロボットダンス190体力BPM190という高速でひたすら押し寄せる8分と16分のコンボを捌く譜面。24分は存在せず譜面は単純だが、高速かつノーツ数も多く、さらに技術要素も殆どなく体力の消耗が激しいので、余裕のない人は所々にある連打を無視して休憩地帯に使うのもアリ。
平均密度:約5.93打/秒
876
アスノヨゾラ哨戒班185体力
連打曲
★×9屈指の体力譜面であり、特にヴァーナスで叩こうとすると★×10でも高レベルの体力譜面にも劣らない体力消費量を誇る。ある程度交互で叩けるようにならないと危険。ひたすら3・5連打を休みなしに捌いていく。めたるぽりす(裏譜面)を速くして変拍子をなくした代わりに16分を増やしたものといえるか。ゴーゴーは休憩が少ないので、体力に自信がなければ連打は無視するのも手。譜面自体は単純であるがBPMが早めであるため、体力の有無によって体感難易度が変わってくるだろう。
平均密度:約6.16打/秒
719
カンタービレ×パッシオーネ(裏譜面)160長複合長複合が主体の譜面。最も長いものは、42〜50小節にある97連打であるが、ここは配色がかなり単純であるので稼いでおきたい。複合の1つ1つは区切れば単純なものが多いが、数が多く、時には逆手を強いられる複合も多く出てくる。そのため、生半可な気持ちで挑むと、痛い目に遭う可能性が高い。中の中ではややレベルが高めであるため、しっかり対策をしてから挑むべし。ラストの16分28連打+24分4連打には注意。
平均密度:約6.46打/秒
892
+♂(プラス男子)(裏譜面)180エンドリ譜面
体力
ノンストップ
風船重
曲がスカスカで、譜面もエンドリ譜面がメインになっているが、稀に24分+一部の面・縁単音配置が乱れていて、プレイヤーの譜面認識と運手を混乱させやすいので要注意。ノンストップ譜面かつノーツ数多めなので、一定の体力が必要。短い風船はクリアを目指す場合なら無視していい。
平均密度:約6.93打/秒
900
Dreadnought96-384体力
連打曲

平均密度:約.打/秒
632
幻想のサテライト230高速BPM230から繰り出される16分+8分のラッシュが特徴的。最低でも白鳥の湖〜still a duckling〜のラストゴーゴーを問題なくさばけるくらいの実力が欲しいところ。Bメロは低速になるが譜面配置は易しめなので、ここのミスは極力減らしていこう。第二ゴーゴーラストの大音符の後しばらくしてから軽いラッシュが来るので、仮に第二ゴーゴーでノルマ達成してもノルマクリアの表示が出るまで気を抜かないこと。こういった高速譜面は珍しく、慣れていなかったり苦手である場合は強レベルに感じられることもあるため要注意。
平均密度:約5.24打/秒
611
Grip & Break down !! -達人Edit.-(裏譜面)160※総合
ソフラン
序盤の1-2複合と変拍子と中盤のソフラン長複合はこの曲の2大コンボカッター。特に中盤のソフラン長複合は一度不可を出すと立て直しが難しいので注意。61〜62小節には追い越しも存在する。それ以外は★×8中〜強程度の易しい譜面だが、偶数と複合が多発する為、油断をしないように。
平均密度:約6.31打/秒
777
魔理沙は大変なものを盗んでいきました170体力24分やソフランは存在せず、複雑な配置も少ないが、物量が多く、体力が必要となる譜面。前半は16分3連打が大量に出てくる。同じ配色の3連打が一度に流れてくる場所もあるので、リズムを崩さないように。48小節には3-3複合が出てくる。この複合の最後は●●○○である。休憩が少なめであるため、体力に自信がなければ、連打は無視して休憩地帯に使うのもあり。繰り返しの配置が多いので、体力切れや時々現れる長複合に注意すればクリアは近いといえる。
平均密度:約6.90打/秒
810
チルノのパーフェクトさんすう教室 周年バージョン2.73‐350(175)体力チルノのパーフェクトさんすう教室と同様に繰り返しが多めだが、あちらより16分複合が増えており、おまけにあちらには無かった24分4連打が数回出てくる。24分は全て単色であるため、繋ぐのは難しくないが、体力切れには注意。
平均密度:約6.23打/秒
751
熊蜂の飛行116-151※複合
個人差
短い演奏時間の中で、多くの長複合を叩かされる譜面。★×9の中では個人差が大きく、長複合が得意か否かでかなり体感難易度に差が出る。初見は混乱しがちだが、長複合自体は2・4区切りのものが多い。そのため、しっかりと運手を組めばクリアは難しくない。主な難所は37〜39小節の16分49連打複合。○○●●/○○●●/○○●●/○○○からの●●●/○○/●●●/○○○の繰り返しと認識すると良い。
平均密度:約6.97打/秒
630
トッカータとフーガとロック143繰り返し
演奏時間長
BPMは緩めだが、独特の複合や変拍子・24分・重い風船によりリズムを崩されやすい。23〜26小節は一見複雑に見えるが、基本的には●●の繰り返しとなっている。33小節目に2本ある24分7連打も●●の繰り返し。1本目は直前に縁があるので注意。中盤は16分3連打が主体の譜面なので、ここでゲージを稼いでしまおう。83小節以降は偶数連打や長複合が入り混じっているが、中盤でしっかりゲージを稼いでおけばここで削られ過ぎてノルマ落ちということはないだろう。
平均密度:約5.50打/秒
804
メヌエット130リズム難8分音符の裏打ち、12・16・24分の混合複合、変拍子など、さまざまなリズム難要素が多く含まれている。序盤の第1ゴーゴーが難所で36〜37小節の複合がかなり複雑。フルコンボ狙いならばいそくを使うのもあり。
平均密度:約5.62打/秒
529
幻想即興曲114-228※速度変化
個人差
低速12分、高速8分、リズム難など様々なパターンで構成されている。そのため、どれか一つでも苦手な構成があると総崩れする恐れがあるので注意。43小節目からの16分ラッシュは面中心でたまに縁が混ざってくるので、叩き間違えて不可ハマりを起こさないように。
平均密度:約5.95打/秒
558
スプラトゥーン2 メドレー(裏譜面)140-195※物量
BPM揺れ
前半は偶数複合も多いリズム難重視のテクニカルな譜面、後半は速度が速くなって24分も出現する体力重視の構成となっている。中としては難しいものではないが、どちらか苦手だと厳しいか。ラスゴーはBPM180前後となるが、12ノーツしかないため、BPM190前後の地帯にノーツの半分以上が詰め込まれている。
平均密度:約6.32打/秒
757
チェインクロニクル 通常バトルメドレー(裏譜面)136-165総合序盤は至った難所はないが第一ゴーゴーでは、偶数打と裏拍子が増えるので注意。第二ゴーゴーはいきなり密度が増すので体力切れに注意。
平均密度:約6.17打/秒
778
チェインクロニクル 最終決戦メドレー(裏譜面)136-172総合
ラスト難
三連打がとても多く、ヴァーナスではきつい箇所があるので、ここで交互を使えるようにしておきたいところ。後半はさらに密度が増し、極めつけには24分のラス殺しがあるので、ゲージが削れてノルマ落ちしないよう注意が必要。総合的に見て、中では上位に位置する。
平均密度:約6.95打/秒
820
SHOGYO MUJO(普通譜面)148複合
演奏時間長
3譜面の中では一番易しいのでクリア狙いならこの譜面をおすすめする。24分や追い越しはなく、全体的にノーツが散らばっている。厄介な複合もあるが、他2譜面よりは叩きやすいと思われる。
平均密度:約4.95打/秒
765
Where is the Target?222.93-229.89※リズム難
ソフラン
32分
見た目32分が存在するが、数自体はそれほど多くはない。ただし、16分と32分が混じっている複合の場合、途中で叩く手が逆になることに注意。ゴーゴーでやや難解な複合が現れる。特に48〜53小節の風船混じり連続32分複合に注意。★×9の中ではコンボ数が少なめなので、一度不可を出すと立て直しが厳しい。
