段位道場 / ムラサキ / 名人


ムラサキ段位道場 名人

詳細

  • 楽曲情報
    曲名難易度最大コンボ数風船最大叩けた数連打
    合計-269840+くすだま2738+連打約4.365秒
    1曲目弩蚊怒夏おに★×101000401040
    +連打
    約2.650秒
    2曲目はたラク2000おに★×1087630*1876+くすだま
    +連打
    約0.729秒
    3曲目燎原ノ舞*2おに★×10822-822
    +連打
    約0.986秒
  • 合格条件
    条件1条件2条件3
    合格条件魂ゲージ100%可の数25未満不可の数5未満
    金合格条件魂ゲージ100%可の数15未満不可の数3未満
  • 補足
    合格条件可25未満かつ不可5未満良2670以上良は総ノーツの 約98.96%
    金合格条件可15未満かつ不可3未満良2682以上良は総ノーツの 約99.41%

解説

  • 可の数不可の数共に厳しく、1曲平均で可は8、不可は1しか出せない。
  • 3曲ともかなりの体力を消耗するため、体力要素に不安がある人は闇の魔法少女などの体力譜面を重点的に練習しておこう。
  • 弩蚊怒夏は後の2曲に比べると精度が取りやすい方なので、1曲目が終わるまでに最低でも可20は残しておきたい。
  • 個人差はあるものの、大半の人ははたラク2000が大きな壁になることだろう。重点的に練習しておくことを推奨する。
  • 燎原ノ舞までには、最低でも可6程度は残しておけるようになると合格は近いといえるだろう。
  • 連打は体力温存のためにも無視した方が良い。
    • ただ、弩蚊怒夏の風船は、割らないと後の音符が見辛くなり、精度に響く可能性がある。そのため、自分なりにどちらの方がやりやすいかを事前にチェックしておくと安全。
      • ちなみに、この風船はかなり重いため安定して割れるようにならないと一気に精度を削られてしまうことを念頭に置いておこう。

攻略

  • 弩蚊怒夏は、後2曲と比べて最も体力が必要となる譜面。この1曲をプレイしただけで体力的に辛いとなると後2曲の精度に大きく響くため、要注意。
    • 譜面の大半がひたすらに一定のリズムで長複合が流れてくるため、基本的には長複合を全良で通過できるようになればかなり可の数を減らすことが出来る。だが、叩き間違いやすい複合が次々と流れてくるのでよく譜面をみておこう。
    • 117小節〜119小節にかけて大音符の追い越しがある。長複合で精度がとれるようになったとしても、この地帯だけで可を出すことがよくあるため注意。
  • はたラク2000では、とにかく腕を速く動かせるようにならないと、ゴーゴータイムで可を量産すること間違いなしなので、全良で追いつけるように対策しよう。
    • ゴーゴータイムに配置されている見た目32分音符を全良で抜けるためには約21.3打/秒の速さで叩かなければならない。精度良く通せる叩き方を自分なりに見つけてコツを掴んでおこう。面の見た目32分音符をロール処理してdddからd dのように16分で複合を叩く方法もある。
    • 低速地帯はリズムが分かりやすいとはいえ、視覚的にはかなり遅く見辛いため精度を取るのは困難。音源などをしっかり聴いて精度を安定させておくと非常に心強い。
    • ラスゴ―では見た目32分音符が頻発する。今までのゴーゴーとは違い、逆手を活用する複合が多いため精度はおろか繋ぐことさえかなり難しい。
    • 71小節目にある複合は、縁の32分音符が2回連続で出てくるため、極めて精度がとりづらい。どうしても安定しない場合は他の場所を練習してここで可を量産しても持ちこたえられるようにしておくのも手。
  • 燎原ノ舞は、前2曲と比べるとラスゴ―以外の複合のレベルは低め。しかし、その中で最も速度が速く1つ1つの音符の認識が難しくなっている。
    • 前2曲の速度とは違い、いきなり最初は低速で始まるため地味に精度がとりづらい。最初の低速で可を出してしまうとかなり勿体無いため、叩く速度の感覚を掴んでおこう。
    • 合格を目指す際の最大の難所と言えるのは25小節目に存在する通称ドカドカビーム地帯BPM208の24分音符かつ、はたラク2000とは違って中に面と縁が両方混じっている13連打であるため、腕が追いつかずに可を量産してしまう可能性が極めて高い。ちなみに、不可の許容範囲は5未満なので、いくつかの音符を捨てるという手段もほぼ通用しない(dkdkdkdkdkdkdをdkd d dkdkdkdで音符2個分捨てる方法も存在する)。
    • ラストゴーゴー以外の場所では、ドカドカビーム地帯以外では極端に精度を崩される場所はあまり無いので無駄な可を出すのだけは避けたいところ。
    • ただ、50小節目や56小節目には8分音符の中に偶数連打が混じっているため精度を崩される可能性があるため注意。
    • 60小節〜63小節にかけて、一定のリズムで同じ形の複合が流れてくるが、8分にくっついている複合以外は偶数連打なので、タイミングを掴みづらい場合は、縁を1つ分余分に叩いてアレンジを加えるのも手。
    • ラストゴーゴーは複雑な長複合がたくさん流れてくる。曲のリズムに沿っているといえる場所が殆ど無いため、オート動画などのように曲としてではなく、譜面に流れてくる音符の音も一体化したものを頭に叩き込んでおこう。
    • ラストゴーゴーを抜けたら合格はほぼ確定だが、気を抜いていると意外なところで可を出してしまうため最後まで気を抜かないようにしよう。(犠牲者)

太鼓塾

曲名難易度最大コンボ数風船連打
Honey Heartbeat 〜10 Stars Mix〜(裏譜面)おに★×1076512約10.405秒
Calculatorおに★×10777--
白鳥の湖〜still a duckling〜(裏譜面)おに★×10861--
Evidence of evilおに★×108149約0.972秒

その他

メニュー

収録曲リスト

作品別





ジャンル別

コース別

クリア難易度順(新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

  • 難易度関係やシンクロニカなどはこちら


その他

更新履歴

最新の25件

2019-08-25

今日の25件

  • counter: 7425
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 120


*1 くすだま
*2 合格前は???と表示される