平均密度:約4.91打/秒
546
No Way Back(裏譜面)158※局所難
演奏時間長
65〜75小節目の発狂地帯は完全に★×9を逸脱しており、実質★×10上位クラスだが、それ以外は★×8中位〜上位クラス。発狂地帯以外で稼ぐことができればクリアは容易。ただし、発狂地帯が終わった時点でノルマに届いていないと、挽回が難しいので注意。
平均密度:約4.83打/秒
713
Comona138リズム難
24分
複合
全体的にリズムがとりづらい譜面で、24分の複合と24分・16分の混合複合がたまに出てくる。57-58小節、84-86小節の複合はかなり複雑。区切り方を覚えるなど、しっかり対策をしておくべき。
平均密度:約4.83打/秒
726
IN THE ZONE172※体力
局所難
序盤は★×9にしては易しい譜面だが、ゴーゴーでは多くの奇数連打が連続で襲い掛かる。利き手の消費が激しいので、交互を挟んで体力を温存するのも一つの手。58〜59小節の複合は、○○/○○/●●●と分けると良い。65小節目の発狂はかなり厄介で、適正者がコンボを繋ぐのはかなり厳しい。無理に叩こうとすると逆にゲージを落とす可能性があるので、面を捨てて縁だけ叩くのが吉か。82小節目の複合は地味に厄介だが、逆手から入るとやりやすい。
平均密度:約6.48打/秒
765
Ridge Racer(裏譜面)139.66※複合
演奏時間長
ノンストップ
全体を通して九分九厘16分。申し訳程度のリズム崩し12分があるくらい。ノンストップだが、速くなく24分はないので体力は不要。ただし長い演奏時間も相まって集中力次第。全体的に特殊なリズムで、奇数と偶数打の混合が延々続く。2、4、6打が多い。この6打は3-3で区切れるものもあるが終盤の○○○○に注意。長複合は対策必須。リズム的には3-3-2で区切ると自然。ノンストップ&複合耐性(長短かかわらず)が必要。全体難&むずかしさのベクトルが偏っているためある意味個人差譜面であり、この譜面ができない場合は粘着せずに他の譜面で特訓すべきか。
平均密度:約6.53打/秒
944
Sunset Runaway154※リズム難全体的にリズム難で複合が多く、24分も所々に配置されている。また、ノーツ数が★×9にしては少なめなため、少しのミスが痛い。ゴーゴーにやや長めの複合ラッシュがある。ほとんどが2・4つ区切り出来るものだが、48小節目に24分が2回現れるので注意。最大の難所は58〜59小節にある24分混じりの複合。1拍ごとに区切ると●●●/●●●(24分)+/○○○(24分)+/○○●●となる。
平均密度:約6.01打/秒
610
Star!!(裏譜面)178物量
複合
演奏時間短
表譜面を強化したような譜面で、所々に偶数連打や長複合がある。11〜13小節と63〜64小節にある長複合が少し厄介。前者は●●/●●○○/●●○○/○○/○○○/●●●、後者は●●×4+○○○○と区切ると良い。
平均密度:約6.14打/秒
530
華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜(裏譜面)184体力闇の魔法少女の譜面が引用される為、そちらに経験すればこの曲の認識は容易。あちらよりBPMが低く演奏時間も短めなので、あちらに慣れていれば高難易度には感じられないだろう。だが曲速がそこそこ速く、ノーツ数も多い為、この曲の体力消費も侮れない。引用譜面以外は難所がほとんど無いものの、37小節目の複合に注意。基本的に最初から最後までほぼ叩きっぱなしであるため、★×9としても高い水準である。だが、エンドリ譜面のような部分が多いため、体力さえあれば精度はとりやすい。
平均密度:約7.29打/秒
832
自分REST@RT(裏譜面)171※追い越し
物量
偶数連打や長複合から高速ソフラン、連続16分複合ラッシュに16-24分複合とあらゆる要素を含んだ譜面。4拍子がメインだが、全体的に密度が高い。Bメロに偶数連打と奇数連打が混じる事でリズムが崩されやすい事に要注意。サビからmint tearsのラスゴーに配置されている単音+5連打がある。また、最近のアイマス譜面によく見かける追い越し大音符にも要注意。
平均密度:約6.80打/秒
765
RIDGE RACER STEPS -GMT remix-240ハネリズム
リズム難
3拍子の曲である。コンボ数は536と少なめだがツンデレCafeへようこそ☆などのような12分主体の高速ハネリズムにHS0.65をかけた譜面であり精度が取りにくい。24分は出てこないが、あちらよりBPMが10速い。12分はBPM180の16分と同じ速さ。際立って複雑な複合はないが、一度不可を出すと立て直しが厳しいので注意。多くの複合は、複合の始まりは小節線の上に乗っていない。112〜113小節の複合は、利き手から入ると面は逆手から入ることになる。
平均密度:約4.49打/秒
536
オパ!オパ!RACER -GMT mashup-172リズム難全体的に偶数連打と裏拍が多く、精度が取り辛い。16分は複雑でない配置が多い。また、後半は休憩地帯が少ないためある程度の体力も必要。複合自体はそこまで複雑ではないが、所々に長めの複合が配置されている。特に36〜37小節の12分からの裏拍大音符や、49〜52小節のリズム難要素を含んだラッシュに注意。
平均密度:約6.43打/秒
682
Scars of FAUNA165
(181.5)
3拍子
24分
常時HSがかかっていて、人によっては見切りにくいかもしれないが、叩くスピードは変わらないのでいつも通り叩いていれば問題ない。ゴーゴーは、ほぼノンストップで24分・偶数・奇数が混じった複合が流れてくるので体力切れに注意。
平均密度:約6.96打/秒
780
Garakuta Doll Play256高速
8分主体
ラスト注意
Venomousをさらに速くした代わりに8分複合を減らしたような譜面。白鳥の湖〜still a duckling〜と譜面傾向も似ている。ただし、BPMは16も差があるため、あちらが出来ても一筋縄では行かない。BPMを武器に大量の8分音符が押し寄せてくるので、素早い判断能力が問われる。ラストの黄色連打後の高速大音符を叩き忘れないように。
平均密度:約6.42打/秒
750
マサカリブレイド194偶数連打2〜3連打中心の高速譜面。Bメロに偶数連打が多く出現する為間違えないように。サビは○○ ●●の繰り返しが多く、交互だと認識しにくいので注意。所々に24分複合が配置されている。BPM291の16分相当であり、気を抜くとコンボカッターになり得る。高めのBPMで偶数も多い等の理由から、強に感じる人も少なくないので中の中では比較的高レベルと言える。中の譜面にある程度慣れてから手を出す方が無難。
平均密度:約6.11打/秒
687
トラストゲーム192変拍子譜面は単純だが、変拍子のため叩きにくい。6小節の複合は利き手から入った場合、最初の面は逆手から叩くことになる。クロス・ブルーと同様、一度やってみたらわかる難しさがある譜面といえるだろう。
平均密度:約6.31打/秒
657
GO GET'EM!146リズム難
複合
主旋律を主に拾った譜面。全体的にリズムがとりづらい。逆手を強いられる複合が多く、36〜39小節にはタイコタイム(裏譜面)のラストのような複合がある。比較的長い長複合は、縁から入るものが多いため、人によってはあべこべを推奨。ノーツ数が少なめなので、ゲージが削られやすい。
平均密度:約5.67打/秒
555
シャイニング☆アブラカタブラ14932分至るところに32分があるが、全て16分と隣接しているためコンボカッターになりやすい。16分の長複合も決して単純なものではない。BPMこそ速くないが、ほぼ叩きっぱなしであるため、体力切れにも注意。
平均密度:約6.91打/秒
666
マジカル・パフェ8.15-237※
(137)
複合
リズム難
追い越し
ラスト注意
癖が強いリズム難譜面。ドンカマギミック・疑似停止ギミックがあり、★×9の中でもかなり個性的な譜面。リズム難でも過去に例がないタイプであり、練習となる譜面がないに等しい。ドンカマギミックのある小節の複合で、最初の2拍は縁は逆手、残りの2拍は縁は複合の入り手で叩くことになる。また、疑似停止と共に強烈なラス殺しがあり、ゲージがギリギリの状態だとノルマ落ちの可能性があるので、ある程度の対策は必要。
平均密度:約5.90打/秒
652
フリフリ♪ノリノリ♪(裏譜面)190ハネリズム
個人差
ハネリズム主体のノンストップ譜面であり、一度間違えると連続ミスが出やすいので、集中力と譜面認識力が求められる。同じ2連打やシャッフルの繰り返しが多いため、そのコツを掴めば体感難易度が多少下がるだろう。序盤と終盤に16分があり、非常に可が出やすい。全体的に特殊な配置であるため、個人差が比較的出易い譜面である。中の中では弱めという声も多いが、人によっては強レベルと同等の難易度に感じることも多いため注意。ラスト3打を叩き忘れないように。
平均密度:約6.15打/秒
665
オール・イン・マイハート190局所難★×9屈指の局所難譜面で、ラストは★×9としては規格外の難易度を誇るため、フルコン難易度は非常に高く、★×9の範疇を超越しているここだけ見ると★×10難関クラスに匹敵する。ラスゴーまではBPMは高いものの、比較的単純な譜面でスカスカな所も多い。但し、60〜63小節にある16分の長複合には注意。○○○/○○○/○○○/の繰り返しだが、縁中心かつ前述の高BPMもあり、腕が置いて行かれやすい。第3ゴーゴーに入ると16分の数が増え、ラスゴー終了直後にある12分と24分複合に注意。ここまでである程度ゲージに余裕を持たせておかないと、ラストで削られてノルマ落ちする可能性がある。
平均密度:約6.25打/秒
704
女帝 〜インバラトゥーラ〜204.5-290
(110-608)
リズム難
演奏時間長
リズム難で、がしゃどくろに似た譜面構成を持つ。あらかじめあちらをプレイしていれば無難だろう。最後に音符一つ一つの見た目スピードが違うという、過去に例を見ないギミックがある。区切り方は●●●●●/●●●/●●●●●/●●●/●●●●●/●●●●●などがある。
平均密度:約4.47打/秒
648
魔方陣 -サモン・デルタ-236
(129.8〜153.4)
低速
リズム難
譜面全体に低速HSがかかっており、見た目BPMはゴーゴーは153.4、それ以外は129.8となっている。★×9屈指のリズム難譜面で、譜面を知らないで挑むと振り回されること必至。曲をよく聞いて譜面研究をしてから挑むのが良いだろう。全体的に遅めで、複合も短めのものが多いのでゴリ押しも可能。ゴーゴーは、RIDGE RACER STEPS -GMT remix-と非常に似た譜面構成なので、あらかじめあちらで練習しておくのも良い。
平均密度:約4.69打/秒
600
鳳凰天舞無限崩れ150局所難中盤の24分発狂が特徴の局所難譜面。それ以外の箇所は比較的ゲージを稼ぎやすいが、配色は単純ながらも24分の数が多いので体力配分には注意。
平均密度:約6.95打/秒
689
少女の神の粒子182体力
演奏時間長
繰り返し
曲が約2分31秒とかなり長く、速めのBPMの中で基礎的な3・5連打複合を延々と叩かされる譜面。24分や複雑な複合はないが、体力と集中力が必要となる。全体的に繰り返し配置が多いため、体力切れにさえ注意すればクリアはぐっと近づくだろう。
平均密度:約6.59打/秒
999
大空と太鼓の踊り148-163総合★×9を代表する総合譜面。奇数複合、偶数複合、長複合、変拍子、速度変化、12分音符配置などありとあらゆる要素が含まれている。16分音符の長複合が多く、配色は単純なものも多いが、所々にやや複雑なものもあったりする。特に、終盤にある2本の長複合のうち、2本目の配色はワンパターンではないので注意が必要。
平均密度:約6.89打/秒
864
夜櫻ブレヰダアズ120-167局所難序盤〜中盤はスカスカで★×9にしては比較的単調な譜面だが、偶数連打が多いためリズムが取り辛い。第2ゴーゴーに入ると、それまでとは一転して複合の数が増える。ラスゴーでは、多くの長複合が現れる。どれも逆手の動きを要求されるものばかりなので、あらかじめ運手を確認しておこう。71小節目に24分7連打複合がある。○○/●●と分けると良い。
平均密度:約4.99打/秒
567
junction135リズム難
複合
比較的長めの複雑な複合と符点リズムが譜面の大半を占めており、かなりのリズム難になっている。リズム難や複合が苦手な人は門前払いとなる。しかし、BPMは低いため、精度は取り辛いがゴリ押しが利きやすい。分業でも十分クリアは可能。この曲に挑む前に、アルムジカac14.0V月影SASURAI(裏譜面)でリズム難耐性をつけておくのも良いだろう。
平均密度:約5.71打/秒
604
零の夜想曲(裏譜面)150※複合
偶数連打
偶数連打が多く、手元を狂わされやすい譜面。道中は比較的素直な配置だが、ゴーゴーは奇数連打・偶数連打が入り混じっている。配色自体は複雑ではないが、初見では混乱しやすい。51小節目と75小節目に同じ長複合がある。○○/●●/○○/●●と分けると良い。57〜59小節にある2本の長複合は、3-3の形が混じっているため要注意。
平均密度:約6.19打/秒
822
零の狂詩曲183局所難
ラスト注意
中盤に長複合と12分+16分のリズム崩しがあるが、それ以外は割と素直な譜面。第二ゴーゴーは16分ラッシュがあるものの、基本的には○○●●●に音符を増やしたような形であり、難しめの複合はない。BPMはそこそこ速めだが中の物量譜面としてはそこまで厳しいものではないため、なんとか食らいついていこう。
平均密度:約6.02打/秒
835
クロス・ブルー180変拍子
演奏時間長
24分がなく、★×9にしては単純だが、New Worldと同じく、変拍子なので叩きにくく、演奏時間が長いので集中力切れに注意。演奏時間の割には密度が高めであるので、体力もそれなりに必要。
平均密度:約6.84打/秒
962
迅風丸(裏譜面)150※複合
個人差
中盤の複合ラッシュが厄介だがゲージにはあまり関係なく、ゴーゴーで稼げばクリアは容易。しかし複合に全く歯が立たないとゲージがたまりきらず、ノルマ落ちという事態になりかねないので、事前に研究しておくのが無難だろう。
平均密度:約6.10打/秒
659
DON'T CUT(裏譜面)170総合
風船重
むずかしいを強化したような譜面で、基礎的な3〜7連打複合や捻りを加えた長複合が絶え間なく流れてくる。24分は存在しないが、複合処理能力が必要となる。ゴーゴーでは16分の●●●○○●●が多い。縁は逆手から入ることを意識しよう。また、短めの7打風船が5回現れる。割るには約19.83打/秒が必要で、適性者がハウスで割るのは厳しい。1本目はかなり邪魔な位置にあるので、スルーした方が良いだろう。
平均密度:約6.12打/秒
754
めたるぽりす(裏譜面)176ノンストップ
体力
個人差
★×9にしてはかなり単純な譜面だが、休憩地帯が全く存在しない。そのため、体力に自信がない人、特にヴァーナス一辺倒の人にはかなり辛い譜面。所々交互を挟むなど対策をした方が良いだろう。逆に体力に自信がある人は技術譜面である表譜面よりも簡単に感じることもある。幸い、譜面自体はほとんどが8分と16分の3連打・5連打で構成されているので、交互で叩きやすい。但し、48小節目と52小節目の12分複合でタイミングを崩されないように注意。体力がなければ門前払いな譜面であるため、譜面が単純だからといって★×9やり始めの頃に選ぶのはやや危険。
平均密度:約7.70打/秒(4位)
765
行かないでイカロス170ソフラン
ラスト注意
前半は★×8レベルの譜面なので、そこはできるだけミスをしたくないところ。32分縁2連打×2+面大音符で可・不可が出やすいので注意。そこから難易度が上がり、ノンストップ譜面になるのである程度の体力は必要。ゴーゴーは4小節ごとにHSが上がり、黄色連打+風船連打×縁大音符も高速で飛んでくる。ラスト3打にも注意。
平均密度:約6.86打/秒
666
エンジェル ドリーム(裏譜面)180
(180-720)
ソフラン
演奏時間長
ラスゴーまでは表譜面を強化したような譜面で、16分3・5連打が主体の譜面。ラスゴー突入前までは★×9の中でも弱めであるため、クリアを目指すなら、ここでノルマに乗せておきたいところ。ラスゴーに入るとソフランがかかり、譜面の速度が徐々に速くなっていく。譜面分岐の条件が厳しいため、コンボを繋いでいても玄人譜面に落ちる可能性もある。達人譜面しか覚えていないと痛い目を見るので注意。また、他の★×9に比べややゲージが重ためとなっており、その分ラスゴーでのミスはかなり痛い。そのため、中の中では高レベルで、強レベルに感じられることも少なくないので選曲時は注意。強の中でも強めという意見もあり、やや個人差が強い。とにかくまずは、ラスゴーまででしっかり稼ぐことを意識するべきだろう。
平均密度:約6.42打/秒
906
STAGE 0.ac11138リズム難全体的にかなりのリズム難譜面で、旧基準では実質★×10という声が多かった。変拍子や偶数連打が多く、リズムを崩されやすい。43〜50小節に練習曲Op.10-4と似た配置の複合ラッシュがある。43〜44小節の複合は逆手から入ると、24分を利き手から叩けるのでオススメ。現在では標準的な★×9であり、個人差でやや強めの譜面といったところか。
平均密度:約5.79打/秒
765
dance storm(裏譜面)190エンドリ譜面
ラスト注意
譜面傾向はmint tearsに近いが、あちらと違い複雑な複合はない。16分は3・5連打しか存在しないが、単音と複合の配置が嫌らしい上にBPMも高め。難所は第2ゴーゴーで、ノンストップで多くの16分複合が流れてくる。そのため、高速処理能力が要求される。ラストの大音符交じりの8分複合は初見ではかなり見切り辛いため要注意。配置を覚えてしまうか、分業や片手で処理してしまおう。配置は●●○○/●●○○/●●○○/○○●●となっている。
平均密度:約6.30打/秒
765
FooFooカセット175体力
偶数連打
小節線ギミックがあり注視していると次の音符で可や不可が出やすい。偶数連打や付点配置もあり、リズムがとりにくい。第2ゴーゴーでは、16分が休みなしに襲いかかってくる。終盤には、24分も2回出てくるので体力切れには注意したい。
平均密度:約6.28打/秒
810
毒LOCANdy165総合24分・偶数連打・裏拍・複合など様々な要素が詰めている中速総合譜面。これらの処理力が足りないとミスが出やすい。AメロにあるEAT'EM UP!のような16+24分3連打は逆餡蜜推奨。サビとラストにある複合は4・8つ区切りで対応しよう。
平均密度:約5.99打/秒
777
私立高天原学園高校・校歌188エンドリ譜面全体的に休憩は多いが、密度が集中しているところは24分も出てくるので体力切れに注意。76〜83小節では、きたさいたま2000のゴーゴーのようなリズム難地帯となっているため叩きづらい。特に、75小節にある16分4連打からの24分5連打には注意。
平均密度:約5.99打/秒
829
ヤマタイ★ナイトパーティー131-190エンドリ譜面
局所難
譜面の大半はアイマス曲のような譜面で慣れやすいが、密度が高く、曲速も早いので、一定の体力が必要。AメロとBメロの間にラップ合わせの偶数連打が混じるので要注意。間奏の高密度リズム崩れ地帯は最大の難所。
平均密度:約5.71打/秒
777
聖徳たいこの「日いずるまで飛鳥」100-200局所難ドンカマ2000のような多重スクロールがある玄人譜面が非常に特徴的だが、普通譜面や達人譜面に逃げることが可能。というよりは行き方が限られているので、滅多に玄人譜面になることはない。もう一つの難所が中盤のBPM200地帯。こちらは避けることができないのでゲージが削られてノルマ落ちしないよう注意が必要。
平均密度:約6.00打/秒
814803785
My Muscle Heart140-195局所難開幕とラストの長いノンストップかつ高速の8分+16分のフレーズは、ヴァーナスだとBPMの速さもあってきつく、交互だとどの手で縁を叩くか間違えやすいので、高速譜面が苦手な人は注意。中盤のBPM140の24分3-3複合(BPM210の16分相当)にも注意。それ以外はスカスカなところが多いので叩きやすいが、BPMは195とそれなりに速いため、体力切れに注意。
平均密度:約6.13打/秒
834
激運!七福ハッピークルー180エンドリ譜面
複合
★×8に多かったエンドリ譜面からさらに密度を上げて休憩も減らしたような譜面。長めの複合は少ないものの、時折厄介な複合も存在する。また、まともな休憩地帯が第2ゴーゴーとラスゴーの間くらいしかないため、ほぼ叩きっぱなし。リズム難要素が薄いのが救いか。
平均密度:約6.94打/秒
777
SAKURA EXHAUST178総合
局所難
中盤の56連打が難所で、BPMを考えると適正者にはややキツイか。個人差あるが、8つ区切りにしたら分かりやすいだろう。それ以外は厳しい配置は少ないため、道中をしっかり食らいついていけばクリアは難しいものではない。ラストの16分ラッシュと数回出る12分に注意。
平均密度:約6.30打/秒
765
ケチャドン2000(達人譜面)110-426高速
ハネリズム
第1ゴーゴーは8分で構成されているが、譜面分岐後の第2ゴーゴーとラスゴーは大半12分で構成されている。普通譜面玄人譜面と違い16分は存在しないが、高速ハネリズムが苦手な人は要注意。
平均密度:約5.26打/秒
502
恋文2000200体力序盤のほとんどは8分のドカドカ連打と16分の単色3連打+8分で構成されている。★×9にしては易しい配置なのでゲージを稼いでおきたいところだが、ヴァーナスだと体力の消費が激しいので交互を推奨。ゴーゴーが終わると休憩地帯がなくなり、16分のラッシュが待っている。これによりゲージをごっそりと持って行かれる可能性があるので注意。●●●●○○○はアレンジして全て繋げた方が楽な場合もある。
なお、玄人譜面の配置が達人譜面より複雑化され、16分連打の割合も高くなるので、精度が悪くなるとこの曲のクリア難易度が激しく上がることにも要注意。普通譜面は最も簡単だが、その場合は前半で可を多く出さなければならず、前半でゲージが稼げなくなってしまうので、達人譜面に分岐させた方がクリアしやすいだろう。
平均密度:約6.70打/秒
777
よくでる2000186※3拍子
複合
譜面のほとんどが8・16分構成されており、大半は単純な配置であるが、3拍子のためリズムがやや掴み辛い。3回あるゴーゴーはやや密度が高くなっている。第2ゴーゴーまでは単色が多いが、ラスゴーでは複合がかなり増える。ラストの16分17連打複合は、●●○○/●●/●●○○/●●と区切ると良い。
平均密度:約5.78打/秒
657
きたさいたま200177.6演奏時間長
ラスト注意
きたさいたま2000を0.8倍速にした曲。原曲のBPMが222と速めなため、遅くなっているとはいえ油断は出来ない。というよりも、元が速いためこちらも決してBPMが遅いとは言えない。特にゴーゴーや発狂の難しさは健在のため要注意。ゴーゴーは繰り返しとなっているが、変拍子のためリズムを崩されやすい。
平均密度:約5.36打/秒
802
ウキウキオトッペ170(85)低速
個人差
24分や複雑な複合は全くなく、譜面は★×9としてはかなり簡単な方であるが、彼は誰時の誘惑と同じく、1曲を通じてHS0.5がかけられているため、非常に見え難い。そのため、低速耐性があるかどうかで個人差が大きい。しかし速度が変化することは無いため、倍速を掛ければ、★×8といっても差し支えない程になるだろう。
平均密度:約6.46打/秒
545
さんぽ(裏譜面)120低速
体力
エンドリ譜面を2/3倍速にしたような譜面で、12分と24分が休みなく流れてくる。ヴァーナスで叩き切るのは少し辛いものがあるので、疲れたら交互を挟むのも手。全体的に譜面が見辛く初見では戸惑いやすいが、譜面自体は単純でリズムを掴めれば★×8に感じるかもしれない。BPM180で8分と16分3連打をノンストップで叩いていると考えると良い。
平均密度:約6.82打/秒
816
Heavenly Visitor(裏譜面)188体力オール・イン・マイハートThe Magician's Dreamのゴーゴーなどに代表される の繰り返しが特徴的な譜面。後者の5連打ラッシュとスカスカ地帯を抜いたような譜面構成で、全体的にほぼ叩きっぱなし。全体的に忙しいが、比較的叩きやすい譜面なので体力に自信があるならば、★×8にも感じられる言わばボーダーであり、★×8適正者でも是非挑戦してみるといい。
平均密度:約6.45打/秒
589
ギガンティックO. T. N190物量
エンドリ譜面
BPMは高いが、複雑な複合や長複合は一切存在せず、16分音符の偶数連打も所々にある2連打のみである。少し速めのエンドリ譜面といったところか。84小節目に24分が存在するが、面単色なのでロール処理で繋ぐのも手。
平均密度:約6.80打/秒
889
ワールズエンド・ダンスホール171複合複合の種類が豊富なので、★×10に挑戦するにあたってのステップアップにちょうどいい譜面。途中に零の夜想曲(裏譜面)に似た複合があるが、クリアまでは持って行かれないのである程度叩いていれば大丈夫。
平均密度:約6.20打/秒
700
ゲラゲラと笑うな66-180
(87.12-360)
局所難
演奏時間長
第4ゴーゴーと第5ゴーゴーの間に、12分と24分を主体とした発狂がある。BPMの高さも相まって、非常に可や不可が出やすい。それ以外は★×9にしては叩きやすい配置だが、演奏時間が長くノーツ数も多いので、体力配分や集中力切れに注意。
平均密度:約5.49打/秒
929
わんにゃーワールド176※局所難全体的に素直な譜面だが、中盤にラップ合わせのリズム難があり、特に18〜20小節はリズムが取り辛い。60〜68小節にちょっとした発狂がある。66〜67小節の16分16連打複合が特に厄介。●●●/○○/●●○○/と分けると良い。
平均密度:約5.84打/秒
765
Pixel Galaxy300(150)32分第六天魔王幽玄ノ乱などと同じBPMだが、半速HSがかかっている。この譜面の特徴は、やはり見た目32分が多用されていることである。この32分は全て複合3連打であり、ここをスムーズに叩けるかどうかがフルコンの鍵となる。このように、コンボカッターが多い譜面ではあるが、16分の複合は単純で稼ぎも多い譜面なので、クリア目的なら32分に惑わされず安定して叩こう。
平均密度:約5.26打/秒
740
ラッスンゴレライ(裏譜面)167追い越し
体力
表譜面(★×7中)の強化版のような譜面で、終始休みなく16分複合が流れてくる。複合自体は叩きやすいものがほとんどだが体力切れには注意。ゴーゴーはHS3のソフランがかかるがパターンは一つだけなのでタイミングさえ覚えてしまえば対処は可能。
平均密度:約6.56打/秒
806
仙酌絶唱のファンタジア160局所難開幕の複合、中盤の24分面4連打と2-2複合−12〜16分縁ラッシュ、ラストのリズム難+複合がこの曲の難所。だがそれ以外は★×7〜8程度の譜面で、難所をある程度で叩ければ、★×9入門者でも十分クリアできるだろう。★×8詐称のロストワンの号哭を全体的に易しくしてラストにちょっとした難所を持ってきたような譜面なので、人によっては逆詐称に感じられてもおかしくない。
平均密度:約5.14打/秒
701
WARNING×
WARNING×
WARNING
172ノンストップ休憩といえる部分が40〜42小節の黄色大連打くらいしかないノンストップ物量譜面。さらに、偶数連打や中・長複合など、所々にコンボカッターがあることにも注意が必要。上述のように複合レベルや求められる体力が弱にしてはレベルが高いため、中レベルに感じられることもある。
平均密度:約6.40打/秒
756
ナイト・オブ・ナイツ180体力16分3・5連打が主体の譜面だが、所々に偶数連打や24分が配置されている。基礎的な複合が多いが、○○○●●は少し叩き辛いので注意。24分は全て縁単色の4連打だが、BPMが速いためコンボカッターになりやすい。また、第1ゴーゴー以降は休憩がほとんどないため、密度やノーツ数以上に体力が削られやすい。ヴァーナス一辺倒ではなく、ある程度交互を挟むことを推奨。
平均密度:約6.18打/秒
651
ヘ調の協奏曲 第3楽章70-157※
(約104-約305)
ソフラン
演奏時間長
BPMは70-157とそこまで速くはないが1曲を通じてBPM変化が激しく、初見だとかなり振り回される可能性あり。譜面自体は★×8と比較してもそこまで大差ないものだが終盤には複雑な複合が配置されており、最後まで気を抜かないように。ちなみに最後のソフランだが見た目の速度が上がっているだけでなく実際のBPMも徐々に上がっている。
平均密度:約4.70打/秒
734
白鳥の湖〜still a duckling〜240※
(180-240)
高速
ラスト注意
太鼓の達人の昔からある、高速譜面の一つ。譜面構成はGarakuta Doll Playに似ていて初出当時は★×9最強譜面だったが現在は、高速処理能力があれば難なくクリアできる。最後の高速大音符は裏譜面と違って、縁である。
平均密度:約5.57打/秒
610
Heat Haze Shadow 2174体力24分は1つだけで、12分は存在しないので、技術よりも体力が要求される譜面。中盤の複合ラッシュが曲者だが、道中は16分5連打が基本で、難しい複合はなく適性者なら十分熟せる範囲内だろう。但し、全体的に密度が濃いので体力切れには注意。
平均密度:約6.67打/秒
765
ファミコンメドレー90-257.6?局所難緩急が激しい局所難譜面。前半、中盤のバルーンファイト、ドクターマリオ地帯は明らかに簡単で、実質★×8レベル。ここで稼ぎたい。しかし、後半のエキサイトバイク地帯で難易度が急激に上昇する。BPMも速くなり、弱にしてはかなり酷な譜面。200に近いBPMで奇数連打、偶数連打が入り混ざり、長連打もある。譜面の認識も難しいので、ここだけ見れば★×9強はある。その後の回復地帯がないため、いかにエキサイトバイク地帯で耐えるかがクリアへの鍵である。
平均密度:約4.89打/秒
690
Wings of Tomorrow (Tatsujin Mix)160※局所難ゴーゴーの一部にNo Way Backと共通する配置がある。中盤に24分発狂があり、適正者が繋ぐのはかなり厳しい。逆手から入ると幾分かは楽になる。No Way Back(裏譜面)とは違い、発狂後もノーツ数がそこそこあるため発狂で削られても回復しやすい。
平均密度:約5.54打/秒
765
Night And Day140※複合全体的に音合わせの譜面。序盤と終盤は比較的素直な配置だが、中盤は裏拍入りの複合や裏拍の単音が多いため精度が取り辛い。45〜46小節の複合は途中で面を叩く手が変わるので注意。55小節からの12分は直前の16分を裏拍で入って12分に繋がっているので、リズムを崩さないように。
平均密度:約5.57打/秒
698
SAMURAI ROCKET(裏譜面)136複合
風船重
演奏時間長
16分が全体の約9割を占め、その大半が偶数連打で表譜面を応用させたような配置である。第2ゴーゴーになると一気に難易度が上がり、長複合が複数襲い掛かる。それぞれの配置も異なるため、区切り方を明確にして逆手を使うと捌けるようになるだろう。第2ゴーゴー前に重めの風船があるが、表譜面とは違い休憩らしい休憩がないため体力に自信がなければ無視するとよい。
平均密度:約5.85打/秒
888
KARMA(Tatsujin Mix)145※複合
ソフラン
複合主体の譜面で、前半はRidge Racer(裏譜面)と似ている譜面が続くが、後半はややキツめの複合や最終ゴーゴー前の長複合などの難所が存在する。80小節目が最大の難所。24分6打→16分4打→24分6打→16分4打と意識すれば繋がるだろう。
平均密度:約6.29打/秒
876
ミツボシ☆☆★(裏譜面)175物量
局所難
Aメロ以外の譜面は休憩が少なく、特に曲のアウトロにまだ大量な音符が集中しているので、体力切れ注意。間奏の長複合はこの曲の筆頭の難所だが、前の7連打とサビの偶数連打も間違えやすくミスしやすい事も注意。
平均密度:約5.93打/秒
756
リッジでリッジで GO!GO!GO! -GMT mashup-146偶数連打
リズム難
追い越し
偶数連打が多くリズム難だが、BPMは緩く複合も短いものが多いため繋ぐのは難しくない。49〜52小節の3つの長複合が難所。1つ目と3つ目の複合は逆手から入ると叩きやすくなる。ラストは高速で大音符が飛んでくるので、配置を覚えておこう。
平均密度:約5.04打/秒
600
音虫をつかまえろ!150※複合
平均密度:約6.32打/秒
646
マリオネットピュア85-132複合
24分
ほぼ休みなく16分複合を叩かせる譜面。長めの複合には逆手処理を求めてきたり、24分が混じっていたりするので、体力というよりは技術力が求められる譜面と言えるだろう。
平均密度:約6.56打/秒
619
90-170複合全体的に5連打が多く、中盤には逆手を使わせる複合がある。また、全体的に繰り返し配置が多い。2小節の休憩地帯はあるものの、休憩できる場所はほとんどないため、体力切れに注意。
平均密度:約5.96打/秒
672
ひよっこファンタジー188局所難BPMが188とそこそこ速い上に、かなり忙しい箇所があるので体力切れに注意。ノーツも大して多くないため、1ミスが痛い。
平均密度:約5.72打/秒
583
合唱スタボーフェ!156複合
局所難
ソフランやBPM変化は一切ないが、所々で拍子が変わっており、タイミングが掴みづらい。16分複合が主体の譜面。所々に複雑な複合が混じっているため、複合譜面に耐性がないと門前払いになり兼ねない。ラスゴーが最大の難所だろう。特に72〜74小節の34連打がラス殺しともいえる。運手をしっかり決めて臨みたいところ。
平均密度:約5.98打/秒
673
ツンデレCafeへようこそ☆230高速
ハネリズム
★×7詐称のオフ♨ロックを更に高速化したような譜面であり、12分主体のハネリズム譜面である。数回出てくる24分は23打/秒(BPM345の16分相当)の速さ。70〜71小節がフルコンボする上での最大の難所であり、24分5連打でコンボカッターになる可能性が非常に高い。
平均密度:約4.74打/秒
555
ミーナのおやしき104-180※ソフラン全体的にエンドリ譜面に近く、処理が難しい複合がほとんど現れない。29小節のきらきら星地帯は配置されているノーツ全てのBPMが違う値で視認難。叩く間隔は微妙に違うため、可が出やすい。中盤の51小節には24分の混じりの複合もある。終盤から徐々にBPMが上がり、71小節ではBPM180とエンジェル ドリームなどと同じ速さになる。ラストの長複合には注意。
平均密度:約4.91打/秒
607
ソードバトラーズ(裏譜面)150局所難全体的に2連打が多く、基本的な複合がほとんどだが、24分の○○○●●●○○●●●●●○○○●●●が2つずつ存在し、3-3複合となっているため非常に厄介。しかし、発狂が叩けなくても、それ以外でしっかりとゲージを稼げればクリアは容易。但し、42〜43小節の16分複合は少し複雑なので注意。●●/●●●/○○○○/○○○と区切ると良い。
平均密度:約6.15打/秒
604
オーディオ de カッ!142-220.44※ソフラン
演奏時間長
厄介な長複合こそあるものの、BPMが高いわけでもなく、難しい複合が連発するわけでもないが、いたるところに速度変化があり、小節線がほかの曲にはない特殊な動きをするので惑わされないように注意。また、最後に6小節にわたって倍速5連打ラッシュがあるので、ここで不可ハマりを起こさないように。
平均密度:約4.11打/秒
576
スポーツダイジェスドン(裏譜面)130リズム難
演奏時間長
24分混じりの16分複合や裏拍が随所にあり、精度がかなり取り辛い。また、演奏時間が長く、集中力も求められる。しかし、複合自体はそこまで複雑ではない。サタデー太鼓フィーバー(裏譜面)(★×8詐称)とほぼ同程度の難易度と言えるか。
平均密度:約4.80打/秒
733
散りゆく蘭の綴る詩180繰り返し基本的なフレーズや繰り返しが多いが、所々にある偶数連打や長めの複合に注意。65〜66小節の複合は、○○/○○/○○○/●●●●と区切ると良い。
平均密度:約5.82打/秒
701
Many wow bang!(裏譜面)134リズム難
複合
風船重
表譜面同様のリズム難譜面だが、音符配置が全体的に異なっており、こちらは面と面の間に縁を挟んだ複合が多い。この譜面を挑む前にLadystar Wanderingクルクルクロックルといった★×8強クラスのリズム難譜面が安定してクリア出来るならばこちらも十分挑戦圏内に入るだろう。
平均密度:約5.18打/秒
497(272/272)
めたるぽりす176風船重
大音符認識難
トリッキー
変拍子が多く、譜面パターンが素直ではないため、非正統派譜面に慣れない人はリズムが崩れやすい。ノーツ数の割に大音符が46個とやや多い。特に43〜44小節と57〜60小節は譜面が見辛く、初見では惑わされやすい。中盤に短い風船が4ヵ所あり、4本目の風船を割るには24打/秒が必要。また、直前に5連打があるため実質それ以上の連打が要求される。ノルマには全く影響しないのでスルーしてしまうのが無難。ラスゴーに長めの複合が3本あるが、配色はそこまで複雑ではないので取りこぼさないように。とはいえ★×9としてはかなり単調な譜面なので、複合をどうにかすればクリアは楽だろう。
平均密度:約5.98打/秒
594
タイコタイム170※偶数連打
ラスト注意
どの分岐でも偶数打主体だが、達人譜面は4分音符以上の間隔がほとんどない(第1ゴーゴー〜ラスゴーまでの密度は7打/秒超)ため体力譜面でもある。普通、玄人譜面は★×9としては長い16分も難しい複合がないため叩きやすくはあるものの、その分難しい達人譜面に上がりやすくなるので注意。
平均密度:約5.89打/秒
765
戦国三弦(玄人譜面)144複合16分3連打や長複合が多い。基本的には繰り返しが多く、長複合も決して複雑ではない。不意に1回だけ出る24分に注意。
平均密度:約5.61打/秒
663
忘却のティルナノグ165繰り返し
物量
★×8であるDON'T CUT(表)に似ているので、とにかく配置が単純で繰り返しが多い。あちらが余裕で出来る程度の実力なら、この曲も対処できるだろう。ただし曲の後半の音符密集地帯で体力が切れやすい点には注意。
平均密度:約6.10打/秒
794
月影SASURAI(裏譜面)137※リズム難表譜面の強化版のような譜面。終始16分偶数連打主体で複合を叩かせて来るのでかなりの複合処理能力とリズム難耐性が問われるものの、BPMが比較的遅めなのが救い。
平均密度:約5.60打/秒
765
ヌムジカac.10142複合やや局所難気味の譜面かつ、裏拍配置、長複合、音符と隣接している短い黄色連打や風船、変拍子、偶数連打が所々にあるため、技術が求められる譜面でもある。難所は55〜62小節であり、59小節の長複合は逆手から入るとやりやすい。
平均密度:約5.14打/秒
631
アルムジカac14.0V140複合
リズム難
偶数連打
BPMこそ140と遅めではあるが、終始様々な複合が襲いかかってくる為、複合処理能力が執拗に用いられる。裏の裏を叩かせたり、偶数連打で精度を崩したりするacシリーズ特有のリズム難な配置も多い。途中に444打の全く割らせる気のない風船があるが、クリアには関係ない。コンボ数も555と少ないため、一つのミスが命取りとなる。
平均密度:約5.80打/秒
555
SORA-VI 火ノ鳥168長複合前半は8分と16分、後半は12分主体の譜面。譜面自体は★×9にしてはそこまで複雑ではないが、変拍子のため叩きにくい。44〜55小節に16分のラッシュがある。複雑な複合はないが、偶数連打が混ざっているので注意。81〜85小節の12分62連打複合が最大の難所。どちらの手から入っても逆手必須となっている。分業も使えないことはないが、BPM的にやや辛いかもしれない。
平均密度:約5.13打/秒
666
らいとにんぐ ぱっしょん(裏譜面)166偶数連打
ノンストップ
風船重
譜面傾向としては、らんぶる乱舞(裏譜面)(★×8強)に近い。24分や長複合はないが、全体的に偶数連打が多い。また、休憩地帯がないため体力も必要となる。しかし、複合そのものは基本的なものばかりなので、★×9に挑戦する実力があれば十分叩けるだろう。53小節目の82打風船は約15.12打/秒が必要となる。連打が苦手な人が割るのは厳しいだろう。
平均密度:約6.22打/秒
765
サンバ アレグリーア(裏譜面)138偶数連打
風船重
偶数連打や24分の多いリズム難譜面。特にゴーゴーは叩きにくい奇数、偶数連打の混合に加えめたるぽりすのような短い風船連打が連続で流れてくる。この風船はロール以外で割るのは厳しい上直後の音符を巻き込んで不可になりやすいのでスルーするのも手。
平均密度:約5.83打/秒
765
Red Rose Evangel178エンドリ譜面
偶数連打
序盤は特に難所はないが、第2ゴーゴーに入ると16分複合の数が増える。奇数連打中心なので叩きやすいが、BPMはやや速めなので注意。第3ゴーゴーになると偶数連打が混じり、リズムを崩されやすい。繰り返しとなっているので、パターンを掴んでしまおう。82〜83小節の複合は、○○○//○○○/と分けると良い。総合的に見ると、★×8詐称のBlue Rose Ruinと同等の難易度と言えるだろう。こちらは技術寄り、あちらは体力寄りの譜面となっている。
平均密度:約6.51打/秒
765
Xa290
(174)
32分
総合
BPMは290と非常に高いが常時HS0.6がかかっているため見た目は174とごく普通の速さ。譜面も基礎的な奇数複合が多いが17~24小節は2、4連打で構成されている。ゴーゴーは休みのない3、5、7連打のラッシュの後に長複合を叩かされるので体力切れに注意。ただし、複合そのものは★×8適正者でも対応出来るものがほとんど。間奏とラストに体感上の32分*2が存在するがクリアにはあまり影響しないだろう。
平均密度:約6.02打/秒
675
秋竜 〜Shiuryu〜120-194
(194-252)
ソフラン終始ソフランが激しめであり、高めのBPMもあって叩きづらくなっている。第一ゴーゴーの後は等速になるためここでゲージをしっかり稼いでおき、密度が高く、ソフランにより加速している第二ゴーゴーに備えておこう。
平均密度:約5.82打/秒
750
ドキドキ胸きゅん おまつりタイム106-212連打曲
繰り返し
高速
連打は合計約22.976秒、本数は28本と、おにコースの中でもトップクラスの連打曲である。前半と後半の譜面構成は全く一緒であるが、後半はテンポが上がるため、分業・交互はともかくヴァーナスではやや辛いものがある。連打に力を入れ過ぎて、体力切れによる2番の高速ラッシュについていけなくなるということにならないようにしたい。
平均密度:約4.78打/秒
652
彼は誰時の誘惑216(108)低速
個人差
BPMは216だが、HS0.5がかかっており見た目BPMは108である。16分はほぼ単色3連打だが、第2ゴーゴーでは複合も出てくる。16分が上手く叩けるかがクリアへの道である。ソフランはないため、ばいそくの使用も有効。とはいえ太鼓の達人ではかなり珍しいタイプの譜面であるため個人差が出やすく、★×9最弱〜★×9強と感じ方は様々。ただし、★×8には終始低速で当たり前のように32分多発する譜面はない(あるにしろ一部ソフランがかかっているRAINMAKER程度)ことには注意。
平均密度:約4.22打/秒
553
ケチャドン2000(普通譜面)110-426高速
繰り返し
玄人譜面と達人譜面に対して、こちらの普通譜面は数種類の似たパターンの短い8〜16分複合がメイン。パターンを理解すれば譜面の攻略難易度が下がるだろう。ただし第2ゴーゴーはBPM230、第3ゴーゴーはBPM250で高速処理が出来ないと門前払いなので、★×8強のぷるぷるしんぷるWhite Rose Insanity(裏譜面)が安定してノルマクリアできるくらいの実力をつけてから挑むといいだろう。
平均密度:約5.26打/秒
502
逆詐称
ワタリドリ135※偶数連打
複合
★×9の要素はラストの複合くらいで、それ以外は★8中〜強相当の譜面。各種4連打のパターンが出来れば問題なくクリア出来るだろう。
平均密度:約5.32打/秒
491
エイリアンエイリアン15224分曲速も譜面構成もらんぶる乱舞(表)の強化版。あちらが余裕で出来る程度の実力ならこの曲も対処できるだろう。
平均密度:約5.83打/秒
746
花オト裏拍子115-145
(145)
24分ザストゥールの魔導書(★×8強)の上位互換とも言える譜面。所々にやや複雑な長複合や24分が存在するが、全体的に叩きやすい配置が多いためクリアは難しくない。ラストは少しずつ減速しているため、速く叩き過ぎないように注意。
平均密度:約5.39打/秒
700
conflict160複合
変拍子
3連打の詰め合わせが主体する中速譜面。各種3連打が不規則で出てくる為、プレイヤーの集中力が足りないとミスしやすいので注意。間奏の変拍子地帯は一定のリズムなので気にする必要はないが、71小節目の24分に注意すべき。
平均密度:約5.78打/秒
736
妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打92.5-140※総合★×9最低限の総合力が求められる譜面。最初はボクハシンセのような低速ハネリズム難。15〜36小節目は実質★×8クラスなのでここで稼げるようにしよう。37小節目からは少し難易度が上がる。65〜66小節目は風雲志士の24分発狂を長くしたような(16分音符換算だとBPM210の)3-3型長複合の28連打が襲いかかる。これを接続するのは難しいが、ノルマにはあまり影響しないのでそこまで気にする必要はない。全体的にBPMが遅めなので「ばいそく」を使うのも良い。
平均密度:約4.90打/秒
666
チェインクロニクル 総力戦メドレー(裏譜面)120-159総合BPM159地帯にノーツの多くが詰まっている。この地帯だけ見るとほぼノンストップなのでかなり体力が必要に感じるかもしれないが、BPMは並な上複雑な複合は少ない。一応24分が序盤にあるがそれほど多くない。★×9として挑むより、★×8の集大成として挑む方がいいだろう。
平均密度:約5.71打/秒
635
Diver136局所難序盤とそれ以降の難易度差が大きく、9〜16小節以外は★×9の要素はほとんどないと言っても過言ではない。17小節目以降は繰り返し配置が多く、実質★×7クラスの譜面。全体を通して12分や24分・ソフランは一切存在しない。総合的に見ると、★×8弱〜中程度の譜面と言えるか。
平均密度:約4.98打/秒
622
Shine!!(裏譜面)174物量譜面傾向はStar!!(裏譜面)に近いが、こちらの方がBPMが4低く、長複合も1つしかない。ゴーゴーまでは、基本的な16分の3連打や5連打が主体の譜面。ゴーゴーに入ると偶数連打が増える。●●●●は5連打と間違いやすいため注意。全体的に見ると、ソフランや24分・複雑な複合もないため、個人差はあるが★×8強程度の譜面と言えるだろう。
平均密度:約6.26打/秒
546
Tulip(裏譜面)154偶数連打偶数連打が多く、やや癖が強い。しかしBPMは速くない上、難解な複合や長複合は存在しないため、★×8適正者でもクリアは出来るだろう。
平均密度:約5.69打/秒
677
待ち受けプリンス144追い越しR.Y.U.S.E.I.などと同じく、非常に追い越しが多い譜面。逆を言えば、追い越しさえできればクリアは容易。しかし所々にある24分や複合に注意。
平均密度:約4.93打/秒
600
キラメキラリ(旧譜面)180エンドリ譜面エンジェル ドリームなどと同じ速さであり譜面傾向も似ている。いわゆるエンドリ譜面である。全体を通して休みが少なく、ゴーゴーでは16分ラッシュを常に叩かされるため、ある程度の体力は必要であるが、24分音符も無く、複合の種類も少ない。
平均密度:約5.72打/秒
691
つながれ!ひろがれ!打ち上がれ!150総合前半の24分がやや厄介だが、他は★×8適正者でも捌ける配置が多い。24分も★×9にしては速くなく、その数も少ないためクリアにはほぼ影響がないだろう。
平均密度:約5.78打/秒
776
夢と現実の境界線155偶数連打全体的に偶数連打が多いが、これといった難所はない。24分は存在せず密度も高くないので、人によっては★×8中程度に感じるかもしれない。
平均密度:約5.18打/秒
603
アントニオ158局所難たまに16分の3-3複合が現れるが、それ以外は標準的な中速★×8。28~29小節にある12分+24分複合くらいしか★×9と言える要素はない。
平均密度:約5.30打/秒
724
電子ドラムの達人176物量開幕は12分24分ずれにより叩きづらい配置となっているが、5小節以降はずれが無くなる。全体的に5連打の複合が豊富で、ゴーゴータイムは12連打複合があるものの配色自体は難しいものではないため、純粋な地力が求められる。
平均密度:約6.46打/秒
882
186※追い越し序盤に面連打が倍速で6回流れてくる。これにより追い越しが発生するので、惑わされないように注意。また、6回目は面19連打の直後に縁7連打もあるので忘れないように。初見難易度は高いが、ソフラン自体は非常に単純で、道中は特に難しい複合もなく休憩地帯も多いため、ゲージの回復は容易。追い越し以外に注意すべき点としては、74〜89小節の8分の連続やゴーゴーの2連打くらいか。
平均密度:約5.61打/秒
786
真・画竜点睛(普通譜面)105-135※複合所々長めの16分複合が登場し、低速地帯は表譜面の玄人、達人とは違い16分と24分が中心となっている。長複合以外は緩めのBPMもあって比較的叩きやすいので、長複合以外のミスは極力出さないようにしよう。
平均密度:約5.20打/秒
567
真・画竜点睛(玄人譜面)105-135※複合54、56〜57小節の複合が少々厄介なものの、全体的には基礎的な16分3打5打が多いため、しっかり叩けていれば多少削られても問題ないだろう。
平均密度:約5.39打/秒
588
真・画竜点睛(達人譜面)105-135※偶数連打表譜面の普通、玄人と異なり、ゴーゴータイム中に12分が登場するため、精度が取りづらくなっているものの、12分は単色で複雑な複合はない。
平均密度:約5.37打/秒
585
真・画竜点睛(裏譜面)(普通譜面)105-135※低速譜面の大半が奇数連打で構成されており、24分も存在しないため6譜面の中では最も精度が取りやすい。BPMも緩いので、実質★×8中といっても差し支えない譜面。
平均密度:約4.67打/秒
512
真・画竜点睛(裏譜面)(玄人譜面)105-135※偶数連打裏譜面では普通、達人よりも24分が多めで、長めの複合も多い。が、高くてもBPMが135止まりなので落ち着いて処理をすれば大丈夫だろう。
平均密度:約5.19打/秒
566
真・画竜点睛(裏譜面)(達人譜面)105-135※偶数連打6譜面の中では最もノーツ数が少なく精度が取り辛い。しかし、複合そのものは30小節目と45小節目を除けば比較的単純。
平均密度:約4.41打/秒
481
戦国三弦(普通譜面)144局所難中盤にやや密度が高い部分があるが、それ以外は★×9どころか★×8として見ても弱めである。★×8弱の譜面が一通りこなせればクリアは容易だろう。
平均密度:約5.22打/秒
617
戦国三弦(達人譜面)144複合中盤のドカカラッシュ以外は面3打縁3打の組み合わせで譜面が構成されている。そのためか、繰り返しは少なく他2譜面よりやや叩きづらい。特にラスゴーの長めの複合3本は注意。全部配色が異なる。BPMが緩いのが救いか。
平均密度:約5.74打/秒
678
花漾 〜Flourishing Blossoms〜(裏譜面)140複合シリーズ唯一の★×9かつ裏譜面最少ノーツ。16分3連打複合のレパートリーが全て揃っており、5連打複合も種類が多い。至る所に24分が配置されている。ほとんどが単色の縁連打だが、16分と隣接しているものもある。精度が少し取り辛いので注意。41〜42小節の16分複合は入り手と逆の手で面を叩くことになるので間違えないように。50〜51小節の16分複合がおそらく最大の難所。●●/●●/○○●●/○○●●/○○と分けると良い。
平均密度:約5.63打/秒
541
旋風ノ舞 【地】160エンドリ譜面第1ゴーゴー以降は前半に比べ難易度は上がるものの、複合のバリエーションは多くない。ラスゴーでは5連打以上の複合が増え、密度も高くなる。78小節の複合には注意。ゲージは重ためだが、このレベル帯にしては比較的易しい譜面であるため、★×8適正者でも十分対応できる。★×9入門として挑戦してみるのも良い。
平均密度:約5.71打/秒
693
天妖ノ舞174エンドリ譜面譜面傾向は蒼の旋律に近いが、あちらと比べてBPM・ノーツ数が大幅に下がっている。休憩地帯は少ないが、複合自体は★×8適性者でも十分捌けるものがほとんど。8分と16分3連打が主体の譜面なので精度も取りやすい。但し、所々にある偶数連打や付点配置でリズムを崩されないように注意。総合して見ると、実質★×8強クラスの譜面と言えるか。
平均密度:約6.81打/秒
687
対象外
もりのくまさん(裏譜面)120
(60-960)
ソフラン
個人差
暗記ゲー。曲が進むにつれてスクロールがどんどん速くなっており、終盤の配置を肉眼で見切るのはほぼ不可能と言っていい。配置そのものは★×9にしてはかなり楽な部類であるため、暗記してしまえば一気に体感難易度は下がる。★×10上位曲は出来るがこの譜面は出来ない人がいる一方で、★×8程度の曲しか出来ないがこの譜面は出来る人もいる超個人差譜面
平均密度:約5.54打/秒
563(341/333)
やわらか戦車(裏譜面)150※体力
繰り返し
個人差
長複合
言わずと知れた太鼓の達人における体力曲。ノーツのほとんどを長複合が占めており、381連打の16分複合が2つ配置されている。複合そのものは単純で繰り返しも多いので処理自体には手こずらないだろうが、休憩なしに複合を叩かされるので地力がなければ2つ目の長複合で大幅にゲージを削られてしまうなど個人差がかなり激しい曲でもある。★×8強並み〜★×10中並みまで感じ方は様々。ちなみにこの平均密度:約8.88打/秒は★×9だけでなく新筐体収録の全曲の中でも非常に高い値を誇る。★×10の体力譜面への登竜門と言っても過言ではないだろう。
平均密度:約8.88打/秒(1位)
889
+  再議論履歴

サヨナラ曲

+  サヨナラ曲

議論所

https://wikiwiki.jp/taiko-giron/おに★×9(太鼓の達人 クリア難易度 議論補助Wiki)

旧コメント

コメント/難易度順/AC15/おに/★×9

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-09-23 2019-09-22

今日の25件

  • counter: 303513
  • today: 34
  • yesterday: 351
  • online: 31


*1 括弧内表記は見た目速度
*2 譜面全体の印象からBPM145のHS1.2における32分音符だが、曲自体のBPMが290なので32分音符ではない